CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年02月20日

第17回 オーライ!ニッポン大賞の応募者の活動内容は?

kotowaza_mekara_uroko_man.png
第17回 オーライ!ニッポン大賞の応募者の活動内容は?
1月31日に応募を締め切った第17回オーライ!ニッポン大賞の全応募内容を分析しました。取り組みの多い項目順に並べてみました。

約半数が、農業体験やグリーン・ツーリズムの取り組みでした。
次に多いのは、地域の素材を活かした料理体験などの食の体験や、加工など六次産業化でした。
3番目に多いのは、都市生活者対象、地域内の関係者に向けた研修や人材育成、サポーターの育成、そして、農山漁村地域のモノ、コト等の情報発信でした。人と人とを結ぶ役目や農山漁村の魅力SNS等で発信する活動が増えています。

1.農業公園、農業体験、牧場体験、グリーン・ツーリズム、農業体験プログラムの開発等 
2.食の体験・六次産業化 
3.人材育成・農山漁村体験のサポーター制度・農山漁村の魅力や各種受け入れの情報発信等 
4.田舎暮らしの実施、定住促進、古民家再生の取り組み 
5.教育旅行、体験学習の受け入れや促進活動  
6.環境保全活動、自然体験、エコツーリズム、ジオツーリズムの実施や推進
7.古民家、ゲストハウス、農家民宿・農泊の実施  
8.大学生の活動、ボランティア活動、海外や若者との交流実施や推進  
9.ありのままの農山漁村生活の体験活動の提供  
10.農産物生産活動、耕作放棄地対策の実施  
11.祭り・伝統文化の体験やボランティアの促進  
12.農家レストランの運営、地域資源加工体験の実施等 
13.道の駅、直売所等による地域特産品の販売・促進  
14.農山漁村地域におけるアート活動、演劇、伝統工芸等の体験促進  
15.森林体験、林業支援の実施、森林ボランティアの促進  
16.海の体験、川の体験、漁業体験の実施や促進  
17.棚田活動、ワーキングホリデイの実施や促進  
17.農山漁村でのスポーツ活動、プログラム開発、体験、振興 
19.廃校の活用、廃校の宿泊など 
20.高校生による地域連携や農林水産物、加工食品等の生産活動、販売促進 

それぞれの取り組みには、取り組み始めたきっかけとなった問題意識があり、その取りくみも試行錯誤しながら成長してきたドラマがあります。なんとかしたいという強い願望、前に出る勇気、失敗にくじけず続ける活力、チャンスを活かす柔軟性と瞬発力を応募書類から感じることができます。
posted by オーライ!ニッポン会議 at 17:00| オーライ!ニッポン

2020年02月19日

いつまでも仲良く、お元気でお暮しください。

6 古屋3.JPG
おばちゃんの指導で料理作りを楽しむボランティア参加者

第15回オーライ!ニッポン大賞審査委員会長賞を受賞した京都府綾部市の「古屋でがんばろう会」のおばあちゃんたちが、テレビ東京2019.12.15放送の「世界ナゼそこに?日本人」で紹介されていました。
いつまでも仲良く、お元気でお暮しください。

https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/lifestyle/entry/2019/020671.html

あやべし水源の里 こや
http://www.ayabe-suigen.com/info/?p=8

水源の里古屋でおばあちゃんトリオの手づくりの自慢の一品のとちもちは、こちらのから産直でお買い求めできます。
https://www.ayabe-kankou.net/shopping/food/tochimochi_k_3.html

