CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

街がシアター 街がミュージアム

ワクワク・ドキドキする感動を街の中でいっぱいしたい。
大人がいきいき、楽しく遊べる街が好き。
思ったことを自分らしくそんなブログです。


プロフィール

おいちゃんさんの画像
おいちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2008年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
最新コメント
高松宮記念 2011
ワックス清掃 (03/19) クロ
盛岡を離れます (12/10) やま
盛岡を離れます (12/10) やま
老舗の居酒屋 (12/09) ほうかごゆうこ
佐賀に来てます (10/17) はなみずき
山の中のお月見 (09/23) チャビン
増殖中! (08/27) チャビン
『僕僕先生』 仁木英之(新潮文庫) (06/24) jin
伊勢海老! (02/23) ナニワ生まれの西都人
日本の古典文学 (02/23)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/oichan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oichan/index2_0.xml
Google

Web全体
このブログの中
キャベツダイエット [2008年03月21日(Fri)]
 最近メタボ気味で反省し、気候が良くなってきたので自転車通勤に切り替えようかと考えている。大体体に良くないことばかりしているのだが、特にダイエットなる物には興味を持った事もない。

 ただ、周辺にはやたらダイエットをしたがる人間も居て〔ご苦労様〕と声をかけたくなるのだが、そんな一人に我らがジニアスがいる。

 夕方から仕事で外に出ていて、問い合わせの電話を入れた。ついでに彼の家の近くを通るので「夕飯一緒にどうだ?」と聞くと、「ダメです。ダイエット中です」というすかした返事が返ってきた。「何を今更言ってるんだ」と怒ると、「ダメなものはダメです。もう2週間キャベツダイエットを実践してます」と小癪な事を言う。

 「何だそれ?」と聞くと、電話の向こうで嬉しそうに薀蓄をたれている。こっちは全然知識がないのでフムフムと聞き流し、インターネットで調べてみた。効果があるのかないのか、ジニアスの言葉では信じられない。3kg痩せたと本人は言っているがそれも信用できない。



 〔キャベツダイエット〕
 食物繊維やビタミンCなどを豊富に含み、かつ100gあたり23kcalしかないキャベツは。ダイエットには重宝する食材だそうで、そんなキャベツを積極的に利用するのがいわゆるキャベツダイエットだそうである。大別すると4つくらい方法があるらしい。

 読むと単品ダイエットという方法があるそうで、一定期間生や茹でたキャベツのみを食べるという方法だそうだ。ただし、〔キャベツだけでは生きていく上で必要な栄養素が全く足りないので一種の断食だと考えてください。〕と書いてあった。

 納得。思慮の足りないジニアスの事だからこれに違いない。何のことはない〔断食〕してるだけなのだろう。
NPO協働フォーラムin宮崎C(浅野編) [2008年03月21日(Fri)]
 「前座」は軽い肩慣らし。いわば講演前のアイス・ブレーキング。本編の講演の話。
講演は通常1時間半で行なわれるそうだが、今回は1時間。フルタイムでお話を聞きたいところです。

 浅野氏は改革派と呼ばれる知事の中ではいわば第一世代。「情報公開」を武器に県政の舵取りを行なった方という印象を単純に持っていたのだが、そこは歴戦の強者、引き出しが多彩で話術が一級品。あっという間の1時間でした。

その豊富な講演をダイジェストします。

 浅野県政の基本は「本物の民主主義」。本物の民主主義を達成する条件っていうものがいくつかあるけど基本となるものが「地方分権」と「情報公開」と「NPO」の三本柱。地方自治は民主主義の学校であり地域の底力の総体であるということに力点を置いておられました。 講演はこの三本柱を分かりやすく説く形ですすめられました。
 
ちなみに「本物の民主主義」の反対は「お任せ民主主義」と定義されました。以前、志木市の前市長の穂坂さんからも同じ話をお聞きしましたが当事者意識はこれからのキイワードですよね。本来民が主なのだが、その主たる民が他にお任せしちゃう「俺のこっちゃねぇよ」みたいな人ごと意識みたいなものが意識改革の大きな肝だと思います。

まずは「地方分権」について。浅野氏はまず住民自体が地方自治体に対して期待をしていないことを指摘され、そこから論をスタートさせました。本来自治という言葉が示すようにその地域に自治に関する権限があるはずなのにそれを霞ヶ関(国)にゆだねてしまっている事の問題を説かれました。

 地方分権とは金も権限も、地方自治体が自分の頭で考え自分の足で動いて悩みながら実行していく自由のことである。当然自分たちの責任の中で失敗もありうるが、そこに緊張感が自治体に出てくるし、緊張感の中にはNPOも含む一般市民の当事者意識も大きく関係するしそこに市民を巻き込むっていう大きな理由もある。

次回は「情報公開」と「NPO」
| 次へ