CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

街がシアター 街がミュージアム

ワクワク・ドキドキする感動を街の中でいっぱいしたい。
大人がいきいき、楽しく遊べる街が好き。
思ったことを自分らしくそんなブログです。


プロフィール

おいちゃんさんの画像
おいちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
最新コメント
高松宮記念 2011
ワックス清掃 (03/19) クロ
盛岡を離れます (12/10) やま
盛岡を離れます (12/10) やま
老舗の居酒屋 (12/09) ほうかごゆうこ
佐賀に来てます (10/17) はなみずき
山の中のお月見 (09/23) チャビン
増殖中! (08/27) チャビン
『僕僕先生』 仁木英之(新潮文庫) (06/24) jin
伊勢海老! (02/23) ナニワ生まれの西都人
日本の古典文学 (02/23)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/oichan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oichan/index2_0.xml
Google

Web全体
このブログの中
マイケル・ジャクソンやすらかに [2009年06月26日(Fri)]
 多分80年代のポピュラー音楽シーン最大のスターの一人、マイケル・ジャクソンが亡くなった。
 個人的には兄弟グループ「ジャクソン5」の頃のレコードは持っているがソロのマイケル・ジャクソンのアルバムは1枚も持っていないし興味もなかったから、音楽的にもゴシップ的なスキャンダルにも関心がなかった。

 ただ、昔マスコミなどからよってたかってバッシングを受けたときに「僕は普通の人が家族そろって楽しんだり、大切な時間を一緒にすごすときに、自分はずっと子供のときから自分の家族の団欒という時間は全然なくて仕事をし続けていたんだ。普通の人が楽しむことを供給する側にいたんだ」みたいなことを言っていた。うろ覚えなんだけど大筋はこんなことを言っていたのを記憶している。

 度重なる整形手術や白人になりたい(のだろう)という行動や、チンパンジーを異常に可愛がって遺産相続に指定したり(すぐに遺言は書き換えられたらしいが)と奇行が目立っていたが、大スターというプレッシャーや家族・友人との関係の希薄さなどが重なって、自分の壁の中に隠れこんで震えていたのだろう。

 死という人生の最後で初めて普通の人間に戻れたのだろうか、平穏を手に入れられたのだろうか? マイケル・ジャクソンの魂が安らかであることを祈りたい。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント