CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年08月28日

第2回思考法・発想法を鍛えるオンラインワークショップ(参加無料)

第2回「思考法・発想法オンラインワークショップ」チラシ2021082608-28-202101.jpg
第2回思考法・発想法を鍛えるオンラインワークショップ(参加無料)

お蔭様を持ちまして申込定員に達しましたので、参加募集を締め切りました!!

本ブログで何度となく紹介しています質的統合法(KJ法)実践の
第一人者の山浦晴男先生によるオンラインワークショップです。

「実態の把握を踏まえ、深く考えるための【ロジカル・ブレスト法】」
「問題や課題の解決策や何らかの結論を導くための【コスモス法】と
呼ばれる企画立案の手法を学び演習する2日間のワークショップ(参加無料)です。
(2021年2月に第1回を開催し、今回が2回目です。)

思考法・発想法を鍛えるオンラインワークショップ
【趣旨】
 近年、大学教育、学校教育では、文理融合教育やSTEAM教育が推奨され、
 特定の分野に限らずに必要とされる「思考法」「発想法」を
 身に付けることが大事になっています。
 高校教育改革が進む中で、大学における初年次教育のバージョンアップが必至です。
 特に、「思考や発想の型」を早いうちに修得しておくことが専門教育を
 学ぶ上での重要な基礎になります。
 以上の観点から、質的統合法(KJ法)実践の第一人者である山浦晴男先生を講師に
 お招きし、思考法の構造を体得できる「ロジカル・ブレスト法」、
 アイデア発想や俯瞰力を高める「コスモス法」について
 ワークショップを通して学びたいと思います。

【日程】9月18日(土)10:00〜16:30、19日(日)10:00〜16:30
【対象】エクセルを操作できる方であれば、どなたでも参加可能(無料)
【定員】20名
【内容】
 
9月18日(土)10:00〜16:30
 10:00〜10:40事前講義
 10:40〜12:00ロジカル・ブレスト法演習(個人演習)
(お昼休憩)
 13:00〜15:00ロジカル・ブレスト法演習(グループ演習)
 15:00〜16:00グループ演習発表・交流
 16:00〜16:301日目の振り返りと2日目の連絡事項

9月19日(日)10:00〜16:30
 10:00〜10:30事前講義
 10:30〜14:30コスモス法演習
(途中、適宜、お昼休憩)
 14:30〜16:00成果物発表
 16:00〜16:30全体振り返り

【申込条件】2日間両日参加できること。ご自身のパソコンにてエクセル操作できること。
【申込方法】参加ご希望の方は、下記のチラシに記されたURL又はQRコードにてアクセスし、
必要事項を記入の上、9月10日(金)までにお申込みください。
参加申込者には、別途、Zoomアドレスをメールにてご連絡いたします
参申込サイト https://forms.gle/wshBHkHARwv4pLww6

●第2回思考法・発想法を鍛えるオンラインワークショップのチラシ
 第2回「思考法・発想法オンラインワークショップ」チラシ20210826.pdf


※本ワークショップは、JSPS科研費(課題番号20K02969)の助成を受けて開催します。
【問い合わせ先】
金沢大学教学マネジメントセンター 林透
toru-h@staff.kanazawa-u.ac.jp
主催者の金沢大学 林透教授は、2018年から「あわの農山漁村(ふるさと)魅力創生事業」による地域再生寄り合いワークショップに講師として参加されています。

■講師:山浦晴男先生 情報工房代表
千葉大学大学院特命教授
長野県生まれ。中央大学卒。創案者川喜田二郎氏のもとでKJ法の研究と普及に20年間従事。
その後情報工房を設立、企業・行政・医療機関の人材育成や組織活性化、地域再生支援に携わる。
近著『発想の整理学AI に負けない思考法』(ちくま新書)が2020年7月6日に発刊。

創造的思考法「質的統合法(KJ法)」が、先の見えない時代に活きる
山浦 晴男(千葉大学大学院看護学研究科 特命教授、情報工房 代表)
2020年12月号
https://www.sentankyo.jp/articles/d7f982c7-bb8e-44f7-861d-47a6d234ce7b

月刊 AFCフォーラム 2013年4月号 
特集 今、シニア社会と向き合う のP7〜P10
「内発力引き出す過疎地域再生ノウハウ」山浦 晴男
過疎地域の再生には、住民みずからが考え実行する「内発力」がカギだ。
実際の事例を基に、将来への合意形成や地域おこしのノウハウを紹介する。
https://www.jfc.go.jp/n/findings/afc-month/pdf/AFC_Forum1304.pdf


