CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年11月08日

11月10日に地方創生フォーラムも開催(参加無料)立正大学×隈研吾建築都市設計事務所×東川町

11月10日に地方創生フォーラムも開催.jpg

【北海道 東川町】隈研吾建築都市設計事務所、立正大学と共に
産学官三者連携を締結。11月10日に地方創生フォーラムも開催

「1人より3人」と題した、大学150周年の新たな試み

東川町は、「写真の町」をコンセプトとしたまちづくりや、
日本唯一の町立日本語専門学校創設による国際化推進などのユニークな取り組みにより、
人口は平成の7000人台から、現在では8400人に増加しています。

主要産業である木工家具においては、隈研吾氏と連携し、
世界の学生を対象とした「KAGUデザインコンペ」を開催、
800以上の応募が あり話題となりました。

立正大学は、学生が地方創生の現場で学ぶことに価値があると考え、
東川町をリーダーシップキャンプのフィールドに選定。
新設したデータサイエンス学部をはじめ総合的な大学の知的資源を活かし、
三者連携により地方創生の新たな視点の獲得を狙います。


北海道「写真の町」東川町は、11月10日(水)、
来年開校150周年を迎える立正大学、町との連携を進める隈研吾建築都市設計事務所と、
三者連携協定を締結いたします。

また、同日17時より、協定調印式の他、地方創生フォーラム「1人より3人」を開催。
建築家隈研吾氏、松岡市郎東川町長、吉川洋立正大学学長を交えたパネルディスカッションも
実施予定。
立正大学にてリアルイベントとしての実施と、オンラインでの配信も予定しています。

来場者には、東川町の魅力を体感していただくため、
2019年に「ゆめぴりかコンテスト」金賞受賞し、
食味ランキングで最高ランクの特A米「東川米」や、「大雪旭岳源水」も配布します。


<プログラム>
2021年11月10日(水)17:30〜20:00

17:00 開場
17:30〜18:00 【開 会】
 立正大学×隈研吾建築都市設計事務所×東川町
 三者包括連携協力に関する協定調印式
18:05〜18:35 【基調講演】
 「コロナ後の社会と建築」
 東京大学特別教授・名誉教授 隈研吾建築都市設計事務所主宰 隈 研吾 氏
  
18:40〜 20:00【パネルディスカッション】
「1人より3 人 〜三者連携による地方創生の新たな視点〜」
 隈研吾(隈研吾建築都市設計事務所主宰)https://kkaa.co.jp/
 松岡市郎(東川町長)https://town.higashikawa.hokkaido.jp/
 立正大学学生(リーダー養成プログラム参加学生)
 進行/吉川洋(立正大学学長) https://www.ris.ac.jp/index.html
 司会/中川梨花(タレント・東川町オフィシャルレポーター)
    https://www.sunmusic-gp.co.jp/talent/nakagawa_rika/
<参加方法、お申込み>
場所 立正大学 品川キャンパス 石橋湛山記念講堂
定員 200名 (申し込み不要、先着順) +オンライン配信
※学生や関係者だけでなく、一般の方も参加できます

オンライン申し込み先
【隈研吾基調講演】立正大学150周年記念フォーラム「1人より3人」
立正大学研究推進・地域連携センターHP。
立正大学の研究活動と地域貢献、産学官連携を担当しています。
https://rpra.ris.ac.jp/news/article/event20211110/

※会場参加およびオンライン配信ともに、事前の申し込みが必要です。
 上記URLから申し込みください。

問い合わせ
立正大学 研究推進・地域連携課
電話:03-3492-8152
受付時間 10:00〜17:00(日・祝日を除く)
URL:https://rpra.ris.ac.jp/contact1/


449





posted by オーライ!ニッポン会議 at 14:58| 犬も歩けば棒に当たる