CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

世界の論調批評 

世界の流れは、時々刻々専門家によって分析考察されています。特に覇権国アメリカの評論は情勢をよく追っています。それらを紹介し、もう一度岡崎研究所の目、日本の目で分析考察します。

NPO法人岡崎研究所 理事長・所長 岡崎久彦


プロフィール

特定非営利活動法人 岡崎研究所さんの画像
Google

Web サイト内

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
△小泉純一郎前首相の医師久松篤子
英米関係は共通の理念に支えられる (10/08) 元進歩派
実績をあげているオバマ外交 (09/21) wholesale handbags
タクシン派のタクシン離れ (07/04) womens wallets
豪の新たな対中認識 (07/04) red bottom shoes
バーレーン情勢 (07/02) neverfull lv
石油価格高騰 (07/02) wholesale handbags
金融危機後の世界 (07/02) handbags sale
米国の対アジア政策のリセット (07/02) neverfull lv
ゲーツのシャングリラ演説 (07/02) handbags sale
パキスタンの核の行方 (07/01)
最新トラックバック
リンク集
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index2_0.xml
オバマ政権の安保外交閣僚 [2008年11月28日(Fri)]
11月28日付ワシントン・ポスト、ウォール・ストリート・ジャーナル、ロサンジェルス・タイムズ各紙は、オバマ政権の安保外交担当者の人事について社説を掲げて論じています。

その中で、ゲーツの留任については、その人格識見の観点からすでに各方面から期待が表明されており、また、国防政策の継続性、中立性の観点からも、民主党の左派を除いて誰も異存のないところから、ロサンジェルス・タイムズは専らクリントンについて論じています。

同社説は、かつてオバマの最高指揮官としての資格に疑問を呈したクリントンの指名に驚きを表明しながらも、予備選で敗北がほぼ確実となってもなお頑張って戦い続けたその忍耐力を以って外交政策を推進することを期待する、と皮肉交じりに論評しています。

また国務長官は大統領と一体でなければならないが、政治家が国務長官となると、それは容易ではないと指摘して、オバマとクリントンとの間に隙間が生じることに暗に憂慮を表明しつつも、彼女のような有名人が国務長官になることは、外交を活性化するだろうし、法律家としての経験は厳しい外交交渉の際に役立つだろう、とリップ・サーヴィス的評価で結んでいます。

各紙ともに、全体として、オバマのプラグマティズムを評価、特に、ゲーツ国防長官の選択については、政権が変わってもイラク、アフガン政策に大きな政策的ブレが生じないことが保障されたとして評価しています。他方、クリントンについては、果たしてこれが正しい選択だったかかどうか、まだ誰にも確たることは言えない状況と言えるでしょう。


Posted by NPO法人 岡崎研究所 at 17:32 | 米国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント