CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

街がシアター 街がミュージアム

ワクワク・ドキドキする感動を街の中でいっぱいしたい。
大人がいきいき、楽しく遊べる街が好き。
思ったことを自分らしくそんなブログです。


プロフィール

おいちゃんさんの画像
おいちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
最新コメント
高松宮記念 2011
ワックス清掃 (03/19) クロ
盛岡を離れます (12/10) やま
盛岡を離れます (12/10) やま
老舗の居酒屋 (12/09) ほうかごゆうこ
佐賀に来てます (10/17) はなみずき
山の中のお月見 (09/23) チャビン
増殖中! (08/27) チャビン
『僕僕先生』 仁木英之(新潮文庫) (06/24) jin
伊勢海老! (02/23) ナニワ生まれの西都人
日本の古典文学 (02/23)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/oichan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oichan/index2_0.xml
Google

Web全体
このブログの中
衆議院議員総選挙の今昔 [2009年07月01日(Wed)]
 今日7月1日は第1回の衆議院(帝国議会)議員の総選挙があった日である。1890年(明治23年)のことだから109年前のことである。

 先日、東京で自己紹介をした折に「お騒がせをしている宮崎から来ました」というと参加者から失笑が聞かれた。言うまでもなく衆議院議員選挙のゴタゴタが皆さんの頭にあったからである。

 100年前の総選挙と今回では比べる事が出来ないが、制度を見ると、
  小選挙区制で(1部2人区制)
被選挙権 –士族か平民(2世議員などの議論は当然なし)
  選挙権 - 直接国税15円以上納税の満25歳以上の男性
                 (有権者数450,872人で全人口の約1.13%)

 という大きな変化がある。女性の参政権や1票の地域格差(明治は都市部の議員の方が極端に当選しやすかった)など現代では制度自体は大きく民主化されたのだが、それでは政治自体が改善されているのかとなると大きな疑問がある。

 今日の新聞では、宮崎県知事を大臣に据えて、選挙の顔にしたいという自民党の意図が報道されているが、県知事と大臣の二足の草鞋でいくのか(法的には問題ないようだし、知事本人は自分の能力なら可能という判断をされているという報道も聞いたが)、任期途中で知事を辞任するという戦略なのかよくわからない。
 
 ただ、民意はどこにもないように思うのだが、民意を問うのが選挙じゃなかったのだろうか? 明治のむかしから「無理を通せば道理が引っ込む」という言葉はあったが、有権者不在のドタバタ劇の主人公の皆様はこの言葉をどのように解釈していらっしゃるのだろうか?
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント