CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«☆2つのオンライン説明会 | Main | ☆大分市産業活性化プラザ ビジネス+SDGs講座で講師»
☆第5回災害時の連携を考える全国フォーラム(オンライン)参加 [2021年05月28日(Fri)]

2021年5月26日(水)13:00〜17:15
     5月27日(木)13:00〜17:00
オンラインで、オープニングセッション、分科会4つ、クロージングセッションに参加しました。


IMG_5044ss.jpg

主催の認定NPO法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク代表理事 栗田代表理事挨拶から始まりました。

IMG_5046ss.jpg


◇オープニングセッション
令和2年7月豪雨 熊本の事例から考えるコロナ禍の災害支援(パネルディスカッション)
コロナ禍での初の大きな災害でしたので注目を浴びました。
県外からの支援者が入れず苦労されたことと思います。


IMG_5051ss.jpg


◇分科会セッション1−3
「課題解決のための被災者支援コーディネーション」
大分日田市にも来てくれました災害NGO結の前原さんがパネリストで
人吉市の事例を語ってくれました。


IMG_5052ss.jpg



◇分科会セッション2−6
「災害時における『理想の中間支援組織』を考える」
災害時にいざというより、平時のネットワークが大事、福祉領域との連携、
情報共有会議よりもコーディネート重視、人材育成というキーワードでの話題が飛び交いました。昨年7月から9月までのことを思い出しました。


IMG_5053ss.jpg


IMG_5054ss.jpg


2日目
◇分科会セッション3−5
「東日本大震災の10年を振り返る〜NPOが果たした役割とこれから〜」
中央共同募金阿部さんコーディネーター、山崎美貴子さん、栗田暢之さんパネリストで
この10年を振り返りました。


◇分科会セッション4ー6
「プラットフォーム形成のための境界連結〜越境から始める防災と福祉の連携」
境界連結という言葉がしっくりわかった分科会でした。
久しぶりに拝見しました別府市の村野淳子さんが、地元の”インクルーシブ防災”の事例をくわしく説明くださりました。
コーディネーターの立木さんがおっしゃった”フラフラする人”が越境することで連携が生まれていくというイメージもわかりました。

オンラインで学べた素晴らしい全国フォーラムでした。

 山Pi
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント