CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年11月05日

参加者募集!【芸能体験の子ども達★募集!】獅子舞・荒馬踊りを習ってイイノホールで踊ろう!<文化庁>子供たちのための伝統文化機会回復事業「シシとなるウマとなる」

20211104181458643_0001.jpg

オーライ!ニッポンの仲間である公益社団法人 全日本郷土芸能協会が、獅子舞・荒馬踊りを習ってイイノホールで踊ろう!の参加者を募集中です。

【芸能体験の子ども達★募集!】獅子舞・荒馬踊りを習ってイイノホールで踊ろう!
<文化庁>子供たちのための伝統文化機会回復事業「シシとなるウマとなる」
 対象:未就学児〜中学生
 ※ 参加無料
 申込締切:11/23

◎参加申込は以下のサイトから
  1.獅子舞ワーク→https://shishiuma-shishi.peatix.com
  2.荒馬踊りワーク→https://shishiuma-uma.peatix.com
------------------------------------------------
本事業は、文化庁「子供たちのための伝統文化の体験機会回復事業」の採択事業として開催いたします。首都圏の郷土芸能を体験することを通して、特色的な地域文化があることを再発見。地域に育まれた踊りの表現、また道具・衣裳の作り方を通して自ら作り出す喜びや楽しさを体感します。オンライン講座、また実際の成果発表などコロナ対策を講じた上で、子どもたちによる伝統文化実体験の機会回復をはかることを目的に行われます。

文化庁 子供たちのための伝統文化の体験機会回復事業
https://www.dentoutaiken.bunka.go.jp/
(ご参加無料・要事前申込)

【子供たちのための伝統文化の体験機会回復事業】
 公益社団法人 全日本郷土芸能協会 企画/主催事業
獅子舞.jpg
1.獅子舞ワークショップショップは、
 お正月やお祭りの時、獅子頭をかぶって舞われる芸能。
 頭をかんでもらうと病気にならない、縁起(えんぎ)がいい、なんて言われますね。
 疫病(えきびょう)退治・悪魔払いをするものとして、日本全国で人気です。
 獅子舞を見たことはあっても、どうやって舞っているのか、中はどうなっているのか…
 それならば、自分たちで作った獅子頭をかぶって、舞ってみましょう!レッツ獅子舞体験!
 練習したら、来年のお正月、おうちで獅子舞を舞って良い年にしましょう。
 1月23日には、東京のホールの舞台の上で、ドキドキの出演体験もあり!!
-----------------------------------------------
★獅子舞ワークショップスケジュール★
 @ 2021年12月12日(日)対面体験
 A 2022年1月8日(土)オンライン体験
 B 2022年1月23日(日)公演「シシとなるウマとなる」出演
 対象:未就学児〜中学生
 原則として、@〜Bの全回通してご参加可能な方。
 @【対面体験】「獅子舞ワークショップ」(90分)

荒馬踊り.jpg
2.荒馬踊りワークショップは、
 荒馬、と書いて『あらま』と読みます。
 東北地方にたくさんある『駒(こま)踊り』の一つで、青森県今別町に伝わるものがもとになっています。「ラッセーラー ラッセーラー」というかけ声と、にぎやかな太鼓と笛、鉦(かね)のお囃子にのせ華やかに跳ね飛ぶ馬の踊りです!
 馬が華やかに跳ね飛ぶ踊りって、どんな感じなんだろう?見たことがあるかな?
 見るだけなのもいいけれど…自分たちで荒馬を作って、元気に踊ってみない?
 レッツ荒馬踊り体験!
 練習したら、来年のお正月はおうちで荒馬踊を踊って、元気な一年をむかえましょう!
 1月23日には、東京のホールの舞台の上で、ドキドキの出演体験もあり!!

★荒馬踊りワークショップスケジュール★
 @ 2021年12月19日(日)対面体験
 A 2022年1月8日(日)オンライン体験
 B 2022年1月23日(日)公演「シシとなるウマとなる」出演
 対象:未就学児〜中学生
 原則として、@〜Bの全回通してご参加可能な方。
@【対面体験】「荒馬踊りワークショップ」(90分)

------------------------------------------------
3.「シシとなるウマとなる」公演(2022年1月23日:イイノホール)
  観覧申込は、下記のサイトのフォームから申込ができます。
  お一人様につき1回まで、1名様分の申込が可能です
  https://forms.gle/eDsAT5X49rc2Eb3u8

 入場無料、事前申込、全席指定(約400席)、先着順、定員になり次第締め切り
 期日:2022(令和4)年1月23日(日) 13時30分〜16時30分(予定)
 場所:イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1)
 出演:荒馬座(東京都板橋区)、
    田楽座(長野県伊那市)、
    八王子車人形西川古柳座(東京都八王子市)、
    目黒流貫井囃子保存会(東京都小金井市)、
    事前ワークショップ受講の子供たち
 主催:(公社)全日本郷土芸能協会

※ 文化庁「子供たちのための伝統文化の体験機会回復事業」の採択事業として開催します。
※ 申込受付完了後、席番号を明記して返信します。
※ 親子で鑑賞されたい方、車椅子席や介添の方の同席が必要な場合は事務局宛にご連絡ください。
※いただいた個人情報は、本事業の運営管理の目的のみに利用します。

◎事務局
 公益社団法人 全日本郷土芸能協会 担当:小岩、西田
 電話 03−6804−2660 rmail:geinouws@gmail.com
 http://www.jfpaa.jp/ 

20211104181458643_0002.jpg (2).jpg


448

posted by オーライ!ニッポン会議 at 14:19| オーライ!ニッポン