CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年03月19日

耕す。農業においては、最も重要な作業ですが、その耕す農業が変わりつつあります。

不耕起.jpg
耕す。農業においては、最も重要な作業ですが、その耕す農業が変わりつつあります。
土壌のためにも不耕起栽培の方が良いという考え方です。
昨年(2019年)の日本国際賞に米オハイオ州立大学特別栄誉教授のラタン・ラル博士が選ばれました。
同賞は、わが国の国際科学技術財団が、科学技術において、独創的・飛躍的な成果を挙げ、その進歩に大きく寄与し、人類の平和と繁栄に著しく貢献する業績を成したと認められる人をJapan Prize(日本国際賞)をもって顕彰する事業です。
ラタン・ラル博士は、耕さない農業(不耕起農業)が土壌を守るとしています。
2050年までに98億人に達するとされる地球上の人口を養う食糧をいかに確保するか農業を行う土壌の浸食劣化を避けるという研究の成果です。
簡単に言うと、土壌は岩石などが風化し、細かく砕かれ、砂になり、そのうえに直物が少しづつ増え、その植物が枯れて微生物が長い時間をかけて増加し「腐植」と呼ばれる有機物ができあがるのですが、この団粒化するのに数百年の時間がかかるのです。
土壌を耕すと酸素の供給が増えて微生物活動が活発になり、さらに有機物の分解が促進し、分解された有機物が栄養となり農作物が良く育ちます。
しかし、長い年月をかけて土壌中に蓄積された有機物は農作物に変えるるために、肥料の使用などにより生産性を上げることで、土壌中の有機物の減るスピードが加速されてしますのです。
また大気中の二酸化炭素の炭素を土壌に戻すこともできるのです。持続可能な農業方法として注目されているのです。
安定した生産を確保するために、土壌劣化、土壌侵食を避け、かつ作物を用いて大気中の二酸化炭素を土壌へ隔離するためには、不耕起農業が良いということなのです。
ちょっとしたカルチャーショックですね。!

ラタン・ラル博士は、持続的な土壌管理手法を提唱・実践しており「糧安全保障強化と気候変動緩和のための持続的土壌管理手法の確立」という業績で選ばれた。
https://www.japanprize.jp/prize_past_2019_prize02.html
posted by オーライ!ニッポン会議 at 15:54| 犬も歩けば棒に当たる

2020年03月18日

農業と土地の話。

CQ156.JPG
日本の農業者の減少が止まらない。平成22年には、260.6万人いた農業者が平成31年は、168.1万人になった。農業者の平均年齢は67歳である。
世界的には、人口増加による食料の奪い合いが危惧され、農業(食料)危機への不安が増加している。農業の機械化、ロボット化により少人数の農業のスマート農業も進められているが、何より現在の農家の高齢化に追いつけないのだ。
農業は人類史上もっとも古い産業であると思っている。過去どのように農業・食料増産にむけて時の権力は誘導していたのか。
移民の国、アメリカ合衆国では、ホームステッド法というアメリカ西部の未開の土地を無償で提供する法律が1862年に制定された。かつてNHKで放送されていた大草原の小さな家で、チャールズ父さんが開拓していたのもこの法律により土地を得たかららしい。
リンカーン大統領が公有地の無償提供に署名した。家族愛とともに鍬を振るう父さんの逞しさが強烈に印象に残っている。アメリカは、西部開拓が加速し、アメリカンドリームの礎を作ったという。西部にいけば農地が得られる南北戦争の北軍に対する支持も強まった。
日本では、自分が耕した畑は永年私財となる墾田永年私財法が743年に発布された。
奈良の大仏を作った聖武天皇の御代である。墾田永年私財法の結果、田畑の開発が進むが資金のある権力者にその土地が集まる荘園が各地に発生し、そしてその荘園を管理する武装集団として武士が生まれる。
現代、日本の若者が農山漁村に移住する、田園帰農が話題となっているが、農家になるには、農業を学び、住む家を確保し、農地を借りるとか確保し、農機具などを用意し全て自前の努力で参入しなくてはならない。そのうち最もハードルが高いのは、農地の入手である。
今も昔も条件の良い農地はなかなか入手できないが、もし、ホームステッド法のアメリカのように、5年その地に居住し耕せば、土地が無償で手に入ったら耕作放棄地は解消されるであろうか。
67歳でも農業で働けるということは素晴らしことでもある。元気なうちは働いて自由になるお金を稼ぐ、社会のために役立つことが農業にもあるとおもう、
真っ当に働く人が報われる社会が目安のひとつが農業で暮らしていける社会ではないだろうか。
posted by オーライ!ニッポン会議 at 19:40| 犬も歩けば棒に当たる

2020年03月11日

11.【ライフスタイル賞】鹿児島県霧島市 和田 新藏(霧島ふもとの駅代表)

20200305113854688_0001 (2).jpg

【ライフスタイル賞】

11.鹿児島県霧島市
   和田 新藏
   霧島ふもとの駅代表

霧島ふもとの駅は、「子供達の体験学習の町づくり」を大きなテーマに掲げ、新鮮野菜や加工品を販売する「笑顔市場」、飲食を提供する「笑顔亭」、軽食コーナーの「茶ちゃランド」3つの機能をもつ交流拠点。それぞれの名前は、小中高生に公募して命名した。
買い物難民の為、また、地元の皆さんの交流の場として、和田代表をはじめ約10名が出資して平成30年7月21日にオープンした。スタッフは約20名、出荷者は約190名。
今後は、100年続く街づくりの礎として、子どもたちの体験学習のプログラムづくり、昔懐かしい小川でメダカや沢蟹と遊べるような親水公園づくり、誰もが汗を流して農作業できる市民農園、都市部からUJIターンしたくなる移住者団地などの構想実現に取り組む。
posted by オーライ!ニッポン会議 at 11:56| オーライ!ニッポン

10.【オーライ!ニッポン大賞 審査委員会長賞】和歌山県田辺市   「株式会社 日向屋」 学生・若者カツヤク部門

F (株)日向屋代表取締役 岡本和宜.JPG

【オーライ!ニッポン大賞 審査委員会長賞】

10.和歌山県田辺市
   「株式会社 日向屋」
   学生・若者カツヤク部門

全国で苦労している鳥獣被害対策と特産品化の取り組みをUターンした若者が中心となって取り組んでいる。
ジビエ肉を活用する飲食店が増加し、都市農村交流活動や日向屋ブランドの販売を通じ、日向地区を広くPRすることで地区のファンも増えている。
耕作放棄地の増加に歯止めがかかるとともに地域の雇用創出、次世代への農業の魅力の継承、障がい者雇用に対する理解に繋がっている。
設立当初は地元住民のみの活動であったが、地域外の方も加わり、「地元の土を動かすのは地元の人間、風を吹かすのは地域外の人間」という、良い構図ができている。
次の世代が憧れる農産業の形として、カッコよく、価値を生み出し、革新的な農業を目指す【農業における新3K】を@農家による獣害対策 A農家による新しいビジネスへの挑戦 B農家による地域活動)目標としている。

株式会社 日向屋  https://team-hinata.com/
posted by オーライ!ニッポン会議 at 07:47| オーライ!ニッポン

9.【ライフスタイル賞】京都府舞鶴市 岡山 茉莉(インスタグラムフォロワー数13万人超)

岡山 茉莉.jpg
【ライフスタイル賞】

9.京都府舞鶴市
  岡山 茉莉
  インスタグラムフォロワー数13万人超

子育てをしながら、絵を描く特技を生かしてイラストや漫画を描いたり、真牡蠣の通販、農業手伝いしたりと多方面で活躍する主婦。
舞鶴市出身の寡黙な夫と、やんちゃな三兄弟とともに海のそばの古民家で5人暮らし。
漫画を描いて「舞鶴での田舎暮らし」を発信しつつ大手企業からの依頼でイラストを制作している。
また、夫が生産する「朝どれ殻つき真牡蠣」の全国通信販売は、SNSを活用して新鮮さをアピールし、売り上げも好調。漁業を手伝う傍ら、夫の祖母に農業を教えてもらい米や野菜作りも始め、それらを市内の直売所や通信販売もしている。

