CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
宮野に住む障害のある子どもの母親を中心に活動しています。
障害特性のため避難所に入れない、防災食が食べられない子がスムーズに避難できるようにと、年に1度「防災ピクニック」をしています♪
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
第3回防災ピクニック [2021年06月17日(Thu)]
2020年  秋
新型コロナウイルスの関係でふしの学園での開催が難しく、場所をカリエンテ山口に変更して行いました。

参加者は親子9組(支援学校、支援学級在籍)、県立大学学生(4名)、主任児童委員、民生委員、防災士、支援員、市議会議員、ふしの学園職員、日赤看護師、市職員  合計42名

内容は@災害時のトイレについて(講演)
   Aトイレの実験・体験
   B避難所体験
   C防災クイズ

IMG-2378.jpg

IMG-2385.jpg

IMG-2428.jpg

災害時のトイレの不安を軽減するために、さまざまなトイレについてを講演や実験で確認しました。
実際の避難所体験、防災クイズ、防災リュック・100円ショップで揃えられる防災グッズの紹介などを通じて、子どもたちの学びに繋がったのではと思います。

【参加者の感想】
@防災ピクニックで印象に残ったこと
・トイレ問題は切実なので、分かりやすくて勉強になった。パーテーションの避難所体験も寝心地など初めてで良かった。
・手に取って見ることができたのが良かった。子どもも事前にどういうことがあるか分かると怖くないので、体験できて良かった。
・水が流れなくて、いつものようにトイレが使えなくなっても工夫するだけで使えるようになるなんて凄い!
・避難所の1家族のスペースがかなり小さいことがとても印象に残った。

A気づき、今後やってみたいこと
・参加人数の規模感がとても良かった。気心が知れている間柄なので参加の負担を感じなくて良かった。
・災害時にできる食事の作り方などを知りたい。簡易ランプの作り方など。
・各地域にも広がるように地域交流センターや学校の人権講演会や防災行事として開催してほしい。
・今回の防災ピクニックで学んだことを活かして、自分の防災袋を作り直したり、避難所の再確認を行いたい。
【防災ピクニックの最新記事】
Posted by 福田 at 15:57
この記事のURL
https://blog.canpan.info/okbmiyano/archive/7
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

親子で防災@みやのさんの画像
https://blog.canpan.info/okbmiyano/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/okbmiyano/index2_0.xml