CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

世界の論調批評 

世界の流れは、時々刻々専門家によって分析考察されています。特に覇権国アメリカの評論は情勢をよく追っています。それらを紹介し、もう一度岡崎研究所の目、日本の目で分析考察します。

NPO法人岡崎研究所 理事長・所長 岡崎久彦


プロフィール

特定非営利活動法人 岡崎研究所さんの画像
Google

Web サイト内

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
△小泉純一郎前首相の医師久松篤子
英米関係は共通の理念に支えられる (10/08) 元進歩派
実績をあげているオバマ外交 (09/21) wholesale handbags
タクシン派のタクシン離れ (07/04) womens wallets
豪の新たな対中認識 (07/04) red bottom shoes
バーレーン情勢 (07/02) neverfull lv
石油価格高騰 (07/02) wholesale handbags
金融危機後の世界 (07/02) handbags sale
米国の対アジア政策のリセット (07/02) neverfull lv
ゲーツのシャングリラ演説 (07/02) handbags sale
パキスタンの核の行方 (07/01)
最新トラックバック
リンク集
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/okazaki-inst/index2_0.xml
中国とパキスタンの核技術協力 [2010年06月17日(Thu)]
ウォール・ストリート・ジャーナル6月17日付で、ロンドン大学キングス・カレッジのHarsh V. Pant教授が、中国が2基の原子炉を輸出することでパキスタンと合意したことを取り上げています。

それによると、中国のパキスタンへの原子炉輸出は、NPT非加盟国への核技術輸出を禁止する核供給グループ(NSG)のガイドラインに反するものであり、承認されれば核不拡散上問題だ、

中国は今回の輸出は2004年に中国がNSGに参加する前に合意されたことだと主張しているが、2008年、米印が核エネルギー協力協定を締結した際、中国はパキスタンに原子炉を輸出する意図を明らかにしている。米がインドを贔屓するのなら、中国も同じことをするというわけだ、

中国がこれまでもパキスタンの核兵器開発に協力してきたことは、カーン博士が認めており、両国の核協力は、核兵器国が非核兵器国に分裂性物質や兵器設計図を渡した唯一の例だ。しかも中国はNPT参加後もこの協力を続けた、

他方、パキスタンは当然、民生用核の利益を得たいと思っており、米印協定と同様の協定を米国に要求している。ブッシュ政権はパキスタンの過去の拡散を理由に拒否したが、オバマ政権の態度ははっきりせず、中国はオバマ政権なら突き動かせると計算している、

これからNSGの会合が開かれるが、これは、米国が核技術輸出規則を強制する意思と力をまだ持っているかどうかが試される場になるだろう、と言っています。


ブッシュ政権時代、米国は民生用原子力利用への保障措置だけでインドへの原発輸出を認める協定を締結しましたが、これこそパントのいうNPT体制を「葬ること」につながる危険を内包していました。

つまり、パキスタンがインドと同様の待遇を要求するのは目に見えており、米国がパキスタンの過去の行状を理由に拒否したとしても、中国がパキスタンの要求に応じることは当然予想できたはずです。この時に、いわばルビコン川は越えられてしまったと言えます。

インドは「拡散をしていない民主主義国」だから良いが、パキスタンはだめだ、という米国の議論は、イスラエルの核に対する米国の態度も考えると、要するに、「良い」国は核開発をしてもよいが、「悪い」国は駄目だという議論でしかなく、こうした議論で中国を説得できるか、非常に疑問ですし、パキスタンも納得するはずがありません。こうした政策にはもっと一貫性が必要です。

なお、パントが、今回の原子炉輸出はNPT体制を「葬る」一要因になる、としているのはやや少し大げさでしょう。インドもパキスタンもイスラエルもNPTの枠外にあり、今後も加盟する可能性はないと思われます。
Posted by NPO法人 岡崎研究所 at 15:50 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント