CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

世界の論調批評 

世界の流れは、時々刻々専門家によって分析考察されています。特に覇権国アメリカの評論は情勢をよく追っています。それらを紹介し、もう一度岡崎研究所の目、日本の目で分析考察します。

NPO法人岡崎研究所 理事長・所長 岡崎久彦


プロフィール

特定非営利活動法人 岡崎研究所さんの画像
Google

Web サイト内

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
△小泉純一郎前首相の医師久松篤子
英米関係は共通の理念に支えられる (10/08) 元進歩派
実績をあげているオバマ外交 (09/21) wholesale handbags
タクシン派のタクシン離れ (07/04) womens wallets
豪の新たな対中認識 (07/04) red bottom shoes
バーレーン情勢 (07/02) neverfull lv
石油価格高騰 (07/02) wholesale handbags
金融危機後の世界 (07/02) handbags sale
米国の対アジア政策のリセット (07/02) neverfull lv
ゲーツのシャングリラ演説 (07/02) handbags sale
パキスタンの核の行方 (07/01)
最新トラックバック
リンク集
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index2_0.xml
中国の宇宙軍拡 [2008年10月31日(Fri)]
ウォール・ストリート・ジャーナル10月31日付で、International Assessment and Strategy Centerの保守系中国専門家、Richard D. Fisher, Jr.が中国の宇宙軍拡について論じています。

フィッシャーは、9月27日に中国は有人宇宙船「神舟7号」の打ち上げに成功したが、その軌道の一部は米露の宇宙ステーションに極めて近かった上に、神舟7号から発射されたマイクロ衛星は軌道から外れたらしい、これは、1000億ドルもかかった宇宙ステーションにとって非常に危険な事態だ、と指摘し、

今回の打ち上げは、先般行われた地上からの衛星破壊実験に続いて、宇宙軌道からの衛星攻撃の実験とも考えられる。善意に考えれば、米露の宇宙ステーション計画に協力できることを示したものとも言えるが、マイクロ衛星の乱暴な発射ぶりをみると、そうとは思えない、米政府は、宇宙計画の透明性が重要なことについて、中国の注意を促すべきだ、と言っています。

論説も冒頭で指摘するように、地上発射衛星破壊の時と違い、今回の打ち上げは、これまでのところ各国政府やメディアの注目を惹いていませんが、おそらく軍事技術的には同じくらい深刻な可能性があることなのでしょう。

なお、中国の意図が、善意と悪意のいずれであるかを論ずること自体、無意味です。なぜなら、今回の打ち上げは、将来その両方のいずれにも行ける能力を中国に与えるものだからです。

Posted by NPO法人 岡崎研究所 at 14:53 | 中国・台湾 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント