CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

世界の論調批評 

世界の流れは、時々刻々専門家によって分析考察されています。特に覇権国アメリカの評論は情勢をよく追っています。それらを紹介し、もう一度岡崎研究所の目、日本の目で分析考察します。

NPO法人岡崎研究所 理事長・所長 岡崎久彦


プロフィール

特定非営利活動法人 岡崎研究所さんの画像
Google

Web サイト内

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
△小泉純一郎前首相の医師久松篤子
英米関係は共通の理念に支えられる (10/08) 元進歩派
実績をあげているオバマ外交 (09/21) wholesale handbags
タクシン派のタクシン離れ (07/04) womens wallets
豪の新たな対中認識 (07/04) red bottom shoes
バーレーン情勢 (07/02) neverfull lv
石油価格高騰 (07/02) wholesale handbags
金融危機後の世界 (07/02) handbags sale
米国の対アジア政策のリセット (07/02) neverfull lv
ゲーツのシャングリラ演説 (07/02) handbags sale
パキスタンの核の行方 (07/01)
最新トラックバック
リンク集
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index2_0.xml
中国の尊大さ [2011年08月23日(Tue)]
米AEIのウェブサイト8月23日付で、同研究所Michael Auslinが、バイデン副大統領の訪中の際、中国側の態度の尊大さが目立った、中国は、強大になるにつれて国際的に横暴になって来ているが、それは米国が軍事費を削減して、アジアで弱くなるのを待っているかのようだ、と論じています。

バイデンの訪中の際のバスケットボール試合での中国側の暴行や、バイデン・習近平会談の冒頭挨拶が始まると、中国側の治安要員が力づくで外国人記者や米政府側スタッフを追払ったことなどは、相手に意図的に屈辱を与えようとしたものと考えられる、

中国は国力の増大に専念して来たが、その過程で世話になって来た国際体制のルールは、今や自分たちには適用されないと思っている。あるいは、それは中国がまだ弱いことの裏返しかもしれないが、米国政府が中国を甘やかし、防衛費を削減している間に、中国は、米国を侮辱してアジアから引き揚げさせようとしているのかもしれない、と分析しています。


バイデン訪中の際のバスケットボール試合は、写真を見ても、中国側が米国側を挑発し、暴行しているのは明らかです。中国が、明らかに中国の国際的イメージを損ない、中国の国益を害するようなことをしているのは、オースリンが言っているベイジノロジー(クレムリノロジーの中国版)の理論的分析では説明がつきません。

ただ、外国人に対して尊大であり、挑発的であればあるほど、「それでこそ日本人だ」という評価が与えられた、戦前の日本のことを思い出せば理解はできます。民主党の小沢代表が米国大使に対して尊大な態度をとったときは、日本のマスコミはそれを批判しましたが、戦前、松岡外相の時の外務次官の米国大使に対する尊大な態度は、「それこそ日本人」として称賛されたと言います。

尖閣における中国人船員の態度なども、上部からの指令によるというよりも、挑発的、尊大に振る舞えば、必ず背後の支持、称賛が得られるという雰囲気、またそうした中での処世術から来たものだったと推測されます。

尖閣問題の後の、各種日中交流の停止も、中央からの指令によるというよりも、保身のためには日中交流は停止した方が安全だという、末端組織の自主的判断によるものが多かったと言われています。

こうしたことは国際政治の本質とは関係ない話ですが、世論の国である米国や日本に与える悪印象とその影響は避けがたいものがあるでしょう。


Posted by NPO法人 岡崎研究所 at 16:30 | 中国・台湾 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント