CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«☆佐賀関ローカルデザイン会議2021年3月とインターン活動 | Main | ☆水辺に遊ぶ会:三百間ビーチクリーンは中止となりました»
☆宇佐市3WAYツーリズム推進計画策定に関して農家ヒアリング [2021年03月20日(Sat)]

令和3年3月19日(金)
「合同会社まちづくり事務所まちもり」さんから委託を受けて
協働で計画策定をしている『宇佐市3WAYツーリズム』
今年度はその推進計画策定で、宇佐市内の中心的な組織などにヒアリングしてきています。
(もともと宇佐市には安心院町で日本初のグリーンツーリズム”農村民泊”が立ち上がり、長洲地区ではブルーツーリズム、そして建設予定である平和ミュージアムができたときに行う平和ツーリズム、それぞれの相乗効果を狙い活性化の起爆剤とするものが3WAYツーリズムです。その推進する組織が自立できるような計画づくり)

安心院町の中心部に登場したモニュメント
交差点の信号をなくし、ラウンドアバウトにしたところにできました。
ぶどうの産地らしくぶどう棚に似せたモチーフだとか。


IMG_3953ss.jpg

そして噂に聞いてから、ようやく訪れることができた受け入れ農家のトップリーダーである中山さんの「心のせんたく 舟板昔ばなしの家」


IMG_3954ss.jpg

実際に出された料理を見て超びっくり!
ジビエ(いのしし、シカ)のソテーやすき焼き、もちろん唐揚げもあるし、極めつけは
ここだけしか出さないという”どじょう”
どじょう1匹、うなぎ10匹といわれるくらい、この小さい体でうなぎの10倍の栄養があるといわれています。
それの唐揚げが最高に美味しかった!!!


IMG_3955ss.jpg


IMG_3957ss.jpg


IMG_3958ss.jpg

ヒアリングでなく、いつかじっくり農泊にきたいところです。

さて、農泊の事務局をしているNPO法人安心院町グリーンツーリズム研究会さんですが、
またいつかのときにその活動を報告したいと考えています。
コロナでメインにしていた教育旅行、修学旅行が昨年から受入れがなくなり、大変な状況であることは想像できると思いますが、いかにコロナ禍でツーリズムを継続していくか、重大が課題であります。
NPO支援である当方も他人事ではありませんが。

 山Pi

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント