CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 余談 | Main | NPO・市民活動»
☆宇佐市 終戦75年特別講演会に参加 [2020年09月06日(Sun)]

令和2年9月5日(土)13:30〜
ウサノピア小ホール

終戦75年企画・我がまちも戦場だった歴史を振り返る
終戦75年特別講演会

◎講演会
 演題:「戦後75年に思う」
 講師:戸一成氏(大和ミュージアム館長)
◎ガンカメラ新映像解説
 解説者:織田祐輔氏(豊の国宇佐市塾塾生)


IMG_2418ss.jpg

たいへん有意義なイベントでした。
宇佐市の平和ミュージアムにも期待したいし、みんなで意識して平和を達成していきたいと思います。そのような宇佐市のまちづくりに貢献していければと思います。

 山Pi
☆第98回さがのせき楽・楽マルシェ開催 [2020年08月23日(Sun)]

相変わらずのコロナ禍で
出展団体がそろわない中、
復活したNBU学生カフェだけが元気でした。

IMG_2412ss.jpg

佐賀関といえば”路地”
マルシェの舞台としては最高なシチュエーションとも言えます。
狭い路地でお年寄りの方々とゆったりお話ができます。


IMG_2413ss.jpg


その路面には、佐賀関の特産を描いた絵が埋め込まれています。

IMG_2415ss.jpg


 山Pi

☆令和2年7月豪雨被害復旧のためのボランティア活動(大分市八幡地区) [2020年08月02日(Sun)]

令和2年8月2日(日)
大分市社会福祉協議会登録ボランティアとして、おやじエイドグループと
大分市八幡地区の浸水被害を受けた家屋の片付け作業に参加しました。


DSC_7115ss.jpg

大分市の住家の復旧ニーズは今日で作業終了ということで、
拠点の片付けも行いました。


DSC_7123ss.jpg



DSC_7122ss.jpg

14日間の作業、たいへんお疲れさまでした。
被災した家の修理などはこれからですが、公的支援をふくめていち早い復旧を祈っています。

山Pi
☆令和2年7月豪雨被害復旧のためのボランティア活動(九重町) [2020年07月24日(Fri)]

令和2年7月23日(木祝)
九重町社会福祉協議会が開設している「被災者支援センター」に
ボランティアで、おやじエイドグループと参加してきました。


DSC_7088ss.JPG


DSC_7089ss.jpg

JRの鉄橋が流されたところの近く、一軒の畳みだし、使えなくなった家財類のゴミ出し、床下の泥だしの作業でした。
一緒にグループになった高校生らも頑張ってくれました。

まだまだですが、みなさん頑張っていきましょう。

 山Pi
☆令和2年7月豪雨被害復旧のためのボランティア活動(日田市天瀬町) [2020年07月18日(Sat)]

令和2年7月18日(土)
日田市災害ボランティアセンター

おおいたおやじネットワークのおやじエイドグループ6名と
天ケ瀬温泉街の復旧活動に参加してきました。

DSC_7067ss.jpg


玖珠川氾濫による温泉街の浸水被害はすさまじく、
土砂の量はそれを物語っていました。

とある旅館の総勢80名4班による土砂だし、清掃活動のリーダーをさせていただき、
コロナ対策密にならないよう、また自衛隊方式(10分毎2交代制で作業)の徹底により
効率よく作業ができました。


DSC_7068ss.jpg



DSC_7069ss.jpg


ボランティア参加の皆さん、たいへんお疲れさまでした。
完了ということにはなりませんでしたが、継続で次の日の作業内容と資機材の個数を
ボランティアセンターに要望して任務終わりました。

被災していない温泉街の温泉入浴開放ということで、ありがたく温泉につかって汗を流して帰りました。ありがとうございました。

 山Pi

☆7月1日は中津干潟の日 その2ゴミ拾いウォーク [2020年07月03日(Fri)]

中津干潟の日のメインは午後6時からの「ゴミ拾いウォーク」

ひがたらぼがある東浜から、産業道路(県道中津高田線)を経由して、
大新田海岸までゴミを拾いながら、干潟の保全を啓発するパレードをしました。

報道2社をふくむ14名で1時間半ほど歩きました。
大きいタペストリーを通行する車から見ていただいた方が結構多く
歩いていてうれしさを感じました。


DSC_7008ss.jpg



DSC_7011ss.jpg

ちょうど終わった時はきれいな夕日に映る雲空


DSC_7015ss.jpg

中津干潟がいつまでもありつづけますように。

 山Pi
☆7月1日は中津干潟の日 その1 [2020年07月02日(Thu)]

