CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

世界の論調批評 

世界の流れは、時々刻々専門家によって分析考察されています。特に覇権国アメリカの評論は情勢をよく追っています。それらを紹介し、もう一度岡崎研究所の目、日本の目で分析考察します。

NPO法人岡崎研究所 理事長・所長 岡崎久彦


プロフィール

特定非営利活動法人 岡崎研究所さんの画像
Google

Web サイト内

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
△小泉純一郎前首相の医師久松篤子
英米関係は共通の理念に支えられる (10/08) 元進歩派
実績をあげているオバマ外交 (09/21) wholesale handbags
タクシン派のタクシン離れ (07/04) womens wallets
豪の新たな対中認識 (07/04) red bottom shoes
バーレーン情勢 (07/02) neverfull lv
石油価格高騰 (07/02) wholesale handbags
金融危機後の世界 (07/02) handbags sale
米国の対アジア政策のリセット (07/02) neverfull lv
ゲーツのシャングリラ演説 (07/02) handbags sale
パキスタンの核の行方 (07/01)
最新トラックバック
リンク集
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index2_0.xml
中国建国60周年 [2009年09月30日(Wed)]
中国建国60周年記念式典について、エコノミスト誌(10月3日)が、またニューヨーク・タイムズ10月4日付で、Ezra Vogelハーバード大学教授とKang Zhengguoエール大学教授がそれぞれ論評しています。

エコノミスト誌は、60年間の発展を描写した上で、中国はこれだけの立派な国になったが、二つ欠点がある。一つは、国内の弾圧の話になるとヒステリックになること、もう一つは、経済的利益の追求、特に資源確保の幻想を追って国際常識を無視することだ、と述べ、

中国政府の正統性は国民の委託によるものではなく、富と力を基盤とするので、式典は外国でなく、国民に成果を誇示するためのものであり、そこに中国政府の自信の無さが透けて見える、と評しています。

文化大革命時代を回想した、“Confessions: An Innocent Life in Communist China.”の著者であるZhengguoは、中学生として1959年の10周年式典に、大学一年生として「大躍進」を讃える1963年の式典に出席し、1968年の式典の前日に、ドクトル・ジバゴの本をモスクワに発注した罪で逮捕され、3年間強制労働に課せられた自らの経験を語り、今回は米国で式典を見ていたが、今でも毛沢東は中国共産党の長なのだという感を新たにした、と特にコメントを加えずに淡々と語っています。

また、ヴォーゲルは、中国は毛沢東の肖像の下に革命記念式典を祝っていたが、中国が今の繁栄を達成できたのはケ小平革命のお陰だ、と短く述べています。

皆同じことを言っています。つまり、毛沢東の肖像の下の式典に空しさとシラジラしさを感じたということです。これは、今でも毛沢東に帰るのが一番安全であり、誇り得るのは武力と統制力だ(変える気があれば別の道もあるかもしれないが、誰も変える勇気がない)、という自信のない状況に、皆シラけているということです。

ただ、不吉なのは、その裏に全体主義国家支持の再確認、そして、逆に、その腐敗や貧富の格差拡大への反発として毛沢東的平等主義への復帰の流れがあるかもしれないことです。また、甘やかされて肥大した軍が、権力維持のために尖閣や台湾問題で冒険主義に走る可能性もないとは言い切れません。

Posted by NPO法人 岡崎研究所 at 13:17 | 中国・台湾 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント