CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

街がシアター 街がミュージアム

ワクワク・ドキドキする感動を街の中でいっぱいしたい。
大人がいきいき、楽しく遊べる街が好き。
思ったことを自分らしくそんなブログです。


プロフィール

おいちゃんさんの画像
おいちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2006年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
最新コメント
高松宮記念 2011
ワックス清掃 (03/19) クロ
盛岡を離れます (12/10) やま
盛岡を離れます (12/10) やま
老舗の居酒屋 (12/09) ほうかごゆうこ
佐賀に来てます (10/17) はなみずき
山の中のお月見 (09/23) チャビン
増殖中! (08/27) チャビン
『僕僕先生』 仁木英之(新潮文庫) (06/24) jin
伊勢海老! (02/23) ナニワ生まれの西都人
日本の古典文学 (02/23)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/oichan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oichan/index2_0.xml
Google

Web全体
このブログの中
アヒル隊長と飛行機の整備不良@ [2006年10月15日(Sun)]
「助成金申請のノウハウ伝授・ブログを活用した情報公開」と題したNPOマネジメント講座は、日本財団・宮崎公立大のサポートで無事、成功裡に終了した。これもひとえに関係者のおかげである。こころから御礼申し上げます。宮崎に50名近くのブロガーが誕生したことは大きな成果である。この新人ブロガーの活躍が楽しみであり、宮崎からの情報発信に期待したい。(ここまでが公式文書)

 ところがである(変な接続詞の使い方だが気にしないでいただきたい)。ここに講師としてアヒル隊長が登場している。本来彼はここに居てはいけなかった。彼は放浪の旅に出るはずだったのである。

 講座開始直前の打ち合わせをしているおぎちゃんの元に1通のメールが入る。差出人はまだ会場に現れないアヒル隊長である。「どうしても講座開催中に宮崎に入れません。申し訳ありませ。(中略)責任を取って懺悔の旅にでます」。講座は荻上・井上でしのぎ、講座終了後にアヒル隊長探索プロジェクトを立ち上げ、カンパンブログを使った「アヒル隊長を探せ」キャンペーンが展開されるはずだった。

 話はさらに一夜さかのぼる。講座についての打ち合わせの後、事務局高妻と荻ちゃん、公益・ボランティア支援グループの粟津さんの4人で盛り上がっていた。酒の肴は当然その場に居ないアヒル隊長である。

 まず確認するが、アヒル隊長が前日宮崎入り出来なかったのは、彼には何の責任も無い。無いどころか彼は飛行機を変更して福岡まではたどり着いていたのである。責任は飛行機の整備不良で宮崎便の運航取り消しにあった。ではあるが飲み座の我々には関係ない。これからのアヒル隊長の行動に話題が集中した。その時点でアヒル隊長には2つの選択肢があった。

 @ そのまま福岡に一泊して、翌朝宮崎入りする。
 A 空港からタクシーに乗り込み、深夜3時間半のタクシーのドライブ(料金は航空会社が負担)という通常では出来ない体験をしつつ宮崎入りする。

であった。

 人に出来ない経験は金を払ってでもやってみよう的精神の持ち主4人は即座にタクシー案に賛同(何せ金がいらない)した。「せっかく宮崎に到着してないのだから、いっそこのまま失踪させよう。その上でブログを使った捜索活動キャンペーンをはろう。明日はブログの活用講座だから実践事例にもなる!!」という乱暴な意見を出したのは当然小生である。「NPO的企画の発案現場に立ち会ってる」とウハウハ喜んだ荻ちゃんはその案に乗った。

 その場で「アヒル隊長を探せキャンペーン企画会議」が招集された。緊急会議議長並びに私設カンパンブログ活用促進委員会会長に小生が就任した10秒後(本当!!)にアヒル隊長からの電話が荻ちゃんに入った。企画会議の内容を伝えた荻上副議長兼事務局長は電話を小生に回した。小生は厳かに業務命令を発した「そのままタクシーに乗り、失踪すべし。その後の行動計画及び予算計画は荻上事務局長からの指示に従え。」
| 次へ