令和2年7月1日(水)
この日は中津干潟の環境保全に取り組むNPO法人水辺に遊ぶ会が20年前活動を開始した日。
ということで、記念してこの日を「中津干潟の日」と命名しました。

風が強く天気が曇りでしたけど、午後満ちる前の干潟に入ってきました。
多くの生き物がみられて満足しました。(カブトガニは見つけられなかったけど・・・)


DSC_6998ss.jpg


DSC_7001ss.jpg


DSC_6999ss.jpg


この日、日本ではレジ袋有料化になりました。
海ごみの大半がプラスチック類ですが、海ごみをなくす意識の啓発になればと思います。
海プラごみ、こんな感じになります。完全には取ることは至難の業です。


DSC_7003ss.jpg


DSC_7005ss.jpg


生物の宝庫、この貴重な干潟がいつまでもありますように。。。

 山Pi
☆こうざき海水浴場の海開き神事に参列してきました [2020年07月01日(Wed)]

令和2年7月1日(水)10:20〜
大分市で唯一自然の海浜である「こうざき海水浴場」
県の埋め立て計画を切り抜け、地元住民で海水浴場をつくり40年以上が過ぎたそうです。
今は地域からなるNPO法人福祉コミュニティKOUZAKIが運営管理をしています。

DSC_6991ss.jpg


毎年1日に海開き神事をしており、今年も参列しました。
例年だと地元の小学生が”初泳ぎ”するのですが、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から中止となり残念です。


DSC_6996ss.jpg

新しい生活様式と叫ばれていますが、そもそもの夏の遊びでもある海遊び、今一度注目され家族連れで賑わうことを期待しています。
駐車場収入などが環境維持や地域福祉の資金に充てられます。
ながらくの地域福祉活動が認められ、大分市顕彰の日に表彰されました。おめでとうございます!

DSC_6994ss.jpg


整備が進むバーベキュー施設も充実、私も仲間と利用したいと思います。

 山Pi
☆大学等による「おおいた創生」推進協議会 おおいた地域高等教育活性化取り組み状況報告会に参加 [2020年03月30日(Mon)]

令和2年3月28日(土)午後1時〜
佐賀関のまちの駅よらんせぇ〜にて

COC事業や大学連携に取り組んでいる日本文理大学(NBU)学長室長吉村教授の
表題の報告会が行われるとのことで参加してきました。

大分県内の大学、高校生の状況がわかる内容で、NPOとしても十分参考になりましたので、ポイントをここにあげておきます。

IMG_1934ss.jpg


IMG_1936ss.jpg

・文科省下の県内大学群は11校(4年制5、短大5、高専1)
・大学生の県内地元就職のため大学と地方公共団体、企業・経済団体と協働
 しかしながら学生の流出がとまらない
・大分県内の18歳人口は今後も減少傾向(九州全体よりも減少大)
・県内高校生進路状況(令和元年度)大学進学は37.3%(全国42位)
 特に大分県は女子の大学進学率が35.0%(全国46位)と低い。
 ただし、団体進学率は全国7位(男子7位、女子3位)と高い位置
 高校卒就職者の割合は、25.8%(ほぼ4人に1人が就職)
・県内高校卒業生の県内大学(学部)進学の割合26.1%(全国29位)<全国平均43%)
 ※県内リーディング大学の魅力なさ??専門分野、学部の少なさ
・昔大学が社会の入り口だったのだが、いまは大学が社会の出口(企業グローバル化)
・高校と大学の接続による活性化推進、大学イノベーション創出、社会人の学びなおし
・「おおいた共創士」認証資格制度の普及活用
・大分県内進学ガイドブックの制作

NPOのことを知ってもらううえでも高校にアプローチが重要になっている時代です。

 山Pi
☆さがのせき楽・楽マルシェ第93回でした。 [2020年03月29日(Sun)]

令和2年3月28日(土)午前はあいにくの雨
広場でテント立てもできず、檸檬館内での開催となりました。

新型コロナウィルス感染拡大予防のため、3密にならないよう配慮もしつつ
それでも、地元のご年配の方々が、野菜に、焼き鳥に、買い物に来てくれました。

DSC_6545ss.jpg



佐賀関の街中には、懐かしい路地もたくさんあり、
檸檬館横の路地では焼き鳥販売
(タンクトップの男性は昨年までNBU学生)
わざわざお手伝いにきてくれました。


DSC_6546ss.jpg


最近人気の海鮮?お好み焼き ¥450−

IMG_1923ss.jpg


無事12時をまわったところで閉店

次回は4月25日(土)に開催予定です。
100回記念まであと半年・・・。

 山Pi
| 次へ