CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年04月01日

いしかわで漁師になる

20210331170643702_0001.jpg

石川県で漁師になりませんかという告知です。

新型コロナウイルス感染症が蔓延したこともあり、
都会から離れて、暮らしたいとう人も増えているそうです。
漁師さんになりたいけど、経験がない人には難しいのではないか、
体力的にも厳しい仕事ではないかと躊躇しがいちでが、
石川県では、漁師になるなら石川県!ということで、
全力でサポートしています。

1.体験乗船会やさまざまな支援制度があります。
  漁師をめざすあなたを全力で応援します!
2.希望にあう漁業を見つけられる!
  石川県は海域の特性に応じたさまざまな漁業が営まれているので、
  あなたの希望や条件にあう漁業がきっとあります!
3.幸福度ランキング上位!
  都道府県別の幸福度ランキング5位にランクインした石川県は、待機児童0、
  国内外へのアクセス良好など、住む上でもさまざまな分野で魅力的です。

石川県で漁師になるサイト
http://www.ikgyoren.jf-net.ne.jp/jigyoudan_html/way_to_fishermen/index.html

石川県漁業就業者確保育成センター 石川県漁業協同組合/(一財)石川県水産振興事業団
電話1(プッシュホン)076-234-8819

20210331170643702_0002.jpg20210331170643702_0005.jpg20210331170643702_0003.jpg20210331170643702_0004.jpg



389
posted by オーライ!ニッポン会議 at 18:32| 日本のふるさと

2021年03月26日

3日間富山のいなかで「農のある暮らし」を体感する【とやま帰農塾】の2021年度参加募集がはじまりました。

20210326102309295_0001.jpg

3日間富山のいなかで「農のある暮らし」を体感する【とやま帰農塾】の2021年度参加募集がはじまりました。

滞在型の田舎暮らしの体験塾で、県内の農山漁村9地域で、
農林漁業作業とともに暮らしを体験します。
また地元の人々や移住者との語らいなど地域ならではの体験ができます。

◆開催予定地域(全9塾)
  笹川塾(朝日町)/黒部塾(黒部市)/立山塾(立山町)/やまだ村塾(富山市)/
  ながたん塾(富山市)/灘浦塾(氷見市)/国吉塾(高岡市)/井波塾(南砺市)/
  五箇山なぎ畑塾(南砺市)

◆開催予定塾
  6月〜11月にかけて県内9地域で開催を予定し、
  それぞれの土地や人柄がにじみ出る内容となっております。

各塾の詳しい内容は次のURLのページから
それぞれのページをご覧ください。
http://gt-toyama.net/experience/juku

※基本的に開催現地において、集合13:30頃/解散13:30頃となります。

1.笹川塾は、6月4日(金)〜6日(日)
2.黒部塾は、6月12日(土)〜13日(日)※参加者は県内在住者対象 
  ※1泊2日 ※解散15:30頃
3.五箇山なぎ畑塾は、8月24日(火)〜26日(木)
4.灘浦塾は、8月27日(金)〜29日(日)
5.国吉塾は、9月18日(土)〜19日(日) ※1泊2日 ※解散15:30頃
6.ながたん塾は、10月15日(金)〜17日(日) ※集合15:00頃
7.立山塾は、10月22日(金)〜24日(日)
8.井波塾は、10月29日(金)〜31日(日)
9.やまだ村塾は、11月20日(土)〜22日(月)

◆参加費・条件
★募集対象 農林漁業体験をしてみたい方、田舎暮らしや移住・定住に関心のある方
★募集締切 各塾の開催日の3週間前
★参加費 2泊3日・お一人様/一般 20,000円 学生 12,000円
     1泊2日(黒部塾・国吉塾)・お一人様/一般 11,100円 学生 6,800円
 ※体験料、施設利用料、食材費、保険料を含みます。
  最寄りの駅まで送迎あり(一部、公共交通機関がある場合を除く)。
 ※日帰り、途中参加などをご希望の方は、別途ご相談ください。
 ※災害等の事由により不開催となる場合があります。
  利用予定宿泊先は、宿泊場所は男女別、感染症対策の上で部屋割りを行います。

★定員は、各塾10名程度(新規の方を優先します)

【お問い合わせ先】
富山県指定 交流地域活性化センター
NPO法人グリーンツーリズムとやま
TEL:076-482-3161 FAX:076-482-3635
営業時間:平日9:00〜17:00
住所:〒930-0094 富山県富山市安住町3-14 富山県建設会館4F



386
posted by オーライ!ニッポン会議 at 15:55| 日本のふるさと

2021年03月20日

水清ければ魚棲まず

fish_ikanago.png

春になると兵庫県の親戚から、いかなごのくぎ煮をうよく送っていただいた。
甘辛く生姜の香もする、ふわっとした小魚の佃煮。
ご飯の上にのせると、ご飯が何杯も食べたくなる最高の直材である。
年々、漁獲力が少なくなり、市場(魚屋)でも量が少なく、
高価になってきたと嘆いていたところ、
NHKのニュースに、いかなごの不良の理由が紹介されていたのだ。

(安かった時も大量に買う人がいたり、
量が少なく高価になっても、すぐに売り切れるらしい、
原価が高くなり希少価値がでると、贈り物の価値も急増する
出かけの行きに魚屋により、いかなごあったな少し高いな、どうしようか?
荷物になるし帰りに寄ろうと迷って帰りに買おうとしたら、もう売り切れていて
後悔したとか、チャンスを失うと、次はいつ入るかわからないとか、
嘆きのなかにも、なかなかワクワクするドラマがあるである)

NHKのニュースを読んで驚いた。
自分の想像していた理由とは真逆だったのである。
いかなごは、世界中にいる小魚で、どこでも獲れるのだが、
この佃煮は昔から兵庫県の瀬戸内の味として庶民に親しまれていた。

何度も煮詰める、煮詰めている最中はいじらない、
形が崩れるからと、手間暇がかかるのだが、
(手間だけでなく、タイミングと経験が物を言い、
今年は美味く炊けたとか、いま一つだとか難しいらしい。)
家庭ごとに微妙に味付けも代わり、春を楽しむ、
そう高校野球を見ながら食べる味だったのである。

関東ではあまり食べる習慣がかなったので、
なれた味でないので、お裾分けしてもあまり喜ばれず
親戚連中の間では、東京もんは、あまり喜ばないから、
あげるのはもったいないと言われていた。
(この味わいがわからない?といなかごを評価しないのは、かなり悔しいらしい)、
だから本当に美味しかったことを相手に伝わるように
する表現方法を学んだ。

そのうちに、生の販売だけでなく、忙しい家庭向けに、
お魚屋さんや生協でも煮付けた完成品を売るようになったのだ。
昔は大量に炊いていたのだが、価格も高くなったので、
高級品に昇格して、なお地域の味として喜ばれていた。
解決に向けた取り組みまで掘り起し紹介している
ふるさとを想い馳せさせる、とても良いニュースであった。
やはり懐かしい。とても懐かしい。

NHKニュースビジネス特集
【兵庫県民熱愛のイカナゴ 不漁の意外なワケとは?】
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210316/k10012916091000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
関連情報 NHK WEB特集【“きれいすぎる海”で、いま何が】
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210325/k10012933301000.html?utm_int=news_contents_tokushu_006


383
posted by オーライ!ニッポン会議 at 05:43| 日本のふるさと

2021年02月09日

新潟県村上市の地域おこし協力隊の募集(2021年2月19日まで)


新潟県村上市の地域おこし協力隊の募集(2021年2月19日まで)

全国の農山漁村地域等の新たな担い手のとして注目されている「地域おこし協力隊」
新潟県村上市が3つの地区で活動する隊員を募集中です。

村上市は、新潟県の北端に位置し、北から東にかけては山形県に接しています。
70キロメートル圏内には新発田市、新潟市および山形県鶴岡市があります。
面積は約1,174.26平方キロメートルで、新潟県の総面積のおよそ
9.3%を占めており、海岸線は、約50キロメートルにも及び、
北限の茶どころとして、また三面川の鮭や牛肉(村上牛)が名物です。
瀬波温泉や粟島航路など観光都市でもあります。


1.<村上市高根集落>高根生産森林組合の後継者求む!
https://www.city.murakami.lg.jp/site/kyodo/kyouryokutai-bosyu-takanef.html

20210208154259907_0005.jpg
20210208154259907_0006.jpg

2.笹川流れエリアで「食」を活かしたビジネスモデルの構築を目指せ!
https://www.city.murakami.lg.jp/site/kyodo/kyouryokutai-bosyu-sasagawanagare.html

20210208154259907_0001.jpg
20210208154259907_0002.jpg

3.<村上市越沢集落>イノシシ被害から農地を守れ!イノシシ対策の助っ人、わな狩猟職人募集!!
https://www.city.murakami.lg.jp/site/kyodo/kyouryokutai-bosyu-koesawainoshishi.html

20210208154259907_0003.jpg
20210208154259907_0004.jpg


地域おこし協力隊とは、総務省は推進している事業
都市地域から過疎地域等の条件不利地域に移住して、
地域ブランドや地盤産品の開発・販売・PR等の地域おこし支援や、
農林水産業への従事、住民支援などの「地域協力活動」を行いながら、
その地域への定住・定着を図る取組です。

隊員は各自治体の委嘱を受け、任期は概ね1年以上、3年未満です。
令和元年度で約5500名の隊員が全国で活動していますが、
この隊員数を令和6年度に8,000人に増やすという目標を掲げており、
この目標に向け、地域おこし協力隊等の強化を行うこととしています。

具体的な活動内容や条件、待遇は、募集自治体により様々ですが、
総務省では、地域おこし協力隊員の活動に要する経費として、
隊員1人あたり440万円を上限として、財政措置を行っています。

任期中は、自治体・サポートデスク等による日々の相談、
隊員向けの各種研修等様々なサポートを受けることができます。
任期後は、起業希望者向けの補助制度もあります。

詳しくは、下記をご覧ください。
総務省のページ
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/02gyosei08_03000066.html

■地域おこし協力隊概要(総務省)
https://www.soumu.go.jp/main_content/000717586.pdf


【平成31年3月31日までに任期終了した地域おこし協力隊員の定住状況について調査(総務省)】
873団体における平成31年3月31日までに任期を終了した隊員の累計は4,848人(※)
(※)本調査対象は、概ね1年以上活動し、特別交付税の算定対象となった隊員

・都道府県は139人(12道府県)
・市町村は4,709人(861市町村)
・約4割の隊員が女性
・約7割の隊員が20代・30代
・任期終了後、約6割の隊員が同じ地域に定住
・同じ地域に定住3,045人(62.8%)
・同一市町村内に定住した者(2,464人)の3人に1人以上は起業。
・起業の内訳
 ○飲食サービス業(古民家カフェ、農家レストラン 等)151名
 ○美術家(工芸含む)、デザイナー、写真家、映像撮影者 110名
 ○宿泊業(ゲストハウス、農家民宿 等)104名
 ○6次産業(猪や鹿の食肉加工・販売 等)79名
 ○小売業(パン屋、ピザの移動販売、農作物の通信販売 等)73名
 ○観光業(ツアー案内、日本文化体験 等)51名
 ○まちづくり支援業(集落支援、地域ブランドづくりの支援 等)42名ほか
・事業継承
11名(酒造の承継、民宿の承継 等)
・就業
 ○行政関係(自治体職員、議員、集落支援員等)302名
 ○観光業(旅行業・宿泊業等)120名
 ○農林漁業(農業法人、森林組合等)86名
 ○地域づくり・まちづくり支援業74名
 ○医療・福祉業 53名
 ○小売業 46名
・就農就林
 ○農業262名
 ○林業31名
 ○畜産業12名
 ○漁業・水産業4名


371
posted by オーライ!ニッポン会議 at 05:05| 日本のふるさと

2021年01月27日

オーライ!ニッポン大賞でおなじみの長野県飯山市なべくら高原・森の家がスノーシューフェスティバル2021開催します。

スノフェスFB.JPG
スノフェス2021チラシ表01-27-202101.jpg
オーライ!ニッポン大賞でおなじみの長野県飯山市なべくら高原・森の家がスノーシューフェスティバル2021開催します。

なべくら高原は、国内はもとより、世界的にも類の見ない豪雪地帯であり、冬期間中は、雪を活用した各種イベントを企画・実施しています。例年行っている「スノーシューフェスティバル」は国内最大級のスノーシューイベントです。最新のスノーシューを試乗しながらなべくら高原のフィールドも存分に楽しんで頂ける、冬の祭典となっております。今年度は新型コロナウィルスの感染拡大の影響を踏まえ、不特定多数のお客様が集まるのを防ぐ為、初日は事前予約制でのメーカー別のショートツアー、2日目はロングツアーを開催致します。

『なべくら高原スノフェス2021』
【開催日時】2021年2月13日(土)〜2月14日(日)
【実施内容】別紙をご参照ください。
【開催場所】なべくら高原・森の家(長野県飯山市照岡157115
【参加予定メーカー】潟Sールドウイン、潟c塔xル、潟c`ヅキ、潟~ヤコス
ポーツ、 K2 ジャパン、潟ニバーサルトレーディング、潟Gイアンドエフ

今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止を踏まえ、各ツアー完全事前予約制とさせていただいております。ツアー最大人数は15名まで、雪上プチ運動会は30名までとし、各種感染症対策を講じた上でツアーを実施致します。お客様にはご不便・ご迷惑をおかけしますが、何卒ご容赦ください。

今年の1日目は4種類のショートツアー!
なべくら高原の美しい景色はもちろんのこと、ご協力いただいている各メーカーのスノーシューの特徴を楽しめるよう、メーカー別に2時間ほどのショートツアーを用意しております。さらに、大雪原でのプチ運動会もやりますよ!
初めての方もそうでない方もぜひ気軽にお申込みください!
1日目の詳細は、
https://www.nabekura.net/asobu/winter/2021/01/post-155.html

2日目はロングツアー編!
レベル別の2種類のコースをご用意。どちらも変化に富んだ森の家のオリジナルコースです!
詳しくは、
https://www.nabekura.net/asobu/winter/2021/01/2021day1.html

一般社団法人信州いいやま観光局
なべくら高原・森の家(担当:小林・高梨・青木)
TEL:0269-69-2888FAX:0269-69-2288
URL:www.nabekura.net E-mail:info@nabekura.net
スノフェスFB3.JPG

368

posted by オーライ!ニッポン会議 at 17:12| 日本のふるさと

2020年12月25日

福井市の地域おこし協力隊員の募集(2021年1月8日まで)役割はオリーブを中心とした新たな地域ブランドの創出や、棗地区を含む越前海岸エリアの活性化

三里浜オリーブカルメリーナ.png


募集チラシbosyuutirashi12-25-202001.jpg



福井市の地域おこし協力隊員の募集(2021年1月8日まで)


地域おこし協力隊を募集する福井市「棗(なつめ)地区」は、福井市の北西部に位置する自然豊かな地域です。日本海に面しており、沿岸部には「三里浜(さんりはま)」と呼ばれる、なだらかな砂丘地がひろがっています。
このような土地柄を活かし、3年前から地域をあげて『オリーブ』の栽培をはじめました。
生産者や地域住民と連携し、オリーブを中心とした新たな地域ブランドの創出や、棗地区を含む越前海岸エリアの活性化に取り組んでいただける方を募集します!

三里浜オリーブ カルメリーナ
(三里浜砂丘地園芸産地振興協議会)のページ
https://www.sanrihama-olive-carmelina.com/

令和2年度福井市地域おこし協力隊募集要項
募集のページ
https://www.city.fukui.lg.jp/sisei/plan/connect/chiikiokoshi.html


福井市は、福井県の北部に位置する、人口約26万人の都市です。
市内は公民館区ごとに48の地区に分かれており、地区ごとに地域資源を生かした特色あるまちづくりを行っています。

今回、地域おこし協力隊を募集する「棗地区」は、福井市の北西部に位置する、自然豊かな地域です。日本海に面しており、沿岸部には「三里浜」と呼ばれるなだらかな砂丘地が広がっています。
三里浜砂丘地は、らっきょうや西瓜、梅、桃、葡萄などが栽培され、園芸産地として発展してきましたが、近年は、農業経営者の高齢化と若者の農業離れ等によって休耕地が徐々に増加し、圃場の荒廃が進んできました。

このような状況を打破するために、2017年に「三里浜砂丘地園芸産地振興協議会」を設立し、産地再生に向けて、新たに「オリーブ」の栽培をはじめています。

そこで、地域おこし協力隊には、生産者や地域住民と連携し、オリーブを中心とした新たな地域ブランドの創出や棗地区を含む越前海岸エリアの活性化に取り組んでいただきます。

1. 募集人員    地域おこし協力隊1名

2. 活動地域    福井市棗(なつめ)地区

3. 職務内容

(1)「オリーブ」を中心とした新たな特産品の創出
  ・オリーブオイルの生産及び商品化・販売のサポート
  ・県内外への販路開拓
  ・プロモーションの実施
(2)園芸産地再生プロジェクト
  ・三里浜砂丘地園芸産地振興協議会の運営サポート
  ・三里浜砂丘地収穫祭の企画・運営
  ・果樹栽培の推進と地域資源の発掘
(3)棗地区を含めた越前海岸エリアの活性化
  ・公民館やまちづくり団体との連携
  ・越前海岸盛り上げ隊との連携(観光コンテンツの創造)

4. 求める人材像
【人格】
  ・明るく社交的な性格で、農業が好きな方(経験不要)
  ・積極性がある方

【得意分野】
  ・コミュニケーションが得意な方
  ・園芸産地の再生に向けて多様なアイディアを出し合える企画力がある方
  ・周辺地域・他産地との連携事業を起こせる折衝力がある方
  ・県内外とのネットワークがあり、特産品の販路開拓に向けて熱意を持って取り組める方
  ・SNS(Facebook、Instagram等)による情報発信が得意な方

5. 任用形態・期間

 福井市会計年度任用職員(パートタイム職員)として任用します。
 任用期間は、令和3年4月1日から令和4年3月31日までとします。
 ※年度ごとに任用を更新します。令和3年4月1日から最大3年間任用可能です。

6. 任用要件

(1)生活の拠点を三大都市圏をはじめとする都市地域等から福井市棗地区
  または棗地区の周辺地域へ移し、住民票を異動することが可能な方
(2)心身共に正常な状態で誠実に協力活動が遂行できる方
(3)地域おこし活動に意欲と情熱があり、地域になじむ意思がある方
(4)地方公務員法第16条に規定する一般職の職員の欠格条項に該当しない方
(5)任用開始時点で普通自動車第1種運転免許を取得している方、
  または、任用開始後6か月以内に取得することができる方
(6)活動に要する車両を自ら用意することができる方

令和2年度 福井市地域おこし協力隊募集要項
https://www.city.fukui.lg.jp/sisei/plan/connect/chiikiokoshi_d/fil/bosyuuyoukou.pdf

募集チラシ
https://www.city.fukui.lg.jp/sisei/plan/connect/chiikiokoshi_d/fil/bosyuutirashi.pdf

【お問い合せ先】
〒910−8511
福井県福井市大手3丁目10−1
福井市役所総務部未来づくり推進局まち未来創造課地域づくり係
Tel (0776)20−5230 Fax(0776)20−5733
Mailmachi-m@city.fukui.lg.jp

募集チラシbosyuutirashi12-25-202002.jpg

361

posted by オーライ!ニッポン会議 at 10:31| 日本のふるさと

2020年11月11日

埼玉 WABI SABI 大祭典 2020年11月22日(日)15:00〜ライブ配信

スライド1.JPG


埼玉 WABI SABI 大祭典

埼玉県は、和文化の魅力を発信するため、盆栽や生け花、お茶、書道、伝統芸能、和装、食などを中心に、見て、感じて、楽しめる屋外型フェスティバルとして2017年から開催している、和文化の総合イベント開催しています。
毎年10月の2日間、氷川の杜・大宮公園(さいたま市大宮区)を会場に仮設ステージやテントなどを設営し、ステージイベントや和文化体験会などを実施しています。
連日数万人の来場を記録し、昨年も多くの団体と連携して出演者・出展者とともに準備を進めましたが、台風19号の直撃により2日間とも中止を余儀なくされました。そして今年、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により従来通りの開催が困難になりましたが、コロナ禍にあっても埼玉の「和」文化を発信するため、舞台をウェブに移してオンライン開催することになりました。

2020年11月22日(日)15:00〜
このサイトでライブ配信
https://saitama-wabi-sabi-2020.jp/

歌手の元ちとせさんと、箏男kotomenのスペシャルゲストとともに、
盆栽・書道・楽器・いけばな・着物、そして地元・埼玉県の伝統芸能。多彩なパフォーマンスが予定されています。

1 武蔵越生高等学校 和太鼓部
2 書道 埼玉県立滑川総合高等学校 書道部
3 着物 NPO法人川越きもの散歩
4 埼玉の伝統芸能
 ・浦山大日堂獅子舞保存会
・秩父屋台囃子保存会
 ・葵囃子連
 ・南田島囃子連足踊り保存会
 ・浦和木遣保存会・ 浦和若鳶会・浦和鳶組合
 ・小鹿野町子供歌舞伎・小鹿野歌舞伎保存会

昔、小鹿野町の子供歌舞伎を見たことがありますが、なかなか見応えがありました。
オンラインで見ることができるのは、極めてラッキーです。

小鹿野歌舞伎は、220年前、初代坂東彦五郎が江戸歌舞伎をこの地に伝えたのが始まり。
役者・義太夫・裏方にいたるまで、スタッフのすべてが地元衆。町内の祭りに奉演される年間6回の定期上演のほか、日本各地で行われる訪問公演は、常に大きな喝采をあび、「歌舞伎のまちおがの」の名を全国に響かせています。

埼玉県庁のページ
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0305/wabisabi/2020/annai.html

347

posted by オーライ!ニッポン会議 at 04:40| 日本のふるさと

2020年09月23日

今年も生落花生の季節がやってきました【9月15日〜10月15日販売】塩ゆでしてほっくり!千葉産高級品種の生落花生

135238340_o2.png
【9月15日〜10月15日販売】塩ゆでしてほっくり!千葉産高級品種の生落花生
スズキアグリ 生落花生2kg
塩ゆでほっくり国産高級品種の生落花生2Kg
販売価格 :3,300円(税込)

★里の物語オンラインショップ
https://satomono.com/?pid=135238340

本年は10月15日までの期間限定販売。この時期しか味わえない本当におすすめです。
※落花生は雨天の収穫、天日干しができないため、ご注文からお届けまで若干日にちをいただく場合がございます。ご了承願います。

330
posted by オーライ!ニッポン会議 at 09:52| 日本のふるさと

2020年09月18日

オンラインで対面相談する移住フェア、時間も経費も節約し効果抜群!

スライド1.JPG

自宅にいながら移住先を探そう!
「第2回オンライン全国移住フェア」 2020.10.4(Sun)開催!
https://loconect.com/

2020年5月31日(日)に第1回「オンライン全国移住フェア」を開催したLOCONECTの泉谷 勝敏さんが、第2回オンライン全国移住フェアを開催します。第1回は、38道府県138団体が相談出展しました。

コロナウィルスにより、全国移住フェアや、毎月のように開催されていた移住セミナーが中止となっています。
以前から移住をお考えの方もいますが、今回の件で都市部に住むことに不安を覚えた方は沢山いらっしゃいます。実際、わたしたちが暮らすまちに移住相談が増えています。
今、ワークライフバランスを考える時が来ています。
そこで、こういう状況でも知ってもらうことがあるんじゃないか、こういう状況だからこそ知ってもらいたいと考え、「オンライン全国移住フェア」を開催します!
今までの移住フェアは自治体さんと大きなNPOさんなどが出展されていますが、LOCONECTのオンライン移住フェアでは、小さな団体さんにも参加していただきます。田舎暮らしをお考えのみなさん、ぜひ参加下さい!(デジタル庁の数歩先行く取り組みかな?)

「第2回オンライン全国移住フェア」
開催日:2020年10月4日(日)10:00〜17:00

第2回オンライン全国移住フェアですが、参加費が無料になりました。
より一層ご参加いただきやすいイベントとなりましたので、みなさんぜひご参加ください!

主 催:LOCONECT(山口県周防大島)
出展者の募集申込のページはこちらから
https://loconect.com/consult/
posted by オーライ!ニッポン会議 at 00:05| 日本のふるさと

2020年09月15日

「アイランダー2020」はオンラインで開催されます。!

FA120.JPG
「アイランダー2020」はオンラインで開催されます。!

アイランダーとは、全国の離島が一堂に会し開催されるイベント。国土交通省、公益財団法人 日本離島センターが主催し、離島地域の活性化を推進するために、全国の島が一体となり、自然、歴史、文化、生活などの離島の素晴らしさをアピールします。交流人口の拡大とUJIターン等の都会からの移住を促進するものです。

平成6年に第1回を開催し今回で28回目を迎える「アイランダー2020」は、
令和2年11月20日〜29日の期間オンラインで開催予定。
(詳細日程は、決定次第、配信予定)


アイランダー2020のホームページはこちら。
今後、詳しい情報を随時更新されます。10月20日追記
オンライン参加団体の一覧や各オンライン参加する島のオンライン交流(移住・定住セミナー、ワークショップ、離島留学説明会など、様々な企画にZOOMでの参加)の予約など発信開始しました。また、ふるさと納税を通じた「島のマルシェ」など情報発信されています。
https://www.i-lander.com/2020/index.html


スライド1.JPG



アイランダー公式HPからの情報発信とオンラインによる交流イベントを展開します。
オンラインでは、WEB会議システムを利用して、参加団体(離島)と一般参加者との対話や伝統芸能当のオンライン配信、オンラインワークショップを予定しています。
オンラインワークショップでは、特産品を使った料理教室、島の観光体験ツアー等を計画中です。
WEBサイトやオンライン参加の案内が来ましたらまた、案内します。

昨年度のアイランダー2019は、4つの島外団体を含む83ブースが出展し、約190の島が参加し2019年11月23日・24日の2日間、池袋サンシャインシティ文化会館展示ホールCで実施され約11,000人が来場しました。
posted by オーライ!ニッポン会議 at 14:16| 日本のふるさと

2020年09月02日

里の物語 オンラインショップに牛肉「山口放牧牛」登場

里の物語 オンラインショップに牛肉「山口放牧牛」登場
放牧牛.png


里の物語.png
https://satomono.com/?pid=153567225

味わい深い赤身の旨味と食感が魅力!のびのび健康的に育てられた山口放牧牛

生産販売しているのは、鰍ツなぐファーム。山口放牧牛のお肉の販売のほかに、「焼肉つなぐファーム」という焼肉屋さんも経営しています。
民間企業の農業(酪農業)の参入です。

山口放牧牛をメインに味わえる焼肉屋さんで牛舎に閉じ込めることなく、のびのびと牧草を食べて育った牛の赤身肉は、旨みがあり、程よい量の脂もさっぱりとしていると自慢です。

山口型放牧とは、転作田や耕作放棄地などに電気牧柵等を設置して牛を放牧する取り組みです。
肉用牛経営の省力化や遊休地の解消による農地保全などのほか、耕作放棄地がきれいになることで、イノシシなどの獣害が減少することも確認されています。

山口県では、平成元年に全国に先駆けて、耕作放棄地を利用した画期的な放牧を開始し、畜舎周辺の棚田などで固定式の施設を用いて行う放牧は特に水田放牧と呼ばれています。

平成11年からは、有刺鉄線などの固定施設ではなく、電気牧柵と呼ばれる手軽な施設を用いて放牧場所を自由に移動していく移動放牧を開始しました。
この放牧形態は、「いつでも、どこでも、だれでも、簡単にできる」放牧として注目されています。

318
posted by オーライ!ニッポン会議 at 15:49| 日本のふるさと

2020年08月27日

「いもづる式まちづくり」 技術と素材と味と手作りにこだわったスイートポテト

スイートいも.jpg
第10回オーライ!ニッポン大賞 グランプリ(内閣総理大臣賞)を受賞した「震災復興・地域支援サークル ReRoots(宮城県仙台市)」からその後の活動のお知らせがありました。

一般社団法人ReRootsは、2020年6月に【仙台いも工房りるぽて】を開店いたしました。
これは、2013年からおいもプロジェクトという企画を開催してきた取り組みの一環です。

仙台市沿岸部の農村で都市部の家族連れを対象に、サツマイモの苗植えや収穫体験をしたり、地元ならではのご飯を食べたりするグリーンツーリズム企画です。
そこから発展し、地産地消や地域の魅力発信に一層貢献するため、自分たちが育てたサツマイモをスイートポテトに加工して販売する6次化として、2020年6月にスイートポテト専門店「仙台いも工房 りるぽて」を開店いたしました。

スイートポテトは地元の洋菓子店の技術を継承したもので、素材の味と手作りにこだわり、開店以来様々なメディアにも取り上げていただいております。
店舗内には地元農家や当法人が育てた直送の野菜も販売しております。
将来的には地元住民の手芸品などの販売も検討しており、地域のアンテナショップや住民の生きがいづくりへの貢献となることを目指しております。

現在は他県産のさつまいもを使っていますが、秋になりましたら当法人で育てたサツマイモを用いる予定です。また、12月にはおいもプロジェクトと連携した子供たちの販売体験も考えております(コロナの影響で変更になる可能性があります)。
以上のようなことを通じて、りるぽては地域に土着したお店として「いもづる式まちづくり」を目標に、日々製造・販売に励んでおります。

店舗HPのURLは下記の通りですので、ご一読いただけましたら幸いでございます。
https://reroots.nomaki.jp/rerupote_sendai.html

ReRootsは、宮城城県有数の農業地帯だった仙台市若林区東部において、東日本大震災の甚大な津波被害からの復旧・復興に向けて、被災農家の生活再建に不可欠な農地とコミュニティの再生に取り組んできたボランティアグループです。

受賞時点は、スタッフの9割が大学生であり、2011年7月から2012年9月までに参加したボランティアは延べ15,000人。ボランティアを毎日受け入れられる体制を構築し、農家からの依頼の件数は309件、関係をもった農家は130軒を超えていました。

第1段階、農地のガレキの撤去をどんなガレキが埋まっているか分からない状態では農業機械で土を耕作できないので、スコップを使って手作業で取り除く。
第2段階、ガレキ撤去後の畑で作付や流された機械の代わりに機械の貸し出しや作業の手伝い。
第3段階、震災前から後継者不足、高コスト、低価格を背景とする諸問題に対して、農地の利用調整、担い手確保、付加価値の実現といった農家同士ではなかなか話し合うことができない課題解決を志向して、ReRootsファームで作った野菜を「フクイのカレー」(愛知県)が商品化して販売するなどチャレンジしてきました。
2012年11月には仙台朝市で若林区の農家が作った野菜を販売するショップ「りるまぁと」をオープンさせ「復旧から復興へ、そして地域おこし」へ3段階で活動を展開していました。

政策パンフ現状分析編08-27-202001.jpg
posted by オーライ!ニッポン会議 at 16:05| 日本のふるさと

2020年08月21日

こどもたちよ、明日に向かって、希望を失わずに歩いていこう

スライド1.JPG
こどもたちよ、明日に向かって、希望を失わずに歩いていこう

 長野県泰阜村において、農山漁村の人や自然を生かした青少年教育活動を展開しているNPO法人グリーンウッド自然体験教育センターは、新型コロナウイルス感染症による現下の情勢を鑑み、「2020年夏の信州こども山賊キャンプ」を全面中止としました。

 30年の歴史をもつ同キャンプは、参加した子供たち、家族のみならず幅広く評価され、山村地域に根差した自然教育の最高峰として知られていましたが、子どもたちの集団移動・集団生活による感染リスクと、地域に住む人々への感染リスクを避けるために苦渋の決断をしました。
 
 既に、同NPOは、多数の若者が山村地域に移住し活動を担っており、団体発足以後最大の経営危機のなかでも自助努力、企業努力を進めていますが、コロナ感染症収束後を見据えてより多くの人に寄付の支援を求めています。
 
 子どもたちのために、農山漁村の未来のために、泰阜村という山村地域で全く新しい人材育成を図ろうとしている若者等のために、支援をお願いします。

●支援サイト
 https://www.greenwood.or.jp/kifu.htm

 スタッフとだいだらぼっちの子どもたち、このような状況でも元気に生きています!
 皆様にはご心配ばかりおかけして本当に申し訳ありません。
 なんとしてでも生き抜いて、必ずや皆様とまた一緒に語り合いたい。
 その時を楽しみにしながら、泰阜村で低空飛行を続けます。
 皆様もどうかくれぐれもお身体などご自愛ください。

  NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター
  代表理事 辻 英之(だいち)

〇 こどもたちよ、明日に向かって、希望を失わずに歩いていこう(代表のブログより)
 https://www.greenwood.or.jp/tane/?p=6076


●より良い社会を創ろうと新たな取り組みにもチャレンジしています。

 より多くのこどもたちに”体験からの本質的な学び”を提供したい!との想いから、毎年多くの個人や団体の方々の見学を受け入れ、これまで見学に訪れた方は約600人。グリーンウッドの理念や活動を伝えてきました。
 今年は、コロナウイルス感染拡大により往来が難しくなってから見学の受け入れを中止していましたが、「オンライン見学会」を定期的に開催していくことにしました!
 「オンライン形式」を取り入れたところ、遠方からでも気軽に参加でき、こどもたちの暮らしの様子がリアルに見られる!スタッフに直接話が聞ける!と大変好評です!
 ”ピンチはチャンス!”から生まれたオンライン見学会、この機会にぜひ参加してみませんか?次回は今月8月29日(土)午後3時から!

 詳細はこちらのイベントサイトをチェックしてみてください↓↓
 https://greenwood-kengaku.peatix.com/view

シェアも大歓迎です!
南信州の僻地から画面越しに多くの方とお話しできること、楽しみにしております!
スライド2.JPG

〇NPO法人グリーンウッド自然体験教育センターの概要

 青少年に「心の豊かさ」や「生きる力」を育くむために、村全体を舞台に多彩な自然体験教育プログラムを展開する。
 子どもたちが親元を離れ、泰阜村の小中学校に通いながら宿泊棟で1年間の共同生活する「だいだらぼっち」や、毎年夏に約1,000人を超える子どもが参加する3泊〜1週間程度のキャンプ「信州こども山賊キャンプ」を33年間実施している。
 山賊キャンプには、OB・OGを含め、全国から300人を超す若者ボランティアが集まる。NPOの予算規模は約1億円。自主事業収入が8割を超え、支出額のうち7,000万円が地域に還元される」。
 交流人口は年間のべ2万人超。人口1,600人の村にあって20人弱の若者を雇用する他、UIターンを誘発するなど「小さな村の優良企業」に成長し、「絶対無理だ」と言われていた教育産業を成立させ「教育を中心においた都市山村交流」を展開中。

第16回オーライ!ニッポン大賞。活動の詳細は下記の受賞者の概要をご覧ください。
https://www.kouryu.or.jp/wp-content/uploads/2019/03/16thohraibrochure.pdf

posted by オーライ!ニッポン会議 at 16:52| 日本のふるさと

2020年06月26日

白山市の飲食店を応援しよう!“みらい飯”プロジェクトのご案内

business_crowdfunding_woman.png
白山市の飲食店を応援しよう!“みらい飯”プロジェクトのご案内

 新型コロナウイルスの影響により、
地域のにぎわいや交流を支えてきた多くの地域飲食店は経営悪化に直面しています。
「地域飲食店応援クラウドファンディングプログラム みらい飯」は、
各地の商工会議所がクラウドファンディング実行者となり、
ページを作成・支援金募集を呼びかけ、集まった支援金を参加飲食店に
配分し送金する仕組みです。

 6月末までに、全国50以上の商工会議所が実施していますが(予定を含む)、
このたび、(一財)都市農山漁村交流活性化機構内に東京事務所を設置している
石川県白山市より、同プロジェクトのご案内ならびに支援要請がありました。
banner675x290.jpg
 本プロジェクトにおいては、白山商工会議所がクラウドファンディング実行者となり、
ページを作成・支援金募集を呼びかけ、集まった支援金を参加店舗に送金します。

 詳しくは、下記ホームページをご参照いただき、
 是非とも皆様の温かいご支援を賜りますようお願い致します。

詳細はこちらをご覧ください。
白山市の飲食店を応援しよう!
https://readyfor.jp/projects/37048

なお、全国の状況は、こちらから確認出来ます。
https://readyfor.jp/pp/miraimeshi
posted by オーライ!ニッポン会議 at 16:22| 日本のふるさと

長崎県南島原へ旅行する際にお得なキャンペーン!(第14回オーライ!ニッポン大賞受賞)

南島原市観光キャンペーン06-12-202001.jpg

長崎県南島原へ旅行する際にお得なキャンペーン!
第14回オーライ!ニッポン大賞受賞

1泊あたり最大5,000円の割引と
市内で使える1,000円分のお食事お土産クーポンが
もらえる大変お得なキャンペーンです。
この機会に、日常を離れ南島原市での宿泊を是非!

南島原市は、長崎県の南部、島原半島の南東部に位置し、
北部は島原市、西部は雲仙市と接しており、
有明海をはさんで熊本県天草地域に面しています。

歴史的には1560年代にキリスト教がこの地に伝来し、
キリシタン文化が繁栄時代と、
豊臣秀吉の伴天連追放令などによりキリシタン弾圧を受けた時代と
キリスト教の光と影を示す歴史遺産が数多く存在します。

「島原・天草一揆」の終焉の地として有名な『原城跡』は、
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の一つとして
世界文化遺産に登録されました。

その他にも、南島原市を含めた島原半島地域は、
世界遺産の地質版と言われている世界ジオパークネットワークに日本第1号で認定され、
大地の鼓動、地球の歴史を感じることができる地域でもあります。

詳しくは南島原市のホームページへ
https://www.city.minamishimabara.lg.jp/page8636.html?type=top

長崎県南島原市は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、
南島原市の観光産業にも大きな影響が及んでいます。
そこで、市民および観光客の皆さまにも南島原市の魅力を再発見していただき、
市内の消費活動を活性化させることを目的に観光産業への支援に取り組みます。

南島原ひまわり観光協会
https://himawari-kankou.jp/

オーライ!ニッポン会議は、都市と農山漁村を人々が活発に「往来」し、
双方の生活文化を楽しむことで、日本が元気になる「all right(健全)」に
なることを応援します。

298
posted by オーライ!ニッポン会議 at 16:08| 日本のふるさと

2020年06月12日

さぬき農園ぐらし いちごアイス大福6個セット

151620905 (1).png
(一財)都市農山漁村交流活性化機構の里の物語オンラインショップより新規出品のご案内

さぬき農園ぐらし いちごアイス大福6個セット
香川県高松市の「さぬき農園ぐらし 大福工房」はイチゴ畑の中にある大福工房。
いちごアイス大福は、摘み立ての香川県オリジナルイチゴ「さぬき姫」のピューレとアイスクリームを最高級羽二重餅粉の求肥で包みました。
一口食べた瞬間に羽二重餅のモチモチの食感と、フレッシュなイチゴピューレがたっぷり入ったアイスクリームのおいしさが口に中に広がるこの夏一推し冷菓です。

https://satomono.com/?pid=151620905

151620905_o1.png
posted by オーライ!ニッポン会議 at 14:06| 日本のふるさと

2020年06月04日

5月31日開催の全国初「オンライン全国移住フェア」は大盛況!!

スライド1.JPG

全国から38道府県・138団体が出展され、173名の方が参加されました。

新型コロナウイルス感染対策のために、対面による全国移住フェアは中止となり、
オンラインで全国の地域の紹介と相談会をミーティングアプリを利用して実施する
初めての試みが、5月31日に開催されました。

全国38道府県・138団体の移住を促進し受け入れに熱心な市町村等が出展し、
移住を希望する、全国のみならず海外からも173名が参加し盛り上がりました。

次回も企画するということなので、移住者を受け入れたい市町村、
田舎暮らしは、地方への移住を考えている人は、
ぜひオンライン参加を楽しみにしてください。
下記のサイトには、相談会の参加者の感想も紹介されていますので、
ご関心がある方はぜひ覗いてください。

http://loconect.com/2020-5-31fair-report/

NHKニュースのページ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200531/k10012452481000.html
posted by オーライ!ニッポン会議 at 11:51| 日本のふるさと

2020年01月29日

心休まるハンドパンの音色でリラックス!群馬県川場村で2月8日に開催される「冬×ふじやまプロジェクト」でパンドパン演奏を楽しめます。

パンドパン.jpg
心休まるハンドパンの音色でリラックス!群馬県川場村で2月8日に開催される「冬×ふじやまプロジェクト2