関連情報
 ・【深く考える】
  https://blog.canpan.info/ohrai/archive/372
 ・【正解の無い問題を解いていくがごとし】
  https://blog.canpan.info/ohrai/archive/313
 ・【考えることは人間らしさの重要な要素! 】
  https://blog.canpan.info/ohrai/archive/311
 ・【今回学んだのは、「コスモス法」という考え抜く技術である】
  https://blog.canpan.info/ohrai/archive/128


429






posted by オーライ!ニッポン会議 at 11:30| 住民主体のワークショップ

2021年08月27日

第18回オーライ!ニッポン大賞受賞パンフレットの内容を公開(PDF)

第18回オーライ!ニッポン大賞受賞パンフレットの内容を公開(PDF)


dai18kai08-26-202101.jpg


オーライ!ニッポン会議 (代表 東京大学名誉教授 養老 孟司)は、
都市と農山漁村を往来する新たなライフスタイルの普及や定着化を図るため、
日本各地で都市と農山漁村の交流を盛んにする活動に積極的に取り組んでいる団体、
個人を表彰する「第18回オーライ!ニッポン大賞」を実施しました。
この度、受賞者の概要を記した内容をWEBにより発信いたします。

第18回の今回は、
オーライ!ニッポン大賞53件、ライフスタイル賞10件、
応募者数合計63件の中から12件が
審査委員会(委員会長 安田 喜憲)で選ばれました。

新型コロナウイルス感染症の流行により「三つの密」の回避や
県をまたいでの移動自粛などにより都市農村交流事業や農山漁村体験学習機会の中止、
延期が多数発生しました。
そこで、コロナ禍の取り組みを将来へ繋げていくような新たな展開の芽を育てたいと考え、
新型コロナウイルス感染症蔓延禍の中で、心が折れそうになりながらも、
なんとか新たな取り組みをはじめている関係者を讃え応援しようと
「交流イノベーション部門」創設しました。

また、コロナウイルス禍により交流事業が停止・延期しているなど、
対前年比を大きく下回る団体についても過去の取り組みを中心に評価いたしました。
全体の応募数は、対前年比67%にとどまりましたが、
初応募は46件(73%)と前回の34件(36%)よりも大幅に増加、
再応募は17件(27%)。

部門別では、学生若者カツヤク都市のチカラ部門 24件
交流イノベーション部門(コロナ禍での工夫等) 29件
農山漁村イキイキ実践部門 34件

そして、これまでの累計応募数は、
オーライ!ニッポン大賞1770件(受賞者数199件)
ライフスタイル賞大賞272件(受賞者数72件)となりました。

dai18kai08-26-202116.jpg

オーライ!ニッポン大賞グランプリ(内閣総理大臣賞)に輝いたのは、
一般社団法人 竹田文化共栄会(福井県坂井市)、800年の歴史を有する中山間地域です。
他の農山漁村と同様に、人口減少、高齢化が進み、住民総意で小中学校を閉校にしましたが、
その後地域の活動の火を消さないためにも住民や部外者の学生も参加して
地域ビジョンをまとめました。
自分達の地域をどうするのか、自らの意思や考えを共有しつつ合意形成を得て
活動を導きだしたのです。
その結果として交流人口等の増加、雇用増、女性の雇用と活躍等々で大きな成果を挙げています。

その他各賞は、【オーライ!ニッポン大賞】は3件
NPO法人 自然史データバンクアニマnet(栃木県栃木市)
元沼津市地域おこし協力隊 青山沙織(静岡県沼津市)
有限会社 兵吉屋(三重県鳥羽市)

【オーライ!ニッポン大賞 審査委員会長賞】は4件
認定NPO法人サービスグラント(東京都渋谷区)
NPO法人小さな村総合研究所(山梨県丹波山村)
NPO法人Peace & Nature(兵庫県神戸市)
ロコネクト合同会社(山口県周防大島町)

【オーライ!ニッポン ライフスタイル賞】は4件
寺内昇さん・寺内郁子さんご夫婦(北海道北竜町)
門脇富士美さん(秋田県仙北市)
坂勝さん(千葉県匝瑳市)
水野裕之さん(愛媛県宇和島市)が選定されました。

受賞されました皆様おめでとうございます。
惜しくも受賞を逃された皆様の中にも魅力的な取組が
数多くございました。
今後、さらに充実した活動を継続されて再度のご応募いただきますよう、
心からお待ちいたしております。

※7月に、開催を企図していた表彰式は、誠に残念ながら
 新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策の観点から開催を中止しました。

第18回オーライ!ニッポン大賞受賞パンフレット
dai18kai.pdf


■【都市と農山漁村を双方向で行き交うライフスタイルを実現】するために優れた取り組みを
 表彰するオーライ!ニッポン大賞の過去の受賞者(第11回から17回)
 の受賞パンフレットの内容(PDF)
 