instagram marige333
posted by オーライ!ニッポン会議 at 01:29| オーライ!ニッポン

2020年03月10日

8.【オーライ!ニッポン大賞】長崎県大村市  「有限会社シュシュ」農山漁村イキイキ実践部門

有限会社シュシュ.jpg

【オーライ!ニッポン大賞】

8.長崎県大村市
  「有限会社シュシュ」
  農山漁村イキイキ実践部門

観光農業で消費者に感動を与え、後継者に希望を与える夢のある新しい農業を目指した取り組みにより、第5回審査委員会長賞を受賞した。
さらに都市と農村の交流活動を発展拡大させ、大村市グリーン・ツーリズム推進協議会の事務局を担い、農泊事業はこれまで20カ国から受け入れをした。
イチゴ狩りなどの農業体験は、自社直営農場のほか、地域農家20カ所と連携し、年間利用者数2万人と大好評である。
柔軟に新たな取り組みを開発し、最近ではUTターン就農希望者対象の農業インターンシップをはじめ農業研修生受け入れ制度や定年帰農者を対象とした農業塾も実施している。
さらに食育活動として農業体験を小学生や中学生を中心に親子で参加できるプログラムを実施し、国内外を問わず多くの来訪者がある。

有限会社シュシュ  http://chouchou.co.jp/

posted by オーライ!ニッポン会議 at 12:30| オーライ!ニッポン

7.【オーライ!ニッポン大賞 審査委員会長賞】静岡県浜松市「静岡文化芸術大学 引佐耕作隊」   学生・若者カツヤク部門 都市のチカラ部門

静岡文化芸術大学引佐耕作隊.jpg
【オーライ!ニッポン大賞 審査委員会長賞】

7.静岡県浜松市
  「静岡文化芸術大学 引佐耕作隊」
  学生・若者カツヤク部門 都市のチカラ部門

2016年4月結成した静岡文化芸術大学の学生による「引佐耕作隊」は、@久留女木の棚田における耕作放棄地を水田として再生すること。A耕作放棄地で収穫したコメのパッケージをデザインし商品化すること。
B商品化したコメを販売することによって持続可能な米作りを展開している。2017年度のNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」のロケ地としても注目された棚田の約4分の3は耕作放棄地となっている。
引佐耕作隊は、耕作放棄地の再生や棚田の価値を都市住民に広く伝えることを目的に舩戸修一准教授が授業の一環で立ち上げた。
posted by オーライ!ニッポン会議 at 02:17| オーライ!ニッポン

2020年03月09日

6.【ライフスタイル賞】岐阜県白川町 塩月 祥子 (一般社団法人 アートアンサンブル白川)

塩月 祥子.jpg
【ライフスタイル賞】

6.岐阜県白川町
  塩月 祥子
  一般社団法人 アートアンサンブル白川

武蔵野美術大学でデザインを学び、結婚を機に名古屋に帰郷し予備校講師(デッサン)などを経て、名古屋から白川町に移住した。建築の勉強をしていた夫と、自分たちでストローベイルハウスを建てたいと考えたが、無農薬の藁を使いたいが、長い藁でないと、ストローベイルに加工できないため、昔ながらの"はさ掛け”をする米作りをしようと2006年、「はさ掛けトラスト」”を立ち上げた。
アートで町を盛り上げようと立ち上げた、「一般社団法人アートアンサンブル白川」は、2018年初回イベント「アートであっとおばけやしき」を地域の芝居小屋「東座」で開催して、2日間で445人集客し、その後もアーティストインレジデンスの活動を続けている。
posted by オーライ!ニッポン会議 at 16:24| オーライ!ニッポン

5.【オーライ!ニッポン大賞】岡山県津山市「あば村運営協議会」   農山漁村イキイキ実践部門

1あばそん.jpg

【オーライ!ニッポン大賞】

5.岡山県津山市
  「あば村運営協議会」
  農山漁村イキイキ実践部門

村は無くなっても“むら”はある。市町村合併により中山間地域にあった公的サービスがどんどん縮小しているなかで、地域住民が自ら様々な事業を担い、生活を守っていく好例。
もれバケツ理論により、地域からお金が流出しないように、住民出資の合同会社を立ち上げ、ガソリンスタンドや商店など地域内のサービスの循環体制を調え、特産品づくり、ツーリズム(視察も含め)、再生エネルギーなど組み合わせて地域の外からお金を稼ぐ仕組みを作りだしている。
あば温泉や宿泊施設等を連携させながら、インバウンドツアー、体験ツアー、視察ツアーをそれぞれの主体が企画実施している。また7年間で29世帯 59人(延べ数)の移住Uターンが生まれ、地域への新しい刺激も生まれている。

あば村運営協議会  http://abamura.com/
posted by オーライ!ニッポン会議 at 12:01| オーライ!ニッポン

4. 【オーライ!ニッポン大賞 審査委員会長賞】新潟県三条市「特定非営利活動法人ソーシャルファームさんじょう」

特定非営利活動法人ソーシャルファームさんじょう.jpg

【オーライ!ニッポン大賞 審査委員会長賞】

4.新潟県三条市
  「特定非営利活動法人ソーシャルファームさんじょう」
   農山漁村イキイキ実践部門

農業を核とした人財育成と新たな発想や共通価値を想像することで、経済的社会利益を生み出すことを目指している。三条市地域おこし協力隊を受入れ、隊員の活動を支援しながら、多様なイベント、スポーツ合宿、棚田再生等を実施している。
また、滞在型職業訓練施設“しただ塾”を開講し、観光やアウトドアをテーマに人財育成を実施している。名産のサツマイモの地元農家と連携し芋焼酎の商品化に取り組んだり、半農半バスケットの3人制プロチームを発足させるなどユニークな取り組みを展開している。

特定非営利活動法人ソーシャルファームさんじょう  http://sfs-jp.org/
posted by オーライ!ニッポン会議 at 01:47| オーライ!ニッポン

2020年03月08日

3.【ライフスタイル賞】山形県朝日町 志藤 一枝(だいちゃん農園GUEST HOUSEオーナー)

志藤 一枝.jpg


【ライフスタイル賞】

3.山形県朝日町
  志藤 一枝
  だいちゃん農園GUEST HOUSEオーナー

千葉から山形に嫁ぎ、英語塾主宰を経て町の保育園に勤務。得意の英語を生かし32年間、山形県のホームステイボランティアホストを行っていた。
農家民宿の経営後、山形県グリーンツーリズム協議会の指導の下、「農家のお宿の会(会員15名)」を立ち上げ、代表として就任した。
また自家栽培のりんごを素材にした新しいスイーツを開発し、東京をはじめ全国主要都市への物産展や駅で、試食・販売を実施し、山形市のかすり屋和菓子店とコラボし、りんご・麹・チーズクリームの餡をどら焼きの中に包み込んだ『麹焼き』は、インバウンドへのお土産品として商品化に至り、「日本の宝物グランプリ山形大会」でグランプリを獲得した。

だいちゃん農園
https://www.daichanfarm.com/
posted by オーライ!ニッポン会議 at 01:54| オーライ!ニッポン

2020年03月07日

2.【オーライ!ニッポン大賞】岐阜県恵那市「奥矢作移住定住促進協議会」 農山漁村イキイキ実践部門

奥矢作移住定住促進協議会.jpg

【オーライ!ニッポン大賞】

2.岐阜県恵那市
「奥矢作移住定住促進協議会」
  農山漁村イキイキ実践部門

現代の農山漁村を悩ます大きな課題である空き家を解消し、集落人口を増やすために移住定住の促進を展開している。
活動のきっかけは、台風による大水害により、河川に流れ込んだ流木等の後始末に立ち上がり、その後、森林の再生と空き家対策に乗り出した。
地域の空き家(意向)調査を行い、移住希望者が購入した家をボランティアで改修するリフォーム塾を実施している。移住後、新規就農した若者は、東濃地区の野菜部門で優秀賞を獲るほど活躍している。
また、協議会の事務局も移住者によって担われているほか、小学校を廃校の危機から守るためにも子育て世代の移住が効果を上げている。

奥矢作移住定住促進協議会
http://shinrinj.enat.jp/ijyuuteijyuu/ijyuu.html
posted by オーライ!ニッポン会議 at 03:45| オーライ!ニッポン

2020年03月06日

1.【オーライ!ニッポン大賞グランプリ】内閣総理大臣賞  徳島県三好市「一般社団法人そらの郷」  農山漁村イキイキ実践部門

0001expo (6).jpg


第17回オーライ!ニッポン大賞 11受賞者(概要)その1.

【オーライ!ニッポン大賞グランプリ】内閣総理大臣賞

1.徳島県三好市
「一般社団法人そらの郷」
  農山漁村イキイキ実践部門

徳島県西部圏域「にし阿波」地域は、著しい人口減少、過疎に対抗して交流人口拡大による観光地域づくりを目指して、そらの郷を創設した。
体験型教育旅行の誘致・受入れ体制整備と誘致受入活動を実施している。また、一般客向け着地型旅行商品の企画開発、販売、促進、流通等の活動を展開している。教育旅行は農家民泊を中心に、急傾斜地での農作業、野菜や果樹の収穫、田舎料理作り、歴史探訪、かずら細工、わら細工の伝統工芸、阿波おどり、地域の人との交流などをプログラム化している。
厳しい山村環境の生活文化が世界から高く評価されるようになり、地域の生活文化に対する誇りや自信、その文化を継承していくことを再認識されるようになっている。
また、伝統的な農業が世界農業遺産に登録されたことにより、地域に住む人々や伝統的な農業に対する関心が高まり、その風景と相まって、日本の原風景として、内外から高い関心を呼んでいる。

そらの郷
https://nishi-awa.jp/soranosato/
posted by オーライ!ニッポン会議 at 19:28| オーライ!ニッポン

第17回オーライ!ニッポン大賞が決定しました。

dai17kaikettei.jpg

第17回オーライ!ニッポン大賞が決定しました。

先般、審査が行われ第17回オーライ!ニッポン大賞の各賞受賞者が下記のとおり決定いたしましたので発表いたします。

応募件数93件
(オーライ!ニッポン大賞89件、ライフスタイル賞14件)

第17回オーライ!ニッポン大賞に応募のあった93件を対象に、
オーライ!ニッポン大賞審査委員会(審査委員長 安田 喜憲)を開催し、グランプリ(内閣総理大臣賞)1件、大賞3件、審査委員会長賞3件、ライフスタイル賞4件を選定しました。

1.第17回オーライ!ニッポン大賞受賞団体(敬称略)

【オーライ!ニッポン大賞グランプリ】内閣総理大臣賞
 @ 一般社団法人そらの郷(徳島県 三好市)

【オーライ!ニッポン大賞】
 A 奥矢作移住定住促進協議会(岐阜県恵那市)
 B あば村運営協議会(岡山県津山市)
 C 有限会社 シュシュ(長崎県大村市)

【オーライ!ニッポン大賞 審査委員会長賞】
 D 特定非営利活動法人ソーシャルファームさんじょう(新潟県三条市)
 E 静岡文化芸術大学 引佐耕作隊(静岡県浜松市)
 F 株式会社 日向屋(和歌山県田辺市)

【オーライ!ニッポン ライフスタイル賞】
 G 志藤 一枝(しとうかずえ)山形県朝日町
 H 塩月 祥子(しおつきしょうこ)岐阜県白川町
 I 岡山 茉莉(おかやままり)京都府舞鶴市
 J 和田 新藏(わだしんぞう)鹿児島県霧島市

受賞者の概要は発表のホームページからご覧ください。
https://www.kouryu.or.jp/information/20200306_1089/


2.表彰式は中止しました。

令和2年3月24日(火曜日)の開催予定の表彰式は、
新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策の観点から
検討したところ開催を中止といたしますのでご了承ください。

表彰式及び受賞事例の発表を楽しみにしていただいた
関係者の皆様には、心からお詫び申し上げます。

残念ながら受賞を惜しくも逃した活動にも、今後のさらなる活躍をご期待したいと思います。
皆様の活動がさらに多くの人の参加や理解を得られ、活発化されることを願っています。
今後とも引き続き、よろしくお願いいたします。
まずは御礼とともに報告とさせていただきます。

posted by オーライ!ニッポン会議 at 18:33| オーライ!ニッポン

2020年03月04日

第17回オーライ!ニッポン大賞表彰式の開催中止について

令和2年3月24日(火曜日)に、開催を予定していました表彰式については、
新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策の観点から検討してまいりましたが
開催を中止といたしますのでご了承ください。


中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染が
日本国内でも拡大しています。

安倍晋三首相は3月1日、政府対策本部の会合で、
換気が悪く、人が密集するような空間に集まることを
避けるよう国民に求めました。
また、専門家による調査で、スポーツジムや屋形船などで
小規模な患者の集団(クラスター)が発生し、
1人が12人に感染させた例があるとしています。

受賞者並びに来場者の皆様の安全を第一に考え、
感染予防及び拡散防止の観点から表彰式の中止の判断に至りました。

表彰式における養老代表の講演及び受賞事例の発表を
楽しみにしていただいた皆様には、
心からお詫び申し上げます。

オーライ!ニッポン大賞事務局


posted by オーライ!ニッポン会議 at 10:44| オーライ!ニッポン