CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

世界の論調批評 

世界の流れは、時々刻々専門家によって分析考察されています。特に覇権国アメリカの評論は情勢をよく追っています。それらを紹介し、もう一度岡崎研究所の目、日本の目で分析考察します。

NPO法人岡崎研究所 理事長・所長 岡崎久彦


プロフィール

特定非営利活動法人 岡崎研究所さんの画像
Google

Web サイト内

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
△小泉純一郎前首相の医師久松篤子
英米関係は共通の理念に支えられる (10/08) 元進歩派
実績をあげているオバマ外交 (09/21) wholesale handbags
タクシン派のタクシン離れ (07/04) womens wallets
豪の新たな対中認識 (07/04) red bottom shoes
バーレーン情勢 (07/02) neverfull lv
石油価格高騰 (07/02) wholesale handbags
金融危機後の世界 (07/02) handbags sale
米国の対アジア政策のリセット (07/02) neverfull lv
ゲーツのシャングリラ演説 (07/02) handbags sale
パキスタンの核の行方 (07/01)
最新トラックバック
リンク集
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index2_0.xml
ロシアの西側接近という幻想 [2010年06月22日(Tue)]
ワシントン・ポスト6月22日付で、ブッシュ政権時に国務次官補代理を務めた、独マーシャル・ファンドのDavid J. Kramerが、ロシアに入れ込みすぎることに警鐘を鳴らしています。

すなわち、好戦的ではない、経済に主眼を置いたロシアの外交政策文書が最近「リーク」されたことで、ロシア大統領はロシアをより親西側スタンスに変えようとしていると思う向きもあるが、この文書も注意深く読めば、こうした甘い考えを裏付けるものではないことがわかる。例えば、この文書も、全体ではロシア勢力圏の確立をはっきりと支持、旧ソ連諸国を統合する必要と、地域外勢力がロシアと旧ソ連諸国との関係に介入する動きには積極的に反撃する義務を強調している、

また、オバマの「多国主義」を称賛する一方、米国内におけるオバマの政治的立場の「弱体化」に警鐘を鳴らしている、と述べて、メドヴェージェフ訪米の意味を読み間違えないよう、警告しています。


最近のロシアを動かす基本要因は、@2012年の大統領選挙とA石油依存のロシア経済の改革であり、そのための西側との協力関係の拡大ということに集約できます。

メドベージェフ大統領は昨秋以降、リベラル、経済刷新・石油依存脱却を旗印に掲げ、保守・秩序維持重視とされるプーチン首相との違いを示そうとしています。彼がプーチンに対抗して大統領選挙に出馬するかどうかはまだ不明ですが、その準備は整えつつあり、今回の訪米はその一環と言えます。

他方、オバマ政権は経済回復とイラク・アフガニスタン介入の決着に最重点を置いており、ロシアと不必要な対立をしている余裕はありません。しかも、イラン・北朝鮮制裁やアフガニスタンへの物資輸送についてはロシアの協力を必要としています。

従って、この論説が言うような対ロ警戒論は意識しながらも、ロシアに対しては当面、協調・協力が基調になるでしょう、米国による台湾への兵器供与決定以来、米中関係が冷めたままのように見えることと対照的です。

ただし、オバマ政権も、「ロシアはわれわれと利益も価値観も異なる」ことは重々承知していますし、ロシア側も、西側への協調姿勢を強め過ぎれば、国内政治上もたなくなることを知っています。さらに、ロシア経済刷新のための協力と言っても、西側が政府レベルでできることは限られていますし、これまでの幾多の例が示すように、ロシアの改革への試みが官僚主義と汚職によって潰えることはほぼ必至です。

従って、西側の「対ロ協力」も、ロシアの「対西側協調」も、内実はレトリックと雰囲気が大部分を占めることになるでしょう。ただ、西側にとっては、リベラル・対西側協調路線に自分の政治生命を賭けたメドベジェフは都合のいい存在であり、これを持ち上げていくでしょう。日本も当然、これに乗ることを求められ、乗ることとなるでしょうが、どの国も本気ではないことは認識しておく必要があります。

Posted by NPO法人 岡崎研究所 at 16:15 | ロシア・東欧 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント