CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

街がシアター 街がミュージアム

ワクワク・ドキドキする感動を街の中でいっぱいしたい。
大人がいきいき、楽しく遊べる街が好き。
思ったことを自分らしくそんなブログです。


プロフィール

おいちゃんさんの画像
おいちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2007年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
高松宮記念 2011
ワックス清掃 (03/19) クロ
盛岡を離れます (12/10) やま
盛岡を離れます (12/10) やま
老舗の居酒屋 (12/09) ほうかごゆうこ
佐賀に来てます (10/17) はなみずき
山の中のお月見 (09/23) チャビン
増殖中! (08/27) チャビン
『僕僕先生』 仁木英之(新潮文庫) (06/24) jin
伊勢海老! (02/23) ナニワ生まれの西都人
日本の古典文学 (02/23)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/oichan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oichan/index2_0.xml
Google

Web全体
このブログの中
あの親父、変やわァやっぱ [2007年05月29日(Tue)]
 代表理事の石田から12時過ぎに電話がかかってきた。

「あの親父、変やわァやっぱ。かなわんで。今別れたっちゃけど、今年一緒に○○の事業をせんか?と言われたっちゃけど、どう思う。俺は一回がっぷり組んでやるのも面白れぇと思うっちゃけど」

 「普通じゃねぇよな。組むとなると相手が相手やからきちんとやらんとな」
 
 「じゃっとよ。師匠も別の話をさっきしてたやろ。たまにはアイデアを出さんといかんが、これは井上さんの仕事だろうって笑っちょったよ」

 二人の間で変な親父呼ばわりされていたのは、NPOの重鎮、播磨靖夫氏(日本NPOセンターの代表理事)である。播磨氏と宮崎との関係は深く、長年僕ら親しくお付き合いをさせていただいているが上記の会話は僕らの間では最上級の尊敬表現である。

 以前に「俺に面と向かって詐欺師呼ばわりして、楽しい酒が飲めたなどとほざくのはあいつぐらいだ」と苦笑いをしてらしたらしいが、無礼講どころか失礼の極みである。ところがそれに懲りずにお付き合いをしていただいているのだからありがたい話であるが、裏で「変な親父」呼ばわり(このブログを読まれることはないと思っているので勝手な事を書いているが)しているから傍から見ると忘恩の徒である。

 今回は僕はお会いする時間がなくて電話で話をしただけだったが、あの笑顔の中に時々見せる鋭い視線を思い出すとちょっと怖い。二人とも宿題を頂戴して企画を練り上げていかなければならないのだが、大先達に直接お題をいただいて企画することは楽しみでもある。
 どうなることやら・・・。
 
お引越し(開かずの間) [2007年05月29日(Tue)]
 

 先々週から2週に分けて日曜日に引越しを行なった。

 先週自分の部屋に運び込んだダンボールが山になっていて、その上に新たに荷物を搬入したので、いよいよ立錐の余地もなくなった。

 先日友人に、この話をしたら「それって必要のないものを運び込んだんじゃないの?」と指摘され、「だって基本的に本とCD・LPだから」と言い訳すると「それは部屋じゃなくて倉庫、保管」というのよ」といわれてしまった。

 僕の部屋は保管庫だったんだと初めて知った。
| 次へ