6 古屋1.jpg
人々を元気にする樹齢1,000年の栃の木

■「古屋でがんばろう会」受賞の内容

綾部市にある集落「古屋(こや)」は、3戸4名が暮らす限界集落である。10年前は廃村寸前。誰もが「もう遅い」「もう無理だ」と、あきらめていた。
2006年制定の「綾部市水源の里条例」がきっかけに、住民の間で「自分たちの代で集落を終わらせたくない」という想いが高まり、近くの森で採れる栃の実を使って、お菓子等の開発・製造をはじめた。
2010年綾部市主導の「ふるさとボランティア」によってボランティアが訪れるようになり、2011年、継続しようと「古屋でがんばろう会(以下、がんばろう会)」を設立した。
2018年1月現在、正会員(年会費1,000円)は53名(役員11名)。賛助会員(年会費不要)のボランティアが300名程登録されている。発足当時の会員28名が増えるにつれて、活動の幅も広がり、近郊の綾部や舞鶴、福知山のお母さんグループリーダーが会員となり、その会員の呼びかけで、毎月に1、2回、数名のお母さんが、栃餅や栃の実おかき等の加工を手伝いに来てくれる。
お母さんたちのSNS発信力は高く、今では古屋から1時間圏内に住む主婦層にも情報が届いている。
栃の実のお菓子作りは、時間と手間がかかり実は1つ1つ、100年以上使っている道具で皮を剥いていく。あく抜きも難しく、国土緑化推進機構の「森の名人」を受賞した渡邉ふじ子さん(91歳)や京都府の「農の匠」を受賞した細見恵美子さん(85歳)、そして岩崎キクノさん(94歳)の丁寧な教えで、消えつつある「技」の継承につながろうとしている。

おばあちゃんががんばる姿は、若い女性の心を打ち、皆、「元気をもらえる」と言って喜んでお手伝いに来てくれる。
「おばあちゃんに昔ながらのやり方を教えてもらいながら、丁寧につくるということを学んでいる。とても贅沢な時間を過ごしている」と言う参加者もいる。

一番の成果は、これらの活動がおばあちゃんたちの生きがいになっていることである。昭和30年代ごろは、14軒70人が住んでいたのが10年前にたったの6人となり、「もっと若ければ」「もっと人がいたら」と、村おこしの取組をあきらめ、家に閉じこもっていた。
 廃村にしたくないという想いではじめた取組がボランティアを呼び寄せ、がんばろう会となり、「ヒト」(ボランティア)、「モノ」(栃の実や情報)、そして少しずつ商品の売上やボランティア協力金等により「カネ」が回りだした。
おばあちゃんたちの頑張りは近隣の集落の住民にも影響を与えている。

新商品の栃の実クッキーを開発するなど、さらなる向上心、研究意欲は衰えるところを知らず、平均年齢90歳でもこれだけ挑戦できるのだと、おばあちゃんたちが挑戦している姿をみて、「元気を出して仕事をしようと思った」「大きな工場の安いものばかりではなく、手作りの製品に目を向けたいと思った」「年齢を理由にしてはいけないと思った」等、人生や価値観が変わったという人もいる。

森に入るイベントでは、樹齢1,000年の栃の木に思いを馳せる、自然の中でリフレッシュする、栃という普段馴染みのない木について知る機会になったと、さまざまな人を元気にしている。
多くの方に日本の限界集落やそこでがんばる人たちについて知っていただき、地方に目を向ける足掛かりになればと思っている。


第17回オーライ!ニッポン大賞は、審査資料を審査委員にお送りし、審査に入りました。
今月末の審査委員会で各賞を選定いただき、3月上旬には、WEBサイトで受賞者を紹介する予定です。


posted by オーライ!ニッポン会議 at 14:06| オーライ!ニッポン

2020年02月11日

世界無形文化遺産フェスティバル2020開催中止のお知らせ

世界無形文化遺産フェスティバル2020開催中止のお知らせ
2020年4月18日(土)・19日(日)に開催を予定しておりましたTokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13「世界無形文化遺産フェスティバル2020」につきまして、新型コロナウイルス感染症の世界的蔓延の現況に鑑み、公演の中止を決定いたしました。
http://www.jfpaa.jp/news/2020-03-24.html





世界無形文化遺産フェスティバル2020が開催されます!!!
20200211120443147_0001.jpg
世界の国や地域には、それぞれの自然環境や生活の中から生まれた、
特色ある貴重な無形文化遺産、民族芸能が伝わっています。
カラフルでプリミティブな衣装や楽器につつまれた人々が、
今も、歌や踊りを生き生きと伝えています。

このフェスティバルでは、
世界中の人々が集う東京オリンピック・パラリンピックにちなんだ
五大陸から6ヶ国の民族芸能6団体と「復興五輪」に関連し、
国内から東北県と東京都の4団体の計10団体が、
都立日比谷公園に大集合し時代を超えて受け継がれてきた芸能を披露します。

ユネスコの無形文化遺産代表リストに記載され、
日本初披露を含む民族芸能を一度に楽しめ、
ふれあえる希少な機会。世界の多様な形なき文化に、出会いにきてください。

https://wfes.jp/about-us-wfes/

2020年4月18日(土)・19日(日)に
都立日比谷公園で開催される「世界無形文化遺産フェスティバル2020」の
公式WEBサイトとフライヤーが公開されました。
20200211120443147_0002.tif
本フェスティバルでは、春の日比谷公園全体を使って、
世界五大陸の民族芸能と日本の民俗芸能が繰り広げられますが、
大音楽堂(野音)の「野音ステージ」観覧のみ事前申込が必要となります。
観覧申込は、2月1日(土)〜3月16日(月)23:59まで。
本サイトの専用申込フォームよりお申込ください。
https://wfes.jp/application-form/
開催日:2020年4月18日(土)、19日(日)
会場:都立日比谷公園大音楽堂(野音)、小音楽堂、草地広場、噴水広場他(東京都千代田区)
開催内容:2日間共通(予定) ※雨天決行、荒天中止

○野音ステージ:大音楽堂(野音)
 海外6団体、国内4団体の芸能披露
 18日(土)18:00〜20:00(開場 17:20)
 19日(日)14:00〜17:00(開場 13:20)
 ※手話通訳、英語対応あり

○交流ステージ:小音楽堂
 各国芸能との交流公演
 11:00〜12:20(開場 10:30 )

○「エチオカラー」ライブステージ:草地広場
 エチオピアの芸能との交流公演
 11:00〜12:00

○World Performing Arts Parade:噴水広場〜第二花壇
 各国芸能団体練り歩き
 12:30〜13:20
入 場 料:
無料 *野音ステージのみ要事前申込
応募方法:
申込期間:2月1日(土)〜3月16日(月)23:59(往復はがきは3/16必着)

【WEB申込フォーム】https://wfes.jp/application-form/より申込。

【往復はがき】往信面に代表者の

 @ 氏名(フリガナ)
 A 郵便番号・住所
 B 電話番号またはメールアドレス
 C 希望日(A:4/18 B:4/19のいずれかを明記。)
 D 希望人数(1通につき2名まで。未就学児も1名。)
 E 性別(任意)
 F 職業(任意)

を明記の上、返信面の表に代表者の郵便番号・住所、氏名を記入し、
世界無形文化遺産フェスティバル2020事務局
(〒106-0032 東京都港区六本木4-3-6-206)宛に申込。

※応募締切後、当落に関わらず3月末日までに通知いたします。
※座席(2,300席)は自由席となります。
※車椅子席をご希望の方はその旨明記ください。必要に応じて同伴者とご来場ください。
※当日券(立見)あり。詳細は後日公式WEBサイトにてお知らせします。
※いただいた個人情報は、本フェスティバルの運営管理の目的のみに利用します。

主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

後援(予定):
 インドネシア共和国大使館、エストニア共和国大使館、エチオピア連邦民主共和国大使館、
 トンガ王国大使館、在東京ブータン王国名誉総領事館、ホンジュラス共和国大使館、
 岩手県、宮城県、福島県

協力:株式会社宮本卯之助商店

企画制作:公益社団法人全日本郷土芸能協会

招聘芸能:

