• もっと見る

2024年06月11日

農村RMOと新規就農者移住者促進を柱に地域を守る! 5/24 第149回 農山漁村コミュニティ・ビジネス・オンライン・セミナーを開催しました

スクリーンショット_10-6-2024_165353_.jpeg

農村RMOと新規就農者移住者促進を柱に地域を守る!
5/24 第149回 農山漁村コミュニティ・ビジネス・オンライン・セミナーを開催しました
講師の柳沢久美さん、そして本セミナーにご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

講師:加茂谷RMO推進協議会 柳沢久美 氏(徳島県阿南市)
2024年5月24日(金)16:00〜18:00
参加費無料  参加方法:オンライン(ZOOM)システムのみ

分析は、物事を小さく分けて、考え対策を講じること。統合は、まとめて一つにすること。
論理的に事業を行う際によく言われるのは、この分析だ。しかし世の中は複雑にさまざまな要素・原因・事象が絡み合っている。物事の表面には表れていない事柄が、その課題の原因等のバラバラな要素と結びついている場合も多い。質的統合法(KJ法)は、さまざまな要因要素をまとめていくこのだ。そしてそこから浮かび上がってくる原因、解決策を創造的に発想(問題の本質を把握)するものである。阿南市加茂谷地区で実施した都合3度にわたる地域再生寄り合いワークショップは、質的統合法(KJ法)を随所に活用しつつも、参加者は質的統合法(KJ法)を全く知らなくても問題・課題の本質を把握することができるのである。

●本セミナーの主なポイント
講演を聞いて、事務局が感じた取り組みのポイントを列挙
1. 現状を正しく認識する。村の将来人口推移を専門家に計測し対策を検討
2. 具体的な移住者増加目標を立てる(目標は30代、40代夫婦子ども2人 計4人を5組)
3. 課題を整理し、解決アイデアを皆で考え、合意形成する。
4. 実行計画をもとに、皆で取り組む。
5. 地域の存続、農業の維持には、若い世代の移住が重要
6. 自ら、移住フェア等に参加し、積極的に呼び込む。移住者のニーズに寄り添い人脈も駆使
7. 計画の進捗管理、次の課題への準備と日々の協議会の会合でも状況を密に情報交換
8. 参考になる取り組みには、視察や講演会なども開催

★開催結果のまとめ
 第149回結果【農村RMOと新規就農者移住者促進を柱に地域を守る!】.pdf

(一財)都市農山漁村交流活性化機構 農山漁村コミュニティビジネス担当
723

posted by オーライ!ニッポン会議 at 13:07| コミュニティビジネス

【地域振興を図るための住民合意形成を促す手法】は4月25日(木)開催しました。

0949-large-image-l.png

結果メモをアップしました。
第148回 農山漁村コミュニティ・ビジネス・オンライン・セミナー【地域振興を図るための住民合意形成を促す手法】は全国から多くの方々から参加申込をいただき4月25日(木)開催しました。

セミナーの内容は、
T これから益々重要となる農山漁村コミュニティ・ビジネス
  農山漁村コミュニティ・ビジネスとは
  農山漁村コミュニティ・ビジネスのロードマップ
  地域運営組織とは 他
U 住民合意による地域再生の手法
 1.合意形成について 
 2.「計画案を提示して住民の意見を聞く」のではなく、
   「アイデアそのものから住民を巻き込む」手法へ
 3.地域再生寄り合いワークショップについて
  (1)見える化する(第1回目)
  (2)意見をまとめる(第2回目)
  (3)深く、考える(第3回目)
そのほか
 寄り合いワークショップにおける質的統合法(KJ法)
   1.【思考法・発想法を鍛えるオンラインワークショップ】
   2.【質的統合法(KJ法)の講座】
   3.【地域再生寄り合いワークショップの手法】
 農山漁村コミュニティ・ビジネス・オンライン・セミナーや第20回オーライ!ニッポン大賞
の今後の予定

 多数の方に参加いただき感謝します。また要望等がありましたら同様なセミナーの開催を検討したいと思います。

開催結果のまとめ
【地域振興を図るための住民合意形成を促す手法】4月25日(木)開催結果.pdf

(一財)都市農山漁村交流活性化機構
農山漁村コミュニティビジネス担当
706
posted by オーライ!ニッポン会議 at 13:06| コミュニティビジネス

6/12【地域外の関係者と連携して地域の未来を拓く】第150回 農山漁村コミュニティ・ビジネス・オンライン・セミナー

横6月12日セミナー ふるさとプロボノ.jpg

終了しました。

プロボノで解決します!セミナー.jpg

6/12【地域外の関係者と連携して地域の未来を拓く】
第150回 農山漁村コミュニティ・ビジネス・オンライン・セミナー

2024年6月12日農山漁村コミュニティ・ビジネス・オンライン・セミナー(参加無料)を開催します。農山漁村地域の活性化、農山漁村コミュニティ・ビジネスにご関心がある方は、ぜひご参加ください。
----------------------------------------------------------------
第150回 都市と農山漁村の共生・対流を促進させる「プロボノ」について
 【地域外の関係者と連携して地域の未来を拓く】
 【講師】特定非営利活動法人サービスグラント 代表理事 嵯峨 生馬 氏(東京都渋谷区)
 【日程】2024年6月12日(水)16:00〜18:00
 【参加費】無料
 【参加申込〆切】2024年6月10日
 【参加方法】オンライン(ZOOM)システムのみの参加方法になります

 「プロボノ」とは、職業上のスキル・経験等をボランティアとして提供し、社会課題の解決に成果をもたらすことです。「公共善のために」を意味するラテン語が語源となっています。2011年からスタートした「ふるさとプロボノ」は、大都市圏のビジネスパーソンやクリエイターなどがチームを編成し、日本各地の地域コミュニティの課題解決や地域経済の自立を応援する地域交流型プログラムです。
 
 認定特定非営利活動法人サービスグラントは、関係人口をいかに増やすか、経済活動をどう維持展開させていくのかといった地域の課題解決に取り組む行政機関、企業、協会、NPO法人、住民自治組織など多様なプレーヤーとプロボノチームのマッチングを行い、具体的な成果物の提供を通じて地域づくりを応援しています。その実際の成果としては、空き家オーナーの応募が予定の3倍になったり、米粉商品の売り上げが伸びたりと、地域への大きな効果が出ています。

 オーライ!ニッポン大賞実施20回を記念して、都市と農山漁村の共生・対流の活動をより、促進するために、プロボノの力【特定非営利活動法人サービスグラント様(東京都渋谷区)】を借りて、課題解決ご提案し、農山漁村の活性化と都市と農山漁村の交流を促進します。特定非営利活動法人サービスグラントは、【ふるさとプロボノ】の活動が大いに評価されて、第18回オーライ!ニッポン大賞 審査委員会長賞を受賞しています。

 2024年のセミナーは、全国の地域づくり、地域活性化関係者に幅広く参加いただき、ノウハウ等を習得いただくためには、会場まで出向くことなく参加できるオンラインで実施しています。
コミュニティ・ビジネスの手法を活用した都市と農山漁村の共生・対流の取組を推進応援するために、参加料は無料です。


(一財)都市農山漁村交流活性化機構
農山漁村コミュニティビジネス担当
708


posted by オーライ!ニッポン会議 at 09:33| コミュニティビジネス