CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

街がシアター 街がミュージアム

ワクワク・ドキドキする感動を街の中でいっぱいしたい。
大人がいきいき、楽しく遊べる街が好き。
思ったことを自分らしくそんなブログです。


プロフィール

おいちゃんさんの画像
おいちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
最新コメント
高松宮記念 2011
ワックス清掃 (03/19) クロ
盛岡を離れます (12/10) やま
盛岡を離れます (12/10) やま
老舗の居酒屋 (12/09) ほうかごゆうこ
佐賀に来てます (10/17) はなみずき
山の中のお月見 (09/23) チャビン
増殖中! (08/27) チャビン
『僕僕先生』 仁木英之(新潮文庫) (06/24) jin
伊勢海老! (02/23) ナニワ生まれの西都人
日本の古典文学 (02/23)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/oichan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oichan/index2_0.xml
Google

Web全体
このブログの中
セーラ講演会 [2007年10月31日(Wed)]

 小さな町の大きな挑戦

 青い目の台風娘が、宮崎上陸!

 セーラ・マリ・カミングスさんを講師に、小布施町の成功事例を学んでます。
みやざきグリーン・ツーリズムシンポジウム [2007年10月30日(Tue)]
 グリーン・ツーリズムは、都市住民が農山漁村に滞在しながら、地域住民との交流の中で豊かな自然に触れたり、農村の生活を実際に体験する新しい余暇の過ごし方です。
 都市住民に対し「ゆとり」と「やすらぎ」のある空間を提供するだけでなく、様々な交流の機会を通じて地域の住民が地元の魅力を再認識する契機となるなど、地域活性化を図る有効な手段として注目されています。

 今回のシンポジウムは単にGTの振興と言うより、GTを一つのツールとして、農山村の地域おこしを行っていこうという趣旨で開催されます。

 日 時   平成19年11月1日(木)〜2日(金)
         ※シンポジウムは1日のみ、2日は希望者による体験講座

 会 場 シンポジウム:都城市中郷地区市民交流センター多目的ホール
              都城市安久町6623番地(電話:0986-39-0713)
 
意見交換会: 「農家伝承の家」
              都城市安久町1227番地1(電話:090-3609-1559)
        
体験講座:       @柿酢づくりと柿さわし(しぶ抜き)を学習体験
              Aフラワーアレンジメント体験
   Bごんだのかねん汁(しゅい)、がねづくり体験

主 催   宮崎県

 協 力 都城市、宮崎グリーン・ツーリズムネットワーク交流会

 参加費 シンポジウムは無料 
    ※宿泊、交流会並びに翌日の体験講座への参加は有料

 問合せ先 宮崎県農政水産部地域農業推進課むらづくり推進担当
  担当:假屋、城ヶ崎
 〒880−8501 宮崎市橘通東2−10−1
    電話(0985)26−7126 FAX(0985)26−7332

 詳細はPDFファイルをご確認下さい。

                                  
セーラが宮崎にやってくる [2007年10月29日(Mon)]
 宮崎県は東国原知事のもと、観光客5%アップを達成するための、人材育成事業として
「宮崎観光塾」を行なっています。その企画・運営を宮崎文化本舗が行っていますが、今回はその拡大編として公開講座として実施いたします。

 まちづくりに興味のある人は聞いたことがあるでしょう、小布施町で行なわれた「オブセッション」の話。金髪、青い目の爆弾娘のうわさ話。

 そのセーラが宮崎にやってきます。
 小生は司会進行と意見交換会をお手伝いします。NPO学会でお話をしたのですが、ユーモアたっぷりでおちゃめだけれど、ちょっぴり毒もある魅力的な人でした。 

 長野県小布施町を舞台に、「台風娘」の異名をとる行動力で周囲の人々を巻き込み町おこしと失われつつある日本文化の復活に精力的に取り組んでいるセーラ・マリ・カミングスさん。 
 その“仕掛け方”の秘訣を学ぶ絶好の機会です。

宮崎県観光地づくり講演会

『小さな町の大きな挑戦〜小布施町、その成功の秘密〜」

講師:セーラ・マリ・カミングス氏


開催日時:平成19年10月31日(水)
       13:00〜受付  13:30開演
会   場:宮崎県自治会館5F大ホール(宮崎県庁本館の東側)

お申込み・お問合せはメールでお願いいたします。
特定非営利活動法人 宮崎文化本舗     
〒880-0805 宮崎市橘通東3丁目1番11号アゲインビル2F 
TEL 0985-60-3911 FAX 0985-28-1257 
E-mail:office@bunkahonpo.or.jp URL:http:www.bunkahonpo.or.jp
担当:石田、又は谷口まで

締切日:2005年10月30日(火)
※ただし、定員50名になり次第締め切らせていただきます。


宮崎観光塾 [2007年10月04日(Thu)]
宮崎はかつて新婚旅行のメッカでした。今は東国原知事誕生であらたな観光ブームがおきてます。
でも、本当に必要なのは地域の人の力とリーダーの存在です。
今日は観光コーディネーター養成の為の講座です。
みやざきアートフェスティバル [2007年10月02日(Tue)]

 宮崎アート・フェスティバルという、今まで各々の市民活動団体が独自で開催していたイベントを、民間の資金を活用(企業のメセナ活動の資金)して、後方(広報活動など)支援を行なう活動を始めている。

 8つのイベント(コンサートあり写真展あり、子どものためのワークショップありetc...)をまとめて.「宮崎アート・フェスティバル2007」と銘打っての活動である。

 MAMA(宮崎アート&ミュージック協会)という市民団体と(NPO)宮崎文化本舗の共催事業として行なっているが、実質は各実行委員会の独自事業をサポートするためのネーミングである。

 宮崎のまちがワクワク・ドキドキする街であってほしいとの願いからの活動だが、本格的にイベントが開始するのは11月から。プレミアム。チケットも若干残ってます。

 芸術の秋をお楽しみ下さい。
ストリート音楽祭余話 [2007年05月06日(Sun)]
ヘロヘロ後日談。

 第2回みやざきストリート国際音楽祭は2年続けての雨天開催となり、スタッフの中では悪者探しに花が咲き、実行委員長や事務局長の名が出ましたが「デュトアかもしれない!!」との結論をみました(彼が雨男かどうかの確認はとれてない)。

生憎の雨でしたが、それぞれのステージで市民の方もいろいろなジャンルの音楽に触れられ楽しんでいただいたようでした。
 四季モールでもお客さんの笑顔がいつまでも残るステージでした。

 ところでいつもは雨などで予定が変更になった場合、事務局には苦情の電話が殺到するのですが、今年はそれがなかったそうです。アクシデントを想定してスケジュールや広報体制をつくった実行委員会の努力のたまものだったと思います。

 実行委員、ボランティア、協力してくださった皆さん、そしてお客さん。ありがとうございました。
頑張って! [2007年05月04日(Fri)]

 明日のストリート音楽祭の 最終マニュアル作成中の事務局石田と高妻。
皆が寝静まっても作業は続くはず。

君らはエライ〓 小生ぐっすり眠れそうだ。ワリィね〓
みやざき国際ストリート音楽祭 [2007年05月02日(Wed)]

 
第2回 みやざき国際ストリート音楽祭

 
 大きな名前を付けたものである。宮崎市のメインストリート「橘通り」を7時間も歩行者天国にして、5つのステージが展開される。

 シャルル・デュトア指揮の「兵士の物語」がメインステージ(クラシック)となるが、他のステージは各ステージ毎にメインゲストは迎えるものの、他の出演者は宮崎のミュージシャンや宮崎ゆかりの人たちが出演するまさに手作りのステージが展開される。

 正直に言ってシャルル・デュトア指揮という看板があって、とりあえず「国際」色があるが内実は「国際」にはほど遠いのが現実である。しかし、しかしであるがモンタレーやシカゴのような世界的に有名な音楽フェスティバルを市民の手で育てようという意気込みは「良し!!」と思いませんか?

 フィナーレは宮崎市内の6つの吹奏楽団(消防や警察の音楽隊、高校、小学校など)に、経験・楽器は一切問わない(ごめんなさい打楽器は除きます)市民参加の「みんなでつくる演奏会 in みやざき」 が飾ります。デュトアも参加して指揮を振る予定です

 宮崎には、音楽の咲く季節があります。なんかワクワクしませんか? 是非ご参加下さい。
 
ヘロヘロ代表理事 [2007年05月01日(Tue)]

 宮崎ストリート音楽祭が今月五日に開催されるが、裏方は大忙し。事務局長はボランティアの振り分けや役割分担など、マニュアル作りで徹夜だったらしい。

 昨年は雨にたたられ、歩行者天国が中止になり残念な結果だったが、今年はリベンジ!!商店街も燃えてます。その中で多くの裏方が実行委員会を作って走り回ってますが、予算が厳しかったり、警察など関係部署との折衝など多くの山を越えてきました。

 本番に向けて大切なことは「おもてなし」の心。ボランティア・マネージメントはイベントの行方を大きく左右します。その大役を一手に引き受けているのがこの顔。どこかで見たことがあるかも・・・。NPOの世界ではけっこうな有名人です。

まだ、ヘロヘロ度合いが薄い気もしてますが、当日にどんな顔つきになっているかに興味が集中してます(我々の仲間内では)。

頑張れ!!と能天気な声援を送るおいちゃんです。

 あんたは何をするの?という声が聞こえそうですが、おいちゃんは面倒くさいことは離れて、「青空」と題するステージの舞台監督をします。ごった煮のステージになる予定です。うち
夜の植物園 [2007年04月28日(Sat)]
ジャズ・キャンドル ナイト!
人工の照明は一切消して、月明かりとキャンドルの中で、アコースティックな音と花の香りのコラボです。