@「ガヨの伝統舞踊 サマン」
   サマン・ガヨルエス“ルンギウップ・ランチュン”(インドネシア共和国)
IMG_4310-1024x768.jpg
A「セト・レーロ セトの多声歌唱」
   セトの花合唱団(エストニア共和国)
IMG_1096.jpg
B「エチオピアの民族芸能」
   エチオカラー(エチオピア連邦民主共和国)
55-1024x683.png
C「トンガの歌と踊り ラカラカ」
   トンガ文化芸能団(トンガ王国)
IMG_2034-1024x768.jpg
D「東ブータンのヤクの踊り」
   メラ村芸能団(ブータン王国)
yaku-5-1024x683.jpg
E「ガリフナ民族の歌と踊り」
   国立ガリフナ民族舞踊団(ホンジュラス共和国)
garihunabashi-1024x569.jpg
F「仰山流笹崎鹿踊」
   仰山流笹崎鹿踊保存会(岩手県大船渡市)
iwate.jpg
G「秋保の田植踊」
   湯元の田植踊保存会(宮城県仙台市)
宮城 秋保の田植踊のコピー-1024x724.jpg
H「じゃんがら念仏踊り」
   福島県立いわき海星高等学校チーム「じゃんがら」(福島県いわき市)
DSCN5455-1024x768.jpg
I「和太鼓」
  (公財)日本太鼓財団東京都支部、大江戸助六太鼓、
   東京ろう者和太鼓倶楽部鼓友会(東京都)
東京都支部 襷(国立2)-1024x529.jpg
*国名50音順

【公益社団法人 全日本郷土芸能協会について】

日本全国各地に伝えられている様々な郷土芸能は
我々の誇るべき文化財であり、私たちの大切な財産である。
当協会は、郷土芸能の保存団体および郷土芸能に
関心を持つ個人を会員とした、我が国で唯一の全国組織である。

当協会では、郷土芸能に関する公演の開催、指導者、保存団体の育成、
国際的な交流等を行うことにより、地域社会における郷土芸能の保存振興を図り、
もって我が国の文化の振興と発展に寄与することを目的とする事業を行っている。

★お問い合わせ情報

 世界無形文化遺産フェスティバル2020事務局
 公益社団法人全日本郷土芸能協会内

 TEL:03-6804-2660 FAX:03-6434-9435
 E-mail:wfes2020@jfpaa.jp
posted by オーライ!ニッポン会議 at 12:16| 犬も歩けば棒に当たる

2020年02月07日

農林水産省のYouTuber! 霞ヶ関初の官僚系SNS発信プロジェクト「BUZZ MAFF(ばずまふ)」発信開始

ABUZZMAFFポスター010602-07-202001.jpg

農林水産省のYouTuber! 霞ヶ関初の官僚系SNS発信プロジェクト「BUZZ MAFF(ばずまふ)」発信開始

農林水産省が若手職員による公式YouTuberによる情報発信をスタート。
農林水産省は、我が国の農林水産物の良さや農林水産業、農山漁村の魅力を国内外に伝えるため、職員自らがスキルや個性を活かして、省公式SNSで情報発信するプロジェクト「BUZZ MAFF」を立ち上げ、2020年1月7日(火)から発信を開始しました。
YouTuberは、省内の公募を経て、14チームが発信を担当しています。
番組名は「BUZZ MAFF」。
立ち上げに当たり、農林水産省では、積極的に情報発信を行いたい職員やグループを省内で募集。2019年10月24日(木)から1ヶ月かけて公募して、応募のあった24の職員やグループから14のチームが選定されました。
「農林水産省公式YouTuber」をぜひ御覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/pr/buzzmaff/index.html
発信番組には、@ダーツを投げて当たった棚田を棚田カードプロジェクトメンバーが訪れ、魅力を紹介する企画、A都内のアンテナショップで買った各県の食材を使って、公園でできるゆるい「大人のピクニック」を紹介する番組、Bカレーやラーメンなどの定番メニューを全て地元食材だけで作る実験的料理番組などが16件ラインナップされています。
日本茶チャンネルというのがあって、日本茶大好き「御茶村」が様々な場所でお茶会を開くなど、お茶について勉強しながら日本茶や茶道の魅力を発信します。
霞が関の農林水産省本館正面玄関の右側に茶室がありますが、その茶室を使ってお点前しています。
お茶0 (3).png
農林水産省の話題では、もう1件。
「農山漁村地域の起業に、チカラを!
〜「INACOME(イナカム)」ビジネスコンテストの観覧者募集〜」

農林水産省は、令和2年2月15日(土曜日)に、農林水産省本館7階講堂において、農山漁村の地域資源を活かしたビジネスを対象とするピッチコンテストの決勝大会を開催しますので、その観覧者を募集しています。
農山漁村地域が活力を取り戻し、持続的な発展を実現するためには、何よりもまず、雇用と所得を生み出すことが重要です。このため、農林水産省では、地域活性化に向けた起業支援「INACOME(イナカム)」を進めており、その一環として、1月から2月にかけて、全国4か所で地域資源を活用したビジネスを対象とするピッチコンテストを開催し、各地のコンテストにおいて優秀な成績を残された12名の起業者による決勝大会を2月15日(土曜日)に開催します。

開催日時及び場所
日時:令和2年2月15日(土曜日)13時00分〜16時30分(12時30分開場)
※終了後、16時30分〜17時30分目途でビジネスマッチング会(ネットワーキング)を開催します。会場:農林水産省 本館7階 講堂(東京都千代田区霞が関1-2-1)

参加お申込み等の詳細は農林水産省の下記のページから。
https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo01/200207.html

申込締切は、令和2年2月14日(金曜日)17時00分
定員は、約200名

○登壇者とビジネスプラン
井上拓哉氏(地域のマイナスをプラス資源に!〜獣害対策サステナブルモデル〜)
井口剛志氏(魚の売り手と買い手を繋げるプラットフォーム「マリニティ」)
大西千晶氏(農の入口と出口づくりで就農者を増やす!畑と人を繋ぐ「たんとスープ」で6次産業化)
奥田将大氏(-EAT HERITAGE- 伝統食で世界を健康に)
鍛治川直広氏(海の神秘!ロマンの体験!広田湾海中熟成プロジェクト)
坂口祐貴氏(木を伐らない林業林業2.0を人吉球磨から)
高橋慶彦氏(AI活用の自動収穫ロボットで収益最大化)
永岡里菜氏(おてつたび〜季節的・短期的な人手不足を人と人との出会いに変える〜)
濱田祐太氏(飲めば飲むほど海がキレイになるビール)
平田竜一氏(規格外野菜を用いた機能性パウダーの開発・販売)
松坂颯士氏(農業に特化した労働者支援マッチングプラットフォーム)
山下久美氏(休眠資源を活用した再利用可能なエコラップ)

鍛治川直広氏の海中でお酒を塾生させるプロジェクトは、
海とお酒というこれまで、結びつかなかった領域をつなぐ、
新たな付加価値創造の取り組みとして大変興味を引きます。
posted by オーライ!ニッポン会議 at 14:04| 犬も歩けば棒に当たる

2020年02月03日

第17回オーライ!ニッポン大賞に、ご応募誠にありがとうございました

スライド7.JPG

第17回オーライ!ニッポン大賞に、ご応募誠にありがとうございました。また関係者への拡散、告知にご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

令和2年3月24日(火曜日)に、開催を予定していました表彰式については、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策の観点から検討したところ開催を中止といたしますのでご了承ください。

今後、2月末に審査委員会を開催し、3月初旬には各賞受賞者を発表します。
表彰式は、3月24日(火)に開催します。
受賞事例のご紹介や養老代表の講演も予定しています。
表書式事例発表は、参加無料でどなたでも参加できます。
詳しくは、下記をご覧ください。
https://www.kouryu.or.jp/information/20200227_220/
posted by オーライ!ニッポン会議 at 13:13| オーライ!ニッポン