CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

街がシアター 街がミュージアム

ワクワク・ドキドキする感動を街の中でいっぱいしたい。
大人がいきいき、楽しく遊べる街が好き。
思ったことを自分らしくそんなブログです。


プロフィール

おいちゃんさんの画像
おいちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2006年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
高松宮記念 2011
ワックス清掃 (03/19) クロ
盛岡を離れます (12/10) やま
盛岡を離れます (12/10) やま
老舗の居酒屋 (12/09) ほうかごゆうこ
佐賀に来てます (10/17) はなみずき
山の中のお月見 (09/23) チャビン
増殖中! (08/27) チャビン
『僕僕先生』 仁木英之(新潮文庫) (06/24) jin
伊勢海老! (02/23) ナニワ生まれの西都人
日本の古典文学 (02/23)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/oichan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oichan/index2_0.xml
Google

Web全体
このブログの中
みやざきNPOハウス物語B [2006年08月18日(Fri)]
平成14年9月(日にちは覚えていない)、石田から電話が入った。

「師匠どこにいる?時間があったら物件見にいかん? 今からこっちにこれんかなぁ。合流して見に行こう」
「物件?? 何の話よ?」
「県の企業局の独身寮が借り手を探してるんだって。入居者が居なくて何ヶ月も閉鎖されてるんだって。宮大なんかにも声を掛けたけど断られて、大手の建設会社にも断られたって話なんだけど・・・。まぁ見てみらん?」
「独身寮がいろんなとこに電話しまくってるわけ?」
「そんなわけないやん。独身寮の右手の人差し指ってどこにあると思う?電話できるはずがないやろ」
「アンドレ・ザ・ジャイアントと一緒なんだ。小指も電話のダイヤルに入んなくて番号が回せなかったらしいよ。赤坂のドイツパブのママさんに直接聞いた話だから間違いないよ・・・」
「来るの? 来ないの?」

 こんな時の石田は動きが早い。さっと行動に移す。悪く言えば何も考えてない。結果的には熟考した結果のように見えるがあくまで後付けであり、動きながら形にしていくケースが多い。みやざきNPOハウス誕生の決め手になったのはピンポンだった。
 表の門には柵がしてあり、鍵もかかっていたが、裏はかつてテニスコートが整備してあったのを駐車場として使用されており3台駐車してあった。裏からの出入りは自由だった。

「浮浪者なんかが入ってる形跡はないね。煙草の吸殻も溜まってないし、めちゃくちゃきたなくもないし、思ったより古くもないね。 鍵は?」
「あるわけないやん。まだなんも答えてないっちゃから。今日は外観を見て、使えそうかどうか検討して、それから企業局に話をして中を見せてもらうのが順序やろ。そう思わん?相手は行政よ。一足飛びに話が進むわけないやろ・・・ 結構古いよ。20年は経ってるっちゃないやろうか?」
「そんなもんかなぁ〜。家賃はどのくらいになるって? だいたいどっからの話よ?」
「師匠たちと四国に行ったMさんから今日電話があって、Mさんが親戚の人からここの借主に適当な会社がないか相談されて、うちが頭に浮かんだんだって。県の持ち物やから浮浪者なんかの治安が一番の問題で、後は毎年支払う固定資産税分を稼げればいいらしいよ。○百万くらい。独身寮だったから、風呂と台所と食堂と管理人室が1階にあって、間取りは本間の6畳に縁側が付いてるって。トイレは各階共用で部屋には洗面台が付いてるって」

  2人で外から窓越しに中を覗いていったが、よくわからない。きれいではなかった。食堂は50畳くらいの広さがあり、シャンデリアがついている。壁際に卓球台がしまってあった。
 「おい、毎日卓球できるよ」
「あれ、師匠卓球やるって言ってたっけ。こないだ窪塚見たからやろ?」
「・・・、でもシャンデリアの下で毎日卓球やるっていいと思わん? 俺、シャンデリアの下でやる卓球は好きよ!」
「勝手にやって!」

(注)アンドレ・ザ・ジャイアント:プロレスラー。身長約223センチ、体重が236kgで大巨人、人間山脈の異名をとった巨漢レスラー。デビュー時のリングネームはモンスター・ロシモフ。とにかくでかかった。アンドレの伝説でレストランで「仕込んだ料理とビールは全部平らげるから店を閉めてくれ」と店側と交渉し本当に全部食べた。という話がある。この話も本当の話だそうだ。

(注)赤坂のドイツパブ:自転車振興会の隣のビルの地下にあった「ルディー」という店。
この店で「リリーマルレーン」を初めて聞いた。ビール特大ジョッキお客さん全員回しのみ、「乾杯の歌」大合唱付きというのも初体験だった。親友とシュナプス(ヨーロッパ版焼酎)の飲み比べをして、小生早々にダウン。奴は美味い美味いと調子にのり、帰りは高円寺迄電車が駅で止まるたびにホームのゴミかごにはき続けた。
台風10号の被害 [2006年08月18日(Fri)]
 台風の被害はなかったでしょうか?もし被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。また、今後の台風の進路にお住まいの方にはくれぐれもご注意をお願いいたします。 

 今回の台風10号は小型で暴風域もなく、安心していた。宮崎には午前1時頃に上陸ということだったが、それらしい気はしなかった(少なくとも僕は)。今回は被害は少ないだろうと思いつつ西都市の考古博物館に打ち合わせに行ったのだが、結構大きな木が倒れていたり枝が折れたりしていてびっくりである。自然の力は侮れない事を再認識させられた。

 西都原古墳群には遺構保存覆屋という建物がある。これは南九州独特の様式である地下式横穴墓という古墳(酒元ノ上横穴墓群)をすっぽり建物で覆っているので「覆屋」と呼んでいる。ここの事務室にはサーバーが設置されているのだが、台風で屋根が壊れ、室内は水浸しでPCは全部だめになってしまった。

 「穴があいたのが横穴墓群の上じゃなくてよかった。PCは買い換えればすむからね」というスタッフの声があった。昨日PCが壊れたと大騒ぎした身としては複雑ではあったが、たしかに7世紀前に造られた遺物とくらべるとね・・・。困った
| 次へ