CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 おかえりblog

里親家庭や児童養護施設等を巣立った人たちの自立支援を目的とした団体です。


<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
うれしい報告 [2010年12月13日(Mon)]
こんばんは。


今日はいろんなことがありました。


お昼から仕事をお休みをいただいていたので、定款変更の申請をするために県庁へ行ってきました。


先週、特に週末にかけて慌ただしくしていたので、定款変更の申請書類を作成したものの確認することができていませんでした。大慌てで確認し、抜けていた書類を作成して、なんとか完成。


途中、奈良県中央こども家庭相談センターへ行き、昨日の《奈良県里子の当事者団体 明日天気になぁれ》の親睦会の報告もさせていただきました。写真も現像していったので、楽しんでいた雰囲気も伝わったようですo(^-^)o


そして、県庁へ。


担当の方が定款変更の申請書類をチェックしてくださいました。


抜けていた箇所があったので、今日は残念ながら申請することはできなかったのですが、次こそは!無事に申請できるようにしたいと思います。


お忙しい中、ご丁寧に教えてくださいましてありがとうございました。



そして、最後になりましたが、うれしい報告をさせてください(-^〇^-)


昨日、そして今日と、来年の平成23年3月6日(日)に開催致します、《第1回 NPO法人おかえり 設立記念&里子の卒業記念講演会》の参加申し込みのFAXが届きました。


本当にありがとうございます。


FAXを見た瞬間、うれしくて有り難くて涙が溢れてきました。


それと同時に、今まで以上に現実味を帯びてきました。



昨日の《明日天気になぁれ》の親睦会の中で、【おかえり】の理事長挨拶としてお話させていただいている時に感じたんです。



この子たちは一生懸命生きているんだ。


その姿を見て、巣立っていく子どもたちをみんなで応援する会を成功させたいという思いが更に強まりました。


以前のブログでもご紹介させていただきましたが、3月6日の講演会には、茨城県高萩市長の草間 吉夫様が来てくださいます。


講演を依頼させていただいたとき、法人は設立してまだ日が浅く、《妹たちをたすけたい》という思いは強いものの、具体的な方向性を今以上に模索している状態でした。


そんな中、快く引き受けてくださるという連絡をいただいたときは本当に本当にうれしかったです。

草間さんの著書《ひとりぼっちの私が市長になった!》を拝読して感銘し、「草間さんならきっと妹たち、そして、里親家庭や児童養護施設を巣立つ(巣立った)人々に生きる力を与えてくださるはず。」と確信して依頼させていただきました。草間さんが快く引き受けてくださったのは、奇跡といっても過言ではないと思います。


今、社会的養護を必要とする子どもたちが里親家庭や児童養護施設を巣立った後の支援について深刻な課題となっているのが現状です。


目の前にいる妹たち、そして、里親家庭や児童養護施設を巣立つ(巣立った)人々が生きる力を身につけ、自立し安心して暮らせるよう、何かできることはないか?


そんな思いから【おかえり】は生まれ、《第1回 NPO法人おかえり 設立記念&里子の卒業記念講演会》を開催することになりました。


一人でも多くの方に参加していただき、巣立っていく里子の思いや草間さんのお話に耳を傾けていただけると幸いです。あたたかい会になるといいなと思っています。


昨日、今日と講演会の参加申し込みのFAXをいただき、大きな大きなパワーをいただきました。ありがとうございます。


どうぞよろしくお願いします。



ふみ

| 次へ