CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

世界の論調批評 

世界の流れは、時々刻々専門家によって分析考察されています。特に覇権国アメリカの評論は情勢をよく追っています。それらを紹介し、もう一度岡崎研究所の目、日本の目で分析考察します。

NPO法人岡崎研究所 理事長・所長 岡崎久彦


プロフィール

特定非営利活動法人 岡崎研究所さんの画像
Google

Web サイト内

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
△小泉純一郎前首相の医師久松篤子
英米関係は共通の理念に支えられる (10/08) 元進歩派
実績をあげているオバマ外交 (09/21) wholesale handbags
タクシン派のタクシン離れ (07/04) womens wallets
豪の新たな対中認識 (07/04) red bottom shoes
バーレーン情勢 (07/02) neverfull lv
石油価格高騰 (07/02) wholesale handbags
金融危機後の世界 (07/02) handbags sale
米国の対アジア政策のリセット (07/02) neverfull lv
ゲーツのシャングリラ演説 (07/02) handbags sale
パキスタンの核の行方 (07/01)
最新トラックバック
リンク集
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index2_0.xml
米議会における反イラク戦の流れ [2007年03月27日(Tue)]
2008年8月を米軍のイラク撤退の期限とする法案をめぐって下院の民主党は分裂するのではないかと言われていましたが、結局多数を制しました。こうした事態を受けて、3月27日付けのワシントン・ポストは、アメリカの政治は根本的に変ったようだ、このことを認識しないままでは、今後ブッシュ大統領が議会と協力してイラク問題を処理して行くのは難しい、と主張するコラムニストE. J. Dionne Jr.の論説を載せています。

確かに新下院議長ペロシは、果敢に民主党議員をまとめ、下院での勝利を勝ち取って、予想以上に力量のあることを示しました。しかし、これが、この論説が言うように、議会の雰囲気の決定的な変化を意味するかどうかは、まだ、上院での表決や大統領の拒否権の行使などいくつかの山場を過ぎてからでないと、判断できないと思われます。

ワシントン・ポストは元々民主党支持であり、ニューヨーク・タイムズほどではないにしても、その判断に若干党派的な偏向があるかもしれません。

実は4月半ばは、米国の政治外交の将来を占うに当たって、重要な時期です。大統領が求めるイラク追加予算が議会で承認されるかどうかが決まるときであり、これが承認されないと、軍の作戦や士気に影響してきます。また六カ国協議の合意から60日が過ぎて、今回の米国の北朝鮮外交が失敗か成功かが見えてくる時期でもあります。

ただ、イラクの前線では、ペトレイアスが新戦略を展開しており、もし4月半ばに、少しは展望が持てる兆候が出てくれば、それはブッシュにプラスになるでしょう。

Posted by NPO法人 岡崎研究所 at 16:00 | イラク | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント