CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

世界の論調批評 

世界の流れは、時々刻々専門家によって分析考察されています。特に覇権国アメリカの評論は情勢をよく追っています。それらを紹介し、もう一度岡崎研究所の目、日本の目で分析考察します。

NPO法人岡崎研究所 理事長・所長 岡崎久彦


プロフィール

特定非営利活動法人 岡崎研究所さんの画像
Google

Web サイト内

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
△小泉純一郎前首相の医師久松篤子
英米関係は共通の理念に支えられる (10/08) 元進歩派
実績をあげているオバマ外交 (09/21) wholesale handbags
タクシン派のタクシン離れ (07/04) womens wallets
豪の新たな対中認識 (07/04) red bottom shoes
バーレーン情勢 (07/02) neverfull lv
石油価格高騰 (07/02) wholesale handbags
金融危機後の世界 (07/02) handbags sale
米国の対アジア政策のリセット (07/02) neverfull lv
ゲーツのシャングリラ演説 (07/02) handbags sale
パキスタンの核の行方 (07/01)
最新トラックバック
リンク集
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index2_0.xml
日米首脳会談 [2007年04月28日(Sat)]
日米首脳会談後の4月28日付けのフィナンシャル・タイムズは、記事面の2/3ページをさいて、北朝鮮と従軍慰安婦問題、強制連行訴訟に関する最高裁の判決、そして安倍首相夫人について、3本の記事を掲載しています。

北朝鮮については、ブッシュ大統領は、北と取引をする意思があるからといって、「拉致問題への強い思いは揺るがない」と述べ、また従軍慰安婦問題に関しても、世界史の痛ましい時期に関する首相の謝罪は「非常に率直で心からのものである」として、安倍首相の謝罪を受け入れた、と言っています。

また、強制連行訴訟の判決については、強制連行の内容と、72年の日中共同声明に基づいて訴訟請求が却下されたことを紹介した上で、裁判長が、労働を強制された人々は精神的、肉体的に非常な苦しみを受けたのであり、関係者は被害者救済に努力するよう促したことを伝えています。

いずれの記事も好意的であり、北朝鮮や歴史問題では、結果的には安倍首相は目的をほとんど達成したと言っています。また、最高裁の判決については、きちんと背景を説明しているばかりでなく、裁判長の原告への同情的発言も紹介しています。そして両記事とも、安倍首相の謝罪でしめくくっており、そのため、発言に対する直接の判断は避けていますが、謝罪した事実が印象に残ります。

安倍首相夫人についても、堅物の安倍首相のイメージ改善役を担っている。またブッシュ夫人のお相手がいるのは、小泉時代と大きな違いで、ブッシュ夫人は安倍夫人を素敵な、エネルギッシュで若くモダンな日本人女性と評価している、と紹介しており、これも好意的な記事です。
Posted by NPO法人 岡崎研究所 at 16:22 | 日本 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント