CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年02月19日

「犬も歩けば棒に当たる」

magnifier_animal_inu.png

「犬も歩けば棒に当たる」

本来は、積極的に出歩くと犬も棒で殴られる、思わぬ災難が訪れるという意味。外を出歩いていれば、思いがけずに幸運に出会うという意味もあるという。このコトワザを聞いてどうとらえるかは人それぞれ。教育現場のみならず、企業さらに官公庁の施策まで人づくり、人材育成が大事だと唱えられ、様々な講座が目白押しの状況の中で、いざ自分が講座を企画したり、講演をしたりする際に如何に講座に参加してもらうか、学んだことを活かしてもらうか、その人に当事者意識をもってもらうかを考えて、行きついたのが「犬も歩けば棒に当たる」だった。
「“やる気”を起こさせるにはどうしたら良いでしょうか」とアドバスを求められることも少なくない。そんな時は、自分から変わる。課題山積でも愚痴は言わない、前向きに考えましょう。思考は行動により規制されるから、行動パターンを変えてみようと勧めている。
仕事を始めたころに元新聞記者の上司から何か新しい発見(ネタ)を得るには、行き帰りの道を変えると教えを得た。そこには、何か知らなかったことの発見があったり出会ったりするかもしれない。災いとなるのか、幸運となるのかは、その人の運命次第かもしれないが、三度、住む家を変えた孟子の母のように、環境や行動を変える利点は思いのほか大きいというのが私の実感である。
posted by オーライ!ニッポン会議 at 12:33| 犬も歩けば棒に当たる