CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

世界の論調批評 

世界の流れは、時々刻々専門家によって分析考察されています。特に覇権国アメリカの評論は情勢をよく追っています。それらを紹介し、もう一度岡崎研究所の目、日本の目で分析考察します。

NPO法人岡崎研究所 理事長・所長 岡崎久彦


プロフィール

特定非営利活動法人 岡崎研究所さんの画像
Google

Web サイト内

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
△小泉純一郎前首相の医師久松篤子
英米関係は共通の理念に支えられる (10/08) 元進歩派
実績をあげているオバマ外交 (09/21) wholesale handbags
タクシン派のタクシン離れ (07/04) womens wallets
豪の新たな対中認識 (07/04) red bottom shoes
バーレーン情勢 (07/02) neverfull lv
石油価格高騰 (07/02) wholesale handbags
金融危機後の世界 (07/02) handbags sale
米国の対アジア政策のリセット (07/02) neverfull lv
ゲーツのシャングリラ演説 (07/02) handbags sale
パキスタンの核の行方 (07/01)
最新トラックバック
リンク集
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index2_0.xml
ロシア=グルジア紛争の危機 [2008年07月15日(Tue)]
ワシントン・ポスト7月15日付で、クリントン政権で国務次官補を務めたRonald D. Asmusが、ロシアによるグルジアのアプハジアと南オセチアの併合を防がなければならない、と主張しています。

アスムスは、アプハジアと南オセチアは、04年に親米のサーカシヴィリ政権が誕生すると、ロシアの庇護もあって何度も緊張状態を作ってきたが、他方、米国の援助に大きく依存し、ロシアとの対決路線を演出して政権を維持しているサーカシヴィリ政権も、NATO加盟を求めてロシアの強い反発を招いてきた、

そうした中で、最近、ロシア軍機が南オセチア上空を侵犯、アプハジアと南オセチアでは爆破事件等が発生し、さらに、ロシア軍がグルジア北方で大規模演習を行ない、米、グルジア、ウクライナ等もグルジアで合同軍事演習を行うなど、騒然としてきた、

ところが、「独立派」は元々、利権確保を求めて独立を主張し始めた気配があり、経済的自立能力や統治能力に疑問がある上に、一枚岩ではない。それに、ロシアに併合されれば、西側の支援を全く受けられなくなるばかりか、利権もロシア側に押さえられることになる、

他方、2014年にアプハジアに近いソチで冬季オリンピックを開催するロシアは、それまでにこの地域の不安定化要因を取り除きたいだろうが、そのために武力行使に出るかどうかはわからない、と論じています。

これは、グルジアをめぐって緊張が高まっている中で、タイムリーな論説と言えますが、ただ、アスムスは、この問題をグルジアやウクライナのNATO加盟をめぐる米ロ間のパワー・ゲームの一環と見るあまり、アプハジア、南オセチア自身の利益やその内部事情は見ていません。

見通しとしては、イラン問題が緊張してきた今、米国がロシアと直接衝突する挙に出るとは思われず、当面はドイツの仲介努力に期待したいところです。取りあえずは、武力紛争の発生を防止した上で、長期安定の仕組みを考えていくべきでしょう。もっとも、グルジアやロシアにとって、これは都合の良い時に政治的に利用できる問題であり、もしかすると特に安定させようとは思っていないかもしれません。
Posted by NPO法人 岡崎研究所 at 15:46 | ロシア・東欧 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント