CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

世界の論調批評 

世界の流れは、時々刻々専門家によって分析考察されています。特に覇権国アメリカの評論は情勢をよく追っています。それらを紹介し、もう一度岡崎研究所の目、日本の目で分析考察します。

NPO法人岡崎研究所 理事長・所長 岡崎久彦


プロフィール

特定非営利活動法人 岡崎研究所さんの画像
Google

Web サイト内

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
△小泉純一郎前首相の医師久松篤子
英米関係は共通の理念に支えられる (10/08) 元進歩派
実績をあげているオバマ外交 (09/21) wholesale handbags
タクシン派のタクシン離れ (07/04) womens wallets
豪の新たな対中認識 (07/04) red bottom shoes
バーレーン情勢 (07/02) neverfull lv
石油価格高騰 (07/02) wholesale handbags
金融危機後の世界 (07/02) handbags sale
米国の対アジア政策のリセット (07/02) neverfull lv
ゲーツのシャングリラ演説 (07/02) handbags sale
パキスタンの核の行方 (07/01)
最新トラックバック
リンク集
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index2_0.xml
イラク増派の必要 [2006年12月29日(Fri)]
10日間の中東訪問から帰った米民主党系の上院議員Joseph Liebermanが、12月29日付けのワシントン・ポストで新たな戦略の下の米軍増派の必要を説いています。

リーバーマンは、イラクは、イラン支援の過激派やテロリストと、アメリカが支持する穏健派や民主主義者との戦いの主戦場であり、そこでの勝敗は世界的な影響を及ぼすと見ています。従って、イラクで勝利することが絶対必要であり、それには、まずバグダッドの治安を回復させ、穏健派に自信を持たせることが先決で、そのために新戦略の下に増派を行うことが必要だ、と言っています。

またリーバーマンは、自分がイラクで接触した米軍の佐官級は、兵力を増強すればこの戦いは勝てる、と言っていることも報告しています。

たしかに、イラク人の中でも、民主主義を支持する穏健な人々が、米軍の勝利を願っているだろうことは想像にあまりあることであり、現地の米軍中堅幹部としても、とうてい彼らを見捨てられない心境であることもよくわかります。

リーバーマンのような民主党系の戦略家がイラク増兵論を支持しているところを見ると、イラク早期撤兵は、民主党支持者でも、少なくともインテリや戦略家の間では、コンセンサスとはならないと思われます。

 

Posted by NPO法人 岡崎研究所 at 15:41 | イラク | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント