CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2022年01月 | Main | 2022年03月»
☆おおいたSDGsネットワークミーティング”中津干潟”の取り組み [2022年02月28日(Mon)]

2022年2月27日(日)10:00〜12:00
J:COMホルトホール大分404会議室
 &オンライン参加

2021年度も終盤、SDGsネットワーク会議も今回と来週で一区切りです。
SDGs実行指針大分市民版により、生物多様性も重要テーマとしてうたわれました。

そこで今回は大分県でも最高の干潟である中津干潟にスポットを当て
環境保全に努めているNPO法人水辺に遊ぶ会 事務局 山守巧さんを講師に招き
中津干潟の特徴や保全の取り組み等について説明を受けました。

DSC_0575ss.jpg


DSC_0576ss.jpg


いかに大分県内の人に知っていただくか、まずは確実にイベント等の広報をしていく
参加者にラジオパーソナリティの方もいらっしゃって、一度干潟を案内して
番組等で取り上げていただきたいと思いました。

前日の公的保全の枠組みとあわせて県民に関心を持ってもらいたい場所です。

 山下
☆「公的保全の枠組みについて」研修会参加 [2022年02月27日(Sun)]

2022年2月26日(土)13:00〜
中津市今津コミュニティセンター


DSC_0572ss.jpg

当方もSAVEJAPANプロジェクトでその活動目標としている環境保全の
公的枠組みについて
NPO法人生物多様性保全センター足立理事長より
詳しく説明をおききました。


DSC_0573ss.jpg

中津干潟のポテンシャルは瀬戸内でも最大な場所。
サムサール条約の条件にも価していますが、前段の保護区などが困難。

天然記念物についても干潟は前例がないらしく、その状態が維持できるかが問われると。

いずれにしろ、最適な形をもって保全となるようしてきたいと思います。

Aさんとの約束もあるしね。


 山下
☆立憲民主党NPO予算公開ヒアリングに参加 [2022年02月17日(Thu)]

2022年2月16日(水)9:40〜
オンラインにて

今年度にして初めての参加となりました。
こういう機会があったのですね。
東京近郊の方ならいままでリアルに参加で来ていたのでしょうけど
地方のNPOにしてみれば、オンラインの普及のおかげで参加できます。
ありがたいことです。


DSC_0541ss.jpg


DSC_0543ss.jpg


一日の開催で説明全て聞けない省庁がありましたが
気になる分野の省庁の話は聞けました。

お昼休みには
NPO法設立時から関わってくださっています辻元元議員、
岡山NPOセンター代表理事石原さんらの
NPO法25周年のトークも興味深く伺えました。


DSC_0544ss.jpg


DSC_0545ss.jpg


まだまだ走り続けないといけません。

 山下
☆22年2月さがのせきローカルデザイン会議 [2022年02月16日(Wed)]

2022年2月15日(火)19:00〜21:00
大分市佐賀関「CUBE SEKIZAKI」にて


今回は通常のミーティングに加えて
建築士会空き家対策事業とNBUの地域貢献サークルを立ち上げた学生3名との
情報交換をしました。
うまくいけば4月から空き家の調査研究、活用のための企画、改修工事と進んでいきます。


DSC_0539ss.jpg


ローカルデザイン会議の新たな楽しみが増えました。

 山下
☆おおいた地域連携プラットフォームに参加 [2022年02月15日(Tue)]

2022年2月15日(火)13:00〜17:00
第6波の影響ですべてオンライン参加に

毎年開催していますが、今回は行政と大学関係者が多かったですね。
COCの大学連携と言いますと、地元高校生への地元大学入学の機会づくり
どんな特色や講座をやっているか、など


DSC_0538ss.jpg



DSC_0537ss.jpg


その高校生が残念ながら少なかったけど、
県内4年制大学、短期大学の研究成果が見れるまたとない機会です。
地域連携、中間支援組織として様々情報収集させていただきました。

関係者の皆様、たいへんお疲れ様でした。ありがとうございました。

 山下
☆第38回CEO会議 [2022年02月10日(Thu)]

2022年2月9日(水)9:30〜17:00
オンラインにて

久しぶりのCEO会議(民間NPO支援センターの将来を展望する会)
に参加しました。

午前中は「孤独・孤立対策」について、
内閣官房孤独・孤立対策担当室の大西連さんを交え、重点計画の取り組みなどについて
話し合いました。

午後からは、一般財団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA)の担当者らと
休眠預金等活用事業の取り組み状況について意見交換しました。
JANPIAは社会課題解決のため、「資金分配団体」を各地に増やしたいそう。


DSC_0513ss.jpg


大分独自の課題解決のため、取り組みを進めていればと思います。

 山下

☆働考〜はたらくを考えるシンポジウム参加 [2022年02月09日(Wed)]

2022年2月8日(火)13:30〜16:30
オンライン参加

NPO法人おおいた子ども支援ネット主催のシンポジウムに参加しました。
様々な事情がある若者に対して、就職や自立に向けての支援に関する事例等がきけました。

今後に向けての矢野事務局長の
「働くに関して、関連する行政部署や支援団体だけではこの問題は解決しない。
いろんな立場の方が関心を寄せ考えていくかが重要。
そのような機会が作れるかどうかだ。」
という言葉にとても感銘を受けました。


DSC_0512ss.jpg

私たちも心寄せていきます。


 山下

☆令和3年度第2回大分市災害ボランティアセンター運営委員会 [2022年02月08日(Tue)]

2022年2月7日(月)午後1時30分〜午後3時

オミクロン株が猛威を振るっているなかですが、
1月末に震度5プラスの地震が起こったこともあり
会場リアル開催にて委員の多くが参加して運営委員会を行いました。


DSC_0511ss.jpg



1期2年間の最後の委員会、
事務局(大分市社会福祉協議会、大分市災害ボランティアセンター)から
2年間の積み上げ協議したことの振り返りと、未確認情報の共有という形で行いました。

大分市ではまた実際に災害ボランティアセンターを立ち上げた経験はないのですが、
来る災害に備えて、行政、企業、NPO、社協の連携を進めていますし、
被災したときのマニュアル等も整備しています。
今後大分市社会福祉協議会ホームぺージでご確認ください。

 山下




☆シキホール笑顔プロジェクト鍵盤ハーモニカ寄付募集チラシ印刷 [2022年02月06日(Sun)]

2022年2月5日(土)午前中
大分市市民活動・消費生活センターライフパル印刷作業室にて

今年も鍵盤ハーモニカをフィリピン・シキホール島へ送るため
大分市内小学校6年生の家庭全てに寄付募集チラシを配ることにしました。

昨年より少子化で印刷枚数は減りましたが、予備も含めて5000枚近く輪転機で
印刷しました。


DSC_0507ss.jpg


これを各小学校クラス人数に仕訳して、学校ごとにおくります。
昨年はおかげさまで206台の鍵盤ハーモニカを提供いただきました。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

後援 大分市社会教育課
☆NPOマッチングコーディネート [2022年02月05日(Sat)]

2022年2月4日(金)オンラインにて

とある医療福祉連携の推進を図る活動をしているNPO法人の方から依頼で、
非常時の福祉施設データベース作成で参考となるプロジェクト活動の
『おおいた・いとでんわプロジェクト』責任者にヒアリングでした。


DSC_0497ss.jpg

目的に対しての現状把握やおたがいのネットワーク促進で成果があったようで
ひとまず安堵でした。

 山Pi