CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

世界の論調批評 

世界の流れは、時々刻々専門家によって分析考察されています。特に覇権国アメリカの評論は情勢をよく追っています。それらを紹介し、もう一度岡崎研究所の目、日本の目で分析考察します。

NPO法人岡崎研究所 理事長・所長 岡崎久彦


プロフィール

特定非営利活動法人 岡崎研究所さんの画像
Google

Web サイト内

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
△小泉純一郎前首相の医師久松篤子
英米関係は共通の理念に支えられる (10/08) 元進歩派
実績をあげているオバマ外交 (09/21) wholesale handbags
タクシン派のタクシン離れ (07/04) womens wallets
豪の新たな対中認識 (07/04) red bottom shoes
バーレーン情勢 (07/02) neverfull lv
石油価格高騰 (07/02) wholesale handbags
金融危機後の世界 (07/02) handbags sale
米国の対アジア政策のリセット (07/02) neverfull lv
ゲーツのシャングリラ演説 (07/02) handbags sale
パキスタンの核の行方 (07/01)
最新トラックバック
リンク集
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index2_0.xml
金融危機後の世界 [2011年03月08日(Tue)]
Foreign Affairs誌 3-4 月号で、米政治経済学者のフランスス・フクヤマとNancy Birdsall米Center for Global Development所長が、リーマン・ショックで先進国社会が学んだのは、10年前のアジア・ショックでアジアが学んだのと同じように、規制されない資本の動きの害であり、それによって先進国的な自由経済至上の考え方の支配は終わりを告げた、と論じています。

すなわち、元々自由貿易の利益は論証されていても、資本の自由化の利益はそれほどはっきりしてはいなかったが、2008-2009年の経済危機の結果、米英も、10年前のアジアと同じく、資本市場の野放しは危機を招くこと、つまり、外国資本は危険であり(アイスランド、アイルランドの例)、さらに、資本主義には危機が伴う以上、レーガンやサッチャーが忌み嫌った福祉社会の方が、国民の痛みを大きくせず、危機の時期を乗り切り易いこと(中国やラテン・アメリカも社会保障に関心を向け始めている)を学んだ。また、政府による産業政策の重要性も再認識した、

他方、新興諸国は、中国経済が速やかに危機から回復したことで、中国のような専制的な政治システムを見直すようになった。新興諸国は、今後、自由競争による効率を求めるよりも、自由競争の圧力に堪えられるような国内システムを作る方向に向かうだろう、と述べ、

経済危機後、G-20がG-7に代わるようになったことは、G-7以外の国々が経済的に興隆してきただけでなく、思想や政治形態でも競争者になってきたことを示している。西側世界はこの世界的変化に目覚めるべきだ、と結んでいます。

 
フランシス・フクヤマと言えば、冷戦終了直後の1992年に『歴史の終わり』を著わして、民主主義と自由主義経済の最終的勝利を高らかに謳い上げた人物として有名です。それが、今になって、リーマン・ショックの教訓は、資本の自由化の野放しは危険で、経済危機に備えるために社会保障を充実させることや政府による産業政策は有意義であり、専制体制にも価値があるなどと臆面もなく論じているのは気になりますが、他方、この論説を読むと、フクヤマという人はたしかに才気煥発で表現力も豊かだということがわかります。

例えば、「見えざる手」は生産や貿易には有益であったとしても、金融についてはわからないなどという指摘には、目を開かされる思いがします。また、日米経済摩擦の頃以降、産業政策を放棄してしまった日本が、産業政策の権化のような韓国や中国にじりじりと押されている現状を見ると、産業政策の重要性についての彼の分析にも一理あるかと思わせられます。たしかにフクヤマは一世の才子と言うべき人なのでしょう。


Posted by NPO法人 岡崎研究所 at 15:40 | その他 | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
るのは気になりますが、他方、この論説を読むと、フクヤマという人はたしかに才気煥発で表現力も豊かだということがわかります。
Posted by:wholesale handbags  at 2011年07月02日(Sat) 17:37