CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«岡崎・東山いきセン卓球交流大会 緩やかなリーダーの育成 | Main | 2019年 レコードを聴く会は進化します!»
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
*カテゴリ*
*あたらしい記事*
https://blog.canpan.info/okazaki_iki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/okazaki_iki/index2_0.xml
市民活動としての「レコードを聴く会」 [2019年01月30日(Wed)]
2019年1月26日に,レコードを聴く会「SP&LP盤で聴く懐かしのカントリー&ウエスタン」を開催しました。年に2回センターからお願いする企画者の方以外は,すべて市民の皆さんが「自分の好きなジャンル」のレコードをかけて話をするという企画です。
50929449_364888710730134_5237041292608798720_n.jpg
入場無料,申し込み不要。毎月第4土曜日のレコードを聴く会もだいぶんと定着し,毎月来てくださっている固定客の方もおられます。20名ぐらいでも程よく満杯な会場が,今回は40名のお客さんが来られて,会場は通路も細くなるほど満員になりました。
50826184_317271035575216_1023811330240413696_n.jpg
自画自賛になりますが,この企画の素晴らしいところは,1)企画者もお客さんも中高年の男性参加者がほかのどの企画よりも多いところ。そして,2)企画者である市民のみなさんが楽しみながら(ときには企画を考える苦しみもありますが)選曲しおしゃべりをするところ。です。

まず(1),市のイベントに中高年の男性参加者が多いという例は少ないのではないでしょうか?,昨今男性の意識も行動も変わってきていますが,市のイベントなどに出かける方は女性がまだまだ多いようです。ただ,この「レコードを聴く会」は一人でふらりと来られる男性が本当に多く,またそこで知り合いになったり,お話をされるのを楽しんでおられます。
50767771_2145842909024162_2312535564693274624_n.jpg
(2)「レコードをかける」DJ(ディスクジョッキー),ラジオやクラブでレコードをかけてしゃべる人,プロの方もおられます。ですが,当センターの方は多くは「レコード愛好家」または「音楽愛好家」の方です。普通の市民の方なんです。普段ラジオやどこかの会場でレコードをかけてしゃべっておられるのではないのに,多くのお客さんを楽しませる選曲&おしゃべりをされるのって素晴らしい力だと思いませんか?
自分が好きな音楽,またはミュージシャンのことを語る,伝える。共感を得る。って企画者の方にも,お客さんにも相互に「益」があるすばらしい企画だとおもいます!

次年度もレコードを聴く会は第4土曜日に定期的に開催いたします。手軽に始められる市民活動,あなたもお好きな音楽があれば企画者として参加いかがでしょうか?
コメントする
コメント