CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年11月26日

NOAH STYLE

はいさい!
リンク集に新しい仲間が登場しました!

NOAH STYLE(ノアスタイル)
さん

完全無農薬野菜を使ったロハスな商品を紹介していらっしゃいます。最近は、那覇空港内でベジフルスイーツなるものが登場したようです。

実はお店も展開されていて、首里にそれはそれはステキなお店があります。
organic cafe NOAH(オーガニックカフェ・ノア)

キレイなお庭もあり、ゆっくりとした時間を過ごすには最適。体にやさしくおいしい料理に出会うことができます。首里の街をゆっくり歩いた後に訪れてみては。オススメです!
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2009年10月02日

異動のご挨拶

沖縄ホールアース研究所
田中啓介がお世話になった皆さま

はいさい。南海上の2つの台風の動きが気になりますね。同じタイミングで沖縄にやってこないことを祈ります。

本日は、皆さまにご挨拶をさせてください。

このたびの人事異動を持ちまして、9月末日で沖縄を離れ、10月1日より静岡本校に復帰致しました。(ホールアース自然学校は、沖縄以外に、岡山・神戸・新潟に常駐スタッフがおり、それらの本部が静岡にあります)

沖縄経験ゼロの自分が、2005年5月に沖縄に赴任し、多くの皆さまのご支援・ご協力を賜りながら、ゼロから事業所を立ち上げるという、非常に貴重な経験を積ませていただきました。

すべて書き出すとキリがありませんが。。。

●地域づくり
座間味村美ら海づくり/ふれあいの森づくりツアー
グリーンバード沖縄チーム

●国際交流・国際協力
太平洋・島こども環境サミット
アジア青年の家
JICA沖縄エコツーリズム研修

●人材育成
エコツーリズムガイド養成講習
(糸満市・うるま市・南城市)
エコインストラクター人材育成研修
農商工連携等促進人材創出事業
おきなわ環境交流集会

●次世代の育成
沖縄こども環境大臣サミット
学生環境サークルEARTH☆FROGS
名桜大学講師
高校生・大学生によるエコ活動の発表コンテスト

●持続可能な社会づくり
地産池消の農家訪問ツアー
スーパーでの環境にやさしい買い物紹介ツアー
石垣島カーボンマイナスツアー


こうやって挙げると、本当にたくさんの方々にお世話になったということを痛感します。沖縄が持つ、「つながり力」を実感する日々でした。この場をお借りして、改めて厚く厚く、御礼申し上げます。

政権が代わり、沖縄を取り巻く環境にも変化の兆しが見え、さらに温室効果ガス25%削減という大きなベクトルが示された今、沖縄の地を離れることは、もちろん寂しい気も致しますが、頂戴した大きな大きな糧を武器に、静岡でもさらにいろいろと動き回ろうと思います。

とは言え、まだまだ抱えている案件もあり、ちょくちょくは沖縄に帰ってくる予定。またひょっこり、このブログでも登場するかもしれません(笑)。

後任は、角田たんたんですが、先日この場でも募集させていただいたように、新しいスタッフを1名採用させていただく予定。近日中に、2人体制復活です!

リニューアル沖縄ホールアースにご期待ください。
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2009年09月10日

契約職員を募集します

ホールアース自然学校沖縄校(NPO法人沖縄ホールアース研究所がじゅまる自然学校)では、沖縄県内におけるエコツーリズムや自然体験活動、持続可能な社会の実現に向けた地域づくりや人材育成を推進していくため、専門性を有する契約職員を1名募集致します。

詳しい募集要項は、「続きを読む」でご覧ください。


●本件に関するお問い合わせ●

沖縄ホールアース研究所
事務局長 田中啓介
TEL/FAX 098-862-3828  E-mail okinawa@wens.gr.jp続きを読む・・・
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 13:25| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ

2009年07月17日

参加者募集中!座間味シーカヤックキャンプ

沖縄ホールアース研究所ではこの夏、沖縄県座間味島で大人対象のシーカヤックキャンプを開催します。

海の透明度では沖縄県内でも有数の慶良間諸島。その中の、座間味島が今回のシーカヤックキャンプの舞台です。

『サンゴ礁の海の世界へ』 
『波の音を聞きながら眠る』
『ビーチの木陰でぼんやり読書』 
『無人島めぐり』
『カヤックでしか行けない特別な場所へ』
『焚き火を囲んで仲間と語る』
『星空の下の静かなひととき』


あなたが出逢う、2日間のキーワードです!



シーカヤック初心者も大歓迎!!
メールまたはお電話にてお問い合わせください。

■E-mailと電話番号は、上(↑)のチラシをご覧ください。
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(1) | お知らせ

2009年04月10日

「地域づくり4月号」に紹介されています

財団法人地域活性化センターが、全国の地域活性化事例を紹介してる月刊誌『地域づくり』。最新号の特集テーマは、「地産地消による地域の自立活性化」です。

この『地域づくり4月号』に、私たちが平成20年度事業として実施してきた、「スーパーでの環境にやさしい買い物紹介ツアー」「地産地消の農家訪問ツアー」が紹介されています!