 第17回 第17回オーライニッポン大賞受賞パンフレット.pdf
 第16回 https://www.kouryu.or.jp/wp-content/uploads/2019/03/16thohraibrochure.pdf
 第15回 https://www.kouryu.or.jp/wp-content/uploads/2018/11/dai15kai.pdf
 第14回 https://www.kouryu.or.jp/wp-content/uploads/2017/12/dai14kai.pdf
 第13回 https://www.kouryu.or.jp/wp-content/uploads/2018/11/dai13kai.pdf
 第12回 
  https://www.kouryu.or.jp/ohrai/a51k29000000iwkg-att/a51k29000000iwsk.pdf
 第11回
  https://www.kouryu.or.jp/ohrai/a51k290000007na9-att/a51k290000007qqs.pdf



428

posted by オーライ!ニッポン会議 at 00:04| オーライ!ニッポン

2021年08月26日

「第17回 ふるさと回帰フェア2021」が開催されます!

スライド1.JPG


「第17回 ふるさと回帰フェア2021」が開催されます!

ふるさと回帰フェアとは「移住」「地方暮らし」や「ふるさとへの回帰」を考えている皆様を対象としたイベントであり、全国約47都道府県、自治体・NPOなどが移住相談コーナー、ふるさとの特産品などのコーナーを設けるイベントです。
ライフスタイルを見つめなおし、都市と農山漁村の新しい関係(交流)を通じて考え直すことのできる場をご提供します。

■日時:2021年10月17日(日)10:00〜16:30
■会場:東京国際フォーラム ホールE、ロビーギャラリー
 前夜祭も開催決定
■日時:2021年10月16日(土)時間未定
■会場:東京国際フォーラム ホールB7

※詳細は決まり次第こちらのホームページ等でお知らせいたします
※新型コロナウイルス感染拡大の状況により変更等の可能性があります。何卒ご了承ください。
https://www.furusatokaiki.net/about/fair/

認定NPO法人ふるさと回帰支援センター事務局
TEL:03-6273-4401
FAX:03-6273-4402
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8F
E-mail info@furusatokaiki.net
営業時間:10:00〜18:00 火〜日曜(定休: 月・祝)






427
posted by オーライ!ニッポン会議 at 10:30| 犬も歩けば棒に当たる

2021年08月25日

「アイランダー2021」は今年もオンラインで開催されます。!

スライド1.JPG

「アイランダー2021」今年もオンラインで開催されます。!
WEBサイト http://i-lander.com/ (公開準備中 9月19日現在)

アイランダーとは、全国の離島が一堂に会し開催されるイベント。国土交通省、公益財団法人 日本離島センターが主催し、離島地域の活性化を推進するために、全国の島が一体となり、自然、歴史、文化、生活などの離島の素晴らしさをアピールします。交流人口の拡大とUJIターン等の都会からの移住を促進するものです。
平成6年に第1回を開催し今回で29回目を迎える「アイランダー2021」は、
令和3年11月20日(土)から28日(日)の期間、昨年に引き続きオンラインで開催予定です。
離島への移住・交流(移住相談や離島留学の説明会等を予定)、離島独自の芸能文化(島唄、舞踊など)に関心をお持ちの人はぜひ楽しみにしてください。(プログラムの詳細等は入手次第、続報します)

昨年度のアイランダー2020の開催状況は、下記のサイトをご覧ください。
https://www.i-lander.com/2020/index.php

426



posted by オーライ!ニッポン会議 at 17:34| 日本のふるさと

2021年08月12日

受賞者の各取り組みをご紹介する受賞パンフレットを鋭意作成中

残暑お見舞い申し上げます。

只今、第18回オーライ!ニッポン大賞を受賞者の各取り組みをご紹介する
受賞パンフレットを鋭意作成中です。

完成しましたら本ブログ上でも内容(PDF)を公開します。

第18回オーライニッポン大賞  第2稿08-11-202101.jpg


425



posted by オーライ!ニッポン会議 at 00:00| オーライ!ニッポン

2021年08月11日

空き家が移住者増加の資源になった例

空き家が移住者増加の資源になった例

afc_forum20210808-11-202101.jpg

第17回オーライ!ニッポン大賞受賞した
奥矢作移住定住促進協議会(岐阜県恵那市)の取り組みが
(株)日本政策金融公庫 農林水産事業本部が発行する
「AFCフォーラム 2021年8月号」に紹介されました。

内容は、WEBサイトで無料公開されています。
掲載のページ
https://www.jfc.go.jp/n/findings/afc-month/pdf/afc_forum202108.pdf

このPDFのP31「まちづくりむらづくり」
【「みんなでやろまいかを」を合言葉に空き家ゼロ古民家再生・山林再生をめざす】
奥矢作移住定住促進協議会 会長 大島光利さんの活動が紹介されています。

