CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年05月19日

【人生100年時代 スキルや経験を活かそう!】オンラインセミナー参加者募集

sakusemi2.png

【ICBCキックオフイベント】5月30日(日)
【人生100年時代 スキルや経験を活かそう!】
「インターネット市民塾」約20年間の市民講師400人のチャレンジ
オンラインセミナー参加者募集
https://www.mirahira.net/post/20210323_001

94年からインターネットを利用した市民塾を着想し、
20年以上に実験運用。
400名にものぼる市民講師を生み出してきた
柵富雄さんが、富山から登場します。

お互いの知識や経験を学び合い、
人生を豊かにしていった多くの方々のお話、
学び合い刺激しあう第3の居場所の大切さなどをお話しいだきます。

貴重なお話を聴くチャンス!
質疑応答の時間もあります。

【開催概要】
●日時  2021年5月30日(日)14:45受付 15:00〜16:30
オンラインzoom開催
●参加費 1000円 (ピーティックス使用)
【タイムスケジュール】
人生100年時代 スキルや経験を活かそう!
ICBCキックオフセミナー(オンライン開催)
ごあいさつ 15:00-15:05
●第一部  15:05-16:00
 講演 質疑応答
(総務省 地域力創造アドバイザー 柵 富雄さん)
● 第二部  16:00-16:30
 地域事業への動画活用法 (Take3竹中裕晃さん)
 ICBC 本作りワークショップからの出版報告
【主催】
 ICBC(いなぎコミュニティビジネスクラブ)
https://inagi-icbc.com
a-Nest 出版  https://www.a-nest.net
TAKE3

柵 富雄(さく とみお)
NPO法人地域学習プラットフォーム研究会理事長
公益財団法人学習情報研究センター主幹研究員
総務省 地域力創造アドバイザー
慶應義塾大学SFC研究所上席所

また、地域事業への動画活用法のミニプレゼン、
ICBC本作りワークショップ出版報告も行います。


■インターネット市民塾とは、
市民がインターネットを上手に活用し
自ら作った講座を開催する、ネットを生かした
「知のフリーマーケット」。
様々な集まりの中で、新たなきずなによって元気な地域活動も
生まれている。
■富山インターネット市民塾推進協議会
〒930-8555 富山市五福3190番地
富山大学 人間発達科学部
教育情報システム研究室内
https://toyama.shiminjuku.com/


■ICBCは
「いなぎコミュニティビジネスクラブ(通称はICBC)」
東京都稲城市を中心としたコミュニティビジネスや
地域ビジネスの実践者、地域・ビジネスに興味を持つ人、
その支援者間の交流と学習を促進することを通じ、
稲城市とその周辺地域が輝く街となることを目的とする団体。

稲城市は人口約9万人の東京都の多摩地域南部に位置する市。
1970年代以降の多摩ニュータウン建設や京王相模原線および
小田急多摩線の沿線開発に伴い多摩川流域の既存住宅地と合わせ
人口が急増。古くからナシやブドウの産地であり、
サッカー東京ヴェルディのホームタウン。


399


posted by オーライ!ニッポン会議 at 11:57| 犬も歩けば棒に当たる

2021年05月12日

オーライ!ニッポンを振り返り、グリーン・ツーリズムもう一度

社会教育2021年5月号05-11-202101.jpg

日本青年館の「月刊 社会教育 2021年5月号」に、オーライ!ニッポン大賞の過去を振り返る記事を掲載紹介していただきました。
https://social-edu.com/index.html

オーライ!ニッポンを振り返り、グリーン・ツーリズムもう一度
https://social-edu.com/magazine/y2021/y2105.html

記事内容はご紹介できませんが、17回にわたるオーライ!ニッポン大賞と世相を振り返りながら
ニューノーマル時代のオーライ!ニッポン的まちづくりと題して、
これからの「ニューノーマルな時代」は、【心】の時代でもあるので、
こころから安らげる自然のなかでの憩い、穏やかな人との語らいや交流、
それを具現化しているのが、グリーン・ツーリズムをもう一度見直していきましょうと
まとめました。


398
posted by オーライ!ニッポン会議 at 06:11| オーライ!ニッポン

2021年05月11日

第1回 直売所チャレンジ・オンラインフォーラムを5月27日に開催


第1回 直売所チャレンジ・オンラインフォーラムを5月27日に開催

詳細は下記サイトから
https://www.kouryu.or.jp/information/20210510_1809/

自然災害やコロナ禍において、農産物直売所は各地の食や暮らしを支える拠点となり、地域の中で存在感を発揮しています。全国農産物直売ネットワークでは、全国農林水産物直売サミット(延べ18回開催)を通じて、全国の直売所間の連携と情報共有を進めていますが、直売所の皆様が安心して集合できるまでの間は、オンライン型フォーラムを企画してまいります。このフォーラムでは毎回テーマを設定し、全国の直売所の新たな挑戦、課題に対応した実践事例を共有することを通じ、今後の事業展開や課題解決のヒントをつかんでもらう事をねらいとしています。

連休期間中、各地の直売所はひとときの安らぎや楽しみを与えてくれる場として大盛況です。
コロナ禍の中、食べることや食品お取り寄せ、そして直売所めぐりだけが楽しみという人も多いのではないでしょうか。

本来は今月27日〜28日に広島県尾道市で
第19回を数える「全国農林水産物直売サミット」を開催する予定でしたが、
安心して集合できる時まで暫しお預けし、
同日にオンラインフォーラムを企画しました。

テーマは「直売所が挑戦する、新たなサービス・商品づくり」
日々消費者に向き合い、常に新たな商品やサービスを開拓してきたのが直売所です。

コロナでも私達は1日3食を食べますし、直売所はいち早く新たな需要にも応えています。
「道の駅しもつけ」(栃木)からは、コロナ禍で需要が伸びた個別宅配サービスについて。
「たくみの里」(群馬)からは、観光立地で集客に苦戦しながらも新たに始めたサービスや
商品開発について。青森の「ピュア」からは貨客混載で商品を届ける地域内連携事業を
ご紹介頂き、参加者からのオンラインでも質問にも答えてもらいます。

直売所の皆様、生産者の皆様、そして直売所を応援してくれる皆様のご参加をお待ちしています。

・日時  2021年 5月27日(木)14:00〜17:00 
・実施  オンライン会議システムZoomのウェビナー
・定員 100端末 (参加費無料・事前登録制)

★参加申込フォームはURLまたはチラシのQRコードからアクセス下さい。
https://forms.gle/ywNDDSEAW1QY3vs18


183448148_4115069531866239_4394563335036586301_n.jpg183420932_4115069505199575_6875922581692343103_n.jpg


397
posted by オーライ!ニッポン会議 at 07:10| 犬も歩けば棒に当たる

2021年05月10日

今まで見向きもされなかったものが一転脚光を浴びることが現れ始めているのだ。

スライド1.JPG

新型コロナウイルス感染症後の社会・経済のあり方、あるいは新型コロナウイルス感染症禍における社会・経済のあり方の情報が沢山発出されている。
3密(密閉、密集、密接)を避ける社会・経済活動、ビジネススタイルが求められるという総論は
誰しも納得だが、具体的には何をどうしてとなると、なかなか正解が見出しにくいところではないか。
とはいっても、時代が新しい取り組みを求め、こんな時期だからこそ効果を発揮するアイデア・事業が生み出されている。
急に新しいものが生まれるというよりも、今まであったものの見方が急激に変わるということがあるのではないか。
今まで見過ごされていたものが、価値観が代わり一転脚光を浴びることが現れ始めている。
じわりじわりとかわりつつある距離感とバランスをもった持続可能な社会へ向けて未来から振り返るとこの1年が大きな分岐点になるのではないか。

396
posted by オーライ!ニッポン会議 at 15:20| コミュニティビジネス