CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

世界の論調批評 

世界の流れは、時々刻々専門家によって分析考察されています。特に覇権国アメリカの評論は情勢をよく追っています。それらを紹介し、もう一度岡崎研究所の目、日本の目で分析考察します。

NPO法人岡崎研究所 理事長・所長 岡崎久彦


プロフィール

特定非営利活動法人 岡崎研究所さんの画像
Google

Web サイト内

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
△小泉純一郎前首相の医師久松篤子
英米関係は共通の理念に支えられる (10/08) 元進歩派
実績をあげているオバマ外交 (09/21) wholesale handbags
タクシン派のタクシン離れ (07/04) womens wallets
豪の新たな対中認識 (07/04) red bottom shoes
バーレーン情勢 (07/02) neverfull lv
石油価格高騰 (07/02) wholesale handbags
金融危機後の世界 (07/02) handbags sale
米国の対アジア政策のリセット (07/02) neverfull lv
ゲーツのシャングリラ演説 (07/02) handbags sale
パキスタンの核の行方 (07/01)
最新トラックバック
リンク集
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index2_0.xml
専制的産油国への原油依存 [2011年02月28日(Mon)]
ファイナンシャル・タイムズ2月28日付で、Nick Butler英キングスカレッジ政策研究所所長が、不安定な独裁国家に依存する原油供給の現状に警鐘を鳴らしています。

すなわち、最近のリビア情勢に端を発した原油価格の動きは、「投機による石油価格の上昇」と「サウジの増産による現状復帰」といった従来のような一時的現象ではない。その背景には、原油供給が一部の独裁国家への依存をますます強めており、これが、国際原油市場を脆弱化させ、世界経済の回復にとって脅威になっているという事情がある。問題解決には、@原油備蓄の拡大と、A原油供給先の多様化が不可欠であり、B新エネルギー源、特に次世代の原子力発電の開発も重要だ、と指摘し、

リビア情勢は近く収まるかもしれないが、国際原油市場のリスクは一時的ではなく、より根本的なものであり、こうした現実を直視しなければ、市場の不安定と石油価格高騰は恒常化し、究極的には世界の経済成長が失われるだろう、と警告しています。


バトラーは、英大手石油会社BPの戦略担当副社長を務めた後、ブラウン政権で首相特別顧問を務めたエネルギー政策問題の専門家であり、その主張は至極真っ当なものです。現在のリビアの状況は一時的なものではなく、より根本的な問題を秘めていることについて疑問の余地はありません。また、今後、原油供給の不安定化が中東などの他の独裁国家にも波及する可能性を念頭に、問題解決の手段として、石油備蓄拡大や新エネルギー開発を提唱していることも極めて理に適っています。

問題は、バトラーが言っていることは、1973年以来、何度かあったエネルギー危機の際に唱えられた政策と基本的に変わっていないことです。要するに、言うのは簡単ですが、実行は極めて難しいということです。それに、1973年時点と現在が大きく異なるのは、インドと中国という2つの巨大消費国が出現したことですが、両国がバトラーの主張を単純に受け入れるとは限らない点も要注意でしょう。

バトラーの正当な主張は、西側諸国のエネルギーが今後も当分原油に依存し続けること、さらに、それだけでなく、恐らく次のエネルギー危機に対する特効薬もないことを、逆に証明しているようにも思われます。

なお、リビアについては、カダフィが退陣したとしても、問題が沈静化するとは思えません。懸念されるのは、カダフィ後のリビア内政の混乱が長期化し、最悪の場合、リビア原油がイスラム過激派などの手に移り、石油が再び政治的武器として使われる可能性が出てきたことです。
Posted by NPO法人 岡崎研究所 at 17:36 | その他 | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
これから、日本で、原発を作る事も、運営する事も不可能でしょう。どうしたら良いんでしょうか?
Posted by:harappa5  at 2011年03月17日(Thu) 20:18