■HPにも文章のみ掲載されています

「どこででもやれそうだが、同様の企画を他の地域で実施しているのはあまり耳にしない」
「こういう取り組みに着手している団体はまだまだ少ない」

そうなんです。仕組みは簡単、あとはつなげて動くのみ。消費者と流通業、消費者と生産者を、ツアーという形態で直接結びつける今回の取り組みを、他の地域でも横展開できるよう、これからも発信を続けていきます!
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2008年06月19日

岩手・宮城内陸地震〜現地リポートU〜

岩手・宮城内陸地震は、発生から5日が経ち、テレビでの報道は一時のピークを過ぎた感があります。

しかしながら、現場が落ち着いてきたわけでは決してなく、復興に向けたプロセスがまだ見えずに、ますます混沌とした状態になりつつあります。(もちろん、未だ行方不明の方も大勢いらっしゃいます)

関西地方で環境教育活動を実践されている「環境共育事務所カラーズ」の西村さんが執筆を続けていらっしゃるブログには、私たちホールアース自然学校の代表である広瀬がくりこま高原自然学校の佐々木さんと直接やり取りをして把握した情報が掲載されています。

併せて、「くりこま高原自然学校の公益的な役割」など、西村さんならではの視点で事態を的確に整理されていらっしゃいます。

被災地域への支援は、まずは無関心にならないこと。先にご紹介した佐々木さんのブログと併せて、ぜひご一読ください。
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2008年06月16日

岩手・宮城内陸地震〜現地リポート〜

6月14日、ちょうど福岡行きの飛行機に搭乗する直前の緊急地震速報が自分にとっての第一報でした。そして真っ先に、同じ自然学校の業界でご活躍の「くりこま高原自然学校」の安否が気になりました。

くりこま高原自然学校は、今回多くの方が亡くなられた駒の湯温泉さんからわずか5分の距離にありました。代表の佐々木豊志さんが、苦しい状況の中、このCANPANブログに現地リポートを記述されていらっしゃいます。現場の生の様子が伝わってきます。

耕英地区の全住民に避難命令が出たため、いったんは下山されるようです。今後、支援と復興に向けてどのようなお手伝いができるのか。阪神・淡路大震災や新潟県中越地震でのボランティア経験を踏まえ、同じ自然学校業界の皆さまと連携しながら検討し、そして動いていきたいと思います。
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2008年03月28日

地球温暖化防止活動推進員

昨年の7月から一緒に活動をしている平戸実生さんと共に、このたび沖縄県の「地球温暖化防止活動推進員」に委嘱されることになり、昨日委嘱式に出席してきました。


沖縄県の地球温暖化対策地域推進計画では、温室効果ガスの総排出量を2010年度までに2000年度レベルから8%削減すると謳われています。しかし、現時点で既に11%以上の増加になっており、現時点から20%近く削減をしないといけない状態。

特に、自動車や一般家庭、事務所(オフィス)での温暖化対策が急務だそうで、これだけ車社会が進めば。。。とも思いますが、まずは私たちが積極的に発信を続けていくことが大切ですね。

個人的には、沖縄県では公共交通のインフラ整備はかなり現実的に難しいことから、脱車社会の実現は困難、であればせめて、全ての自動車に関する税金を、燃費に比例して課す(燃費悪=負担増)方式を採用すべきと思います。もちろん、アイドリングストップやエコドライブ、ちょい乗りストップなど、意識をカエル取り組みは継続して展開していくのが前提ですが。

温暖化対策には、NPOと行政の協働が不可欠!と改めて実感した1日でした。
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2008年01月07日

新年明けましておめでとうございます

2008年はホールアース自然学校の静岡本校でスタートとなりました。あいにくの雨模様で、雪を抱いた富士山をまだ拝めていませんが。。。

おかげさまで、昨年も多岐に渡る事業のお手伝いをさせていただきました。2007年を一文字で表すと「芽」。2005年に那覇事務所を新設して以来、多くの「種」を蒔いて参りましたが、少しずつ芽生えを実感できるようになりました。ありがとうございます。

■2007年の主な活動

 ・環境省メディアとの連携支援事業に採択(with琉球放送)
 ・県内初のインカレ型学生環境サークルEARTH☆FROGS結成
 ・沖縄ファミリーマート/行政の環境担当者と意見交換
 ・EARTH☆FROGSオリジナルマイバッグ制作/配布
 ・EARTH☆FROGS地元中学/高校へ出前授業
 ・ANA親子で沖縄エコツーリズム企画運営(親子キャンプ)
 ・うるま市/糸満市でエコツーリズム人材育成講習会
 ・浦添リサイクルプラザにて自然体験プログラム
 ・那覇市環境フェアにて使用済みてんぷら油回収
 ・名桜大学にてエコツーリズム特別講義
 ・JICAエコツーリズム研修にて特別講義
 ・かいぎん環境貢献基金より助成金拝受
 ・那覇市公益信託基金より助成金拝受
 ・RBC iラジオ月曜フォーラムに出演
 ・環境省エコインストラクター事業 沖縄事務局担当

企業・行政・市民の皆様との協働を進める環境コーディネーターとして、本年も様々な挑戦を続けて参ります。ご指導のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2007年12月28日

かいぎん環境貢献基金の助成をいただきました

県内の銀行では初の取組みとなる、環境に特化した基金を創設した沖縄海邦銀行さん。この度、「かいぎん環境貢献基金」の記念すべき第1回目の助成先団体に選んでいただき、昨日助成金の授与式に出席して参りました。



今回の助成金は、主にEARTH☆FROGSによる環境問題の普及啓発活動に対するもの。県内初のインカレ型学生環境サークルであり、学生のチカラで社会をカエルという若いエネルギーを評価していただけたようです。授与式では、EARTH☆FROGSを代表して、沖縄に帰省中の仲村啓(滋賀大学3年・普天間高校出身)も決意を語ってくれました。助成団体としての責務をしっかりと果たしながら、来年もさらなる活動の飛躍を目指します!


なお、今回助成対象となった他の団体の皆さんは以下のとおりです。
・NPO法人大宜味つばきの会
・NPO法人国頭ツーリズム協会
・NPO法人どうぶつたちの病院
・恩納村エコツーリズム研究会
・グループエコライフ
・慶良間自然環境保全会議
・NPO法人花と緑の石垣島
・NPO法人ヨナグニウマふれあい広場

posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