CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年09月02日

里の物語 オンラインショップに牛肉「山口放牧牛」登場

里の物語 オンラインショップに牛肉「山口放牧牛」登場
放牧牛.png


里の物語.png
https://satomono.com/?pid=153567225

味わい深い赤身の旨味と食感が魅力!のびのび健康的に育てられた山口放牧牛

生産販売しているのは、鰍ツなぐファーム。山口放牧牛のお肉の販売のほかに、「焼肉つなぐファーム」という焼肉屋さんも経営しています。
民間企業の農業(酪農業)の参入です。

山口放牧牛をメインに味わえる焼肉屋さんで牛舎に閉じ込めることなく、のびのびと牧草を食べて育った牛の赤身肉は、旨みがあり、程よい量の脂もさっぱりとしていると自慢です。

山口型放牧とは、転作田や耕作放棄地などに電気牧柵等を設置して牛を放牧する取り組みです。
肉用牛経営の省力化や遊休地の解消による農地保全などのほか、耕作放棄地がきれいになることで、イノシシなどの獣害が減少することも確認されています。

山口県では、平成元年に全国に先駆けて、耕作放棄地を利用した画期的な放牧を開始し、畜舎周辺の棚田などで固定式の施設を用いて行う放牧は特に水田放牧と呼ばれています。

平成11年からは、有刺鉄線などの固定施設ではなく、電気牧柵と呼ばれる手軽な施設を用いて放牧場所を自由に移動していく移動放牧を開始しました。
この放牧形態は、「いつでも、どこでも、だれでも、簡単にできる」放牧として注目されています。
posted by オーライ!ニッポン会議 at 15:49| 日本のふるさと