CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年06月18日

地元中学とビーチクリーン

沖縄もそろそろ梅雨明けでしょうか。

今日の名護も朝から気温がグンっと上がりました。

そんな中、地元の中学2年生と羽地内海ビーチクリーンを行いました。





「外国からのゴミ」をたくさん拾うことを競争してみたり、「おもしろいゴミ」を発表してもらったり と
単なるゴミ拾いではなく、「楽しさ」も盛り込んでみました。

それにしても、、毎回拾っても拾ってもなくならない、ビーチのゴミ。。

もちろん漂着ゴミも多いですが、地元で出たであろう生活ごみの山が。



住民意識が変わらない限り、現状を変えるのはやはり難しい。。


生徒たちは、もちろん一生懸命ゴミを拾っていましたが、中には釣りのエサにすると称してヤドカリを捕まえたり、みんながゴミを分別している中で、カニはどこに分別(ニヤリ)?と かなりの素朴さで、「身近に自然があるから」ならではの行動をしていました。



みんな協力ありがとう!
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | greenbird
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック