CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

世界の論調批評 

世界の流れは、時々刻々専門家によって分析考察されています。特に覇権国アメリカの評論は情勢をよく追っています。それらを紹介し、もう一度岡崎研究所の目、日本の目で分析考察します。

NPO法人岡崎研究所 理事長・所長 岡崎久彦


プロフィール

特定非営利活動法人 岡崎研究所さんの画像
Google

Web サイト内

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
△小泉純一郎前首相の医師久松篤子
英米関係は共通の理念に支えられる (10/08) 元進歩派
実績をあげているオバマ外交 (09/21) wholesale handbags
タクシン派のタクシン離れ (07/04) womens wallets
豪の新たな対中認識 (07/04) red bottom shoes
バーレーン情勢 (07/02) neverfull lv
石油価格高騰 (07/02) wholesale handbags
金融危機後の世界 (07/02) handbags sale
米国の対アジア政策のリセット (07/02) neverfull lv
ゲーツのシャングリラ演説 (07/02) handbags sale
パキスタンの核の行方 (07/01)
最新トラックバック
リンク集
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index2_0.xml
英米関係は共通の理念に支えられる [2007年07月30日(Mon)]
イギリスのブラウン新首相が、7月30日付のワシントン・ポストに英米関係について論じた論説を寄稿しています。

ブラウン首相は、両国の関係は単に共通の利害や歴史で結ばれているだけでなく、共通の理念、特に2世紀に渡って両国の運命を結び付けてきた「自由と人権」の原理への信念によって支えられおり、だからこそ永続してきた、と述べ、

21世紀の闘いは軍事力の争いであると同時に、思想と主義の闘いでもある、冷戦時、大量の兵器による抑止と並んで、民主主義の武器を動員して史上空前の文化攻勢に出たことを今改めて想起すべきだ、英米両国は共通の価値という基盤の上に立って手を携えて世界の課題、とりわけ、両国が共有する全ての価値を敵視する国際テロという、差し迫った最大の挑戦に立ち向かっていく、と宣言しています。

ブレア前首相がブッシュのイラク政策を支持して、「ブッシュの愛玩犬」と揶揄されたことから、ブラウン首相の対米姿勢がとりわけ注目される中で、この論説は、英米の「特別な関係」を再確認しています。今後ブラウン政権は、対外政策において必ずしもブッシュ政権と共同歩調をとるとは限りませんが、まずは英米関係の重要性と磐石さを強調したと言えます。

英米間ほど緊密な関係をことさら改めて強調する必要があるのか、とも思われますが、これまでもイギリスはアメリカで非常に熱心に広報活動を行なってきており、その実態を知って感銘を受けたことがあります。国と国との関係はどれほど緊密なものであっても、「当然視」すべきではないということでしょう。

Posted by NPO法人 岡崎研究所 at 15:45 | 欧州 | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
 〜親愛なる カダフィ への おみやげ○百合子( 十三 )の手渡し( Wii 2009年11月 )〜


   『   〜百合子( 十三 )○金 魚 は ど じ ょ う になれない〜   』

 
 〜イイジマ三( 3 3 )  の  ON ○ さくら110 大 手 マスコミ ファ ミ リ ー リング◎暴力装置( 三 十三 )  か ら     血 の つながりの 象 徴 ◎ファ ミ リ ー ○かけがえのない 一 属 まで〜


           < 出 ○ 版 >

 〜NH 犬(3!) と ガソ 林 炎 ショ ーのイサオ三( 3 3 )暴力団( 三 )◎ファ ミ リ ー リング   から   不治三軽○朝○放送○本テレビ の ス ポ ン サ ー ○リング  と △ F15( ど じ ょ う 性 策 )まで〜


   『  〜 市 ガ 谷 の 5 5 ○ 〜  』

   『  〜(女性初!!!!!)カレイ なる ○ 洗 〜  』

   『  〜(不治三軽 レン◎サ イ)私 をやらねば〜  』


  〜ソー◎サ イ○相 殺○ 戦○ 出馬( 東京10く十三 )〜
Posted by:△小泉純一郎前首相の医師久松篤子  at 2011年10月08日(Sat) 09:13