全国から田舎暮らしをしたい人を募集し一泊二日で地元の大工から古民家のリフォーム方法を学ぶ塾を2011年から開催(年間10回ほど開催)し、これまでに、移住者が増え続け、30棟のリフォームが追わり81人の若者が移住しています。このリフォーム塾はコロナ禍により2020年、21年は塾生受入を中止しましたが、大工の棟梁と地元ボランティア、移住者により鋭意継続されています。また地区自治会長に移住者から5人なっているそうです。

●参考
第17回オーライ!ニッポン大賞 オーライ!ニッポン大賞に輝いたのは、
奥矢作移住定住促進協議会  http://okuyahagi.com/
https://blog.canpan.info/ohrai/archive/268


dai17kai.jpg
dai17kai jushoupan08-11-202101.jpg

●2019年度 農山漁村コミュニティ・ビジネスセミナー
第4回(通算138回)10月31日(木)でも講演いただきました。
【みんなでやろうまいか、古民家再生】 めざそう空き家「ゼロ」の農山漁村
奥矢作移住定住促進協議会 会長 大島 光利 氏 (岐阜県恵那市)
農山漁村コミュニティ・ビジネスセミナー開催結果レポートのページ
https://www.kouryu.or.jp/events_seminar/machimuraseminar_reports.html



424

posted by オーライ!ニッポン会議 at 12:10| オーライ!ニッポン

2021年08月06日

「地方民鉄 旅ガイド」と「地方民鉄フォトコンテスト2021」

地方民鉄 旅ガイド

00c4d8c3ebc785630705b1937aedb4809388ebf608-06-202101.jpg

夏が来れば思い出す♪
今年もオーライ!ニッポンの仲間、(一社)日本民営鉄道協会から、「地方民鉄 旅ガイド」を送っていただきました。日本民営鉄道協会に加盟している地方民鉄57社の沿線観光情報の検索や鉄道を利用した"マイ・トラベル"の情報源です。新型コロナウイルス感染症のお蔭で旅行にもなかなかいけませんが、落ち着いた折には、ゆっくりのんびりと地方鉄道を巡る旅をしてみたいと思います。
今回「2021-2022年版」発行版では、巻頭の特別応援インタビューに、女優・タレントの村井美樹さんが地方民鉄の旅の魅力を6ページに渡り語られています。
詳細は、下記のURLをご覧ください。

魅力あふれる地方民鉄の旅へ 『地方民鉄 旅ガイド−ふるさと鉄道の旅−』 (2021-2022年版)を配布します!
https://www.mintetsu.or.jp/association/news/00c4d8c3ebc785630705b1937aedb4809388ebf6.pdf

冊子をご希望の方は、郵送での送付も受け付けています。
郵送をご希望の場合は、250円分の郵便切手(1冊分の送料)を貼った「返信用の封筒」(角型4号197o×267o以上)を同封の上、日本民営鉄道協会「地方交通室」宛にご請求下さい。
※表示の金額は、2021年7月現在のものです。※数に限りがあるため、ご請求の前に、下記連絡先の地方交通室まで在庫の有無をお問合せ下さい。

民鉄協 写真コンテスト (2).png

また、日本民営鉄道協会では、「地方民鉄フォトコンテスト2021」を開催中です。
[募集期間]2021.7.21[水]〜 2022.1.23[日]23:59まで

『地方民鉄フォトコンテスト2021』は、Twitterに3つのハッシュタグをつけて、写真を投稿するだけで参加が可能です。作品募集テーマは「鉄道のある風景」と「民鉄キッズ」です。
「鉄道のある風景」は、車両、駅舎、沿線風景、観光スポットなど、地方民鉄に関連する写 真ならどんな写真でも応募が可能です。小学生以下のお子さまは、「民鉄キッズ」にも応募ができます。
テーマごとに賞を設けており、優秀な作品には、旅行券5万円(応募テーマ:鉄道のある風景)などの賞品を用意しています。参加方法等の詳細は、日本民営鉄道WEBサイトhttps://mintetsuphoto.jp/
下記のULRをご覧ください。
地方民鉄の魅力発見! 『地方民鉄フォトコンテスト2021』開催!
http://www.nishitetsu.co.jp/release/2021/21_029.pdf

『地方民鉄 旅ガイド−ふるさと鉄道の旅−』
宛先・お問い合わせ先
〒100-8171 東京都千代田区大手町2丁目6番1号 朝日生命大手町ビル16階
一般社団法人 日本民営鉄道協会 運輸調整部 地方交通室
TEL.03(5202)1406
https://www.mintetsu.or.jp




423
posted by オーライ!ニッポン会議 at 13:59| 犬も歩けば棒に当たる