CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

世界の論調批評 

世界の流れは、時々刻々専門家によって分析考察されています。特に覇権国アメリカの評論は情勢をよく追っています。それらを紹介し、もう一度岡崎研究所の目、日本の目で分析考察します。

NPO法人岡崎研究所 理事長・所長 岡崎久彦


プロフィール

特定非営利活動法人 岡崎研究所さんの画像
Google

Web サイト内

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
△小泉純一郎前首相の医師久松篤子
英米関係は共通の理念に支えられる (10/08) 元進歩派
実績をあげているオバマ外交 (09/21) wholesale handbags
タクシン派のタクシン離れ (07/04) womens wallets
豪の新たな対中認識 (07/04) red bottom shoes
バーレーン情勢 (07/02) neverfull lv
石油価格高騰 (07/02) wholesale handbags
金融危機後の世界 (07/02) handbags sale
米国の対アジア政策のリセット (07/02) neverfull lv
ゲーツのシャングリラ演説 (07/02) handbags sale
パキスタンの核の行方 (07/01)
最新トラックバック
リンク集
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index2_0.xml
米中関係の実情 [2010年03月31日(Wed)]
どの国にも流行の論調というものがありますが、ニューヨーク・タイムズ3月31日付掲載の、ジョージタウン大学のCharles A. Kupchanの米中関係に関する論説は、今の米国論壇における気分をよく表わしています。

すなわち、@米中間の対決ムードは憂慮すべきものであり、双方の指導者は早急にこれを緩和する必要がある、しかし、A現在の摩擦は、米中双方の基本的国益の対立というより、双方国内の圧力を受けて売り言葉に買い言葉にならざるを得ないために生じたものだ、また、B中国は元を切り上げるべきであり、それは中国自身の利益となる,、ただ、中国は圧力を加えられれば、頑なになるだけであり、米国は圧力を加えるのは止めるべきだ、さらに、C米国は中国への技術輸出制限を緩和し、特に環境技術、省エネ面での共同研究・開発を進めるべきだし、これに対して、D中国は対イラン制裁強化、インターネットにおける自由の問題で米国に歩み寄るべきだ、と述べ、

米中両国は、まだ地政学上の戦略的対立には至っていない。しかし今のトレンドにブレーキをかけないと、意見の不一致はやがて危険な対抗関係に変わっていくだろう、と言っています。

カプチャンが言うように、米中関係は戦略的対立関係に至ったわけでは毛頭ありません。ダライ・ラマとの会見や台湾への兵器供与をめぐる中国の反応はいつものことであり、米中は必ず再びよりを戻すでしょう。今の中国は他国を占領したわけでもなく、また米国とは不即不離の経済関係にあるからです。

事実、この10年余、欧米の投資銀行を中心に、中国経済台頭を大袈裟に言い立てては中国の株価を吊り上げて利益を収める動きが続いてきましたし、一部の米国製造業にとっては、中国での生産、販売は死命を制するものとなりつつあります。世界金融危機後の金融機関たたきで、一時後退しているものの、1年もすれば金融機関等から対中関係推進の声が再び上がってくるでしょう。

ただ、2012年は米大統領選と中国共産党大会(胡錦涛が次世代指導者に交代すると言われる)の年であり、そのため、米中関係が双方の内政の争点に使われて、対立がエスカレートする可能性はあります。

こうした中で日本として留意すべきことは、米中両国が対決色を強めても、この間で「バランサー」となる、あるいは漁夫の利を占める動きを示すべきではないということでしょう。19世紀のポーランドの如く、2つの強国にはさまれた国は、その両大国がある日突然対立をやめて手を結べば分割支配されかねません。

また、米国が対中関係で日本に同調を求めてきた場合には、対中関係の悪化を恐れて逡巡する姿勢を示すべきではないでしょう。揺れれば中国からは軽視され、米国からは突き放されます。と言っても、米国の要請を100%満たす必要はなく、日本自身の安保に役立つものは何かを見極めつつ、それについて米国と前向きに協力する姿勢を維持していけばよいでしょう。

Posted by NPO法人 岡崎研究所 at 16:04 | 中国・台湾 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント