CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

街がシアター 街がミュージアム

ワクワク・ドキドキする感動を街の中でいっぱいしたい。
大人がいきいき、楽しく遊べる街が好き。
思ったことを自分らしくそんなブログです。


プロフィール

おいちゃんさんの画像
おいちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2006年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
高松宮記念 2011
ワックス清掃 (03/19) クロ
盛岡を離れます (12/10) やま
盛岡を離れます (12/10) やま
老舗の居酒屋 (12/09) ほうかごゆうこ
佐賀に来てます (10/17) はなみずき
山の中のお月見 (09/23) チャビン
増殖中! (08/27) チャビン
『僕僕先生』 仁木英之(新潮文庫) (06/24) jin
伊勢海老! (02/23) ナニワ生まれの西都人
日本の古典文学 (02/23)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/oichan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oichan/index2_0.xml
Google

Web全体
このブログの中
都城市NPOスキルアップ講座 [2006年08月06日(Sun)]
 

 都城市は一昨年前から、市民活動推進の為の講座を開催しているが、今年度は4回の連続講座を「NPOスキルアップ講座」と銘うって行う予定だ。

 初回の今日は宮崎県NPO活動支援センターの「NPOマネージメント基礎講座」との共催という形で行った。「コミュニティ・ビジネスという言葉を知ったがNPOと関係あるらしいので参加した」という人から、NPO法人申請中の団体関係者、すでに活動をしている人と多彩な顔ぶれに対して「NPOの基礎知識」の講座を行ったが、参加動機の違いは問題意識にも当然直結するので、今後の講座の内容にも反映させていこうと思っている。

 日曜日の昼間の講座に参加してくれた人たちに、どれだけのお土産を持って帰ってもらえたかなどの反省会を、同行の文化本舗スタッフとコーヒーを飲みながら行ったのだが、終わったとたんに寝てしまった。

 講座の前に腹ごしらえと、アンテナにかかりそうな店を探していると、「月の骨」という小じゃれた(この言葉はまだ生きてるのだろうか?)店を見付けた。店の一番奥に結婚式の衣装が展示してあり、客が1人も居なかったので失敗したかと思ったのだがスタッフの対応も良く、美味しいランチにありつくことが出来た。店を出るときに気付いたのだが、夜はJAZZのライブも行うらしく、要チェックの店かもしれない。帰るときには満席になっていた。

注文したのは「焼きカレーのランチセット」写真にはないが前菜も一工夫があり美味しかった。
サマータイム@ [2006年08月06日(Sun)]
 

 宮崎は今日も暑い。まさに真夏の一日「サマータイム」である。

 そこで、大好きな曲「サマータイム」(Summertime)である。

 この曲、誰がなんと言おうとジャニス・ジョプリンである。現在40歳以上の元ロック小僧は大きくうなづくはずである。魂を搾り出すような「サマ〜」というジャニス歌声に涙しなかった奴はいないと断言しよう! しかし、しかしであるが、この名盤「チープスリル」を何度も聞くうちに小生ちょっとした違和感を感じていた。

 このアルバムは1968年フィルモア録音のライヴ・アルバムで「心のカケラ」「愛する人が欲しい」という名演があるのだが、圧倒的に「サマータイム」が格好いいのである。かっこよすぎるのである。ビッグ・ブラザー&ホールディング・カンパニーの演奏に比べてセンスが良すぎると感じてしまっていたのだが、5年前に仲間内のパーティーでニーナ・シモンの演奏を聴いたときに長年の引っ掛かりが氷解した。アレンジが寸分違わない。「そうか演奏はパクッていたのか。そうだよねカッコよすぎたもんな〜」でもそれを知った小生は「そうか・・・、お前達も悩んだんだよな。で、カッコいい演奏聴いちゃったもんだから飛びついちゃったんだよな。わかるわかる」と妙な納得をしてしまった。我田引水という。
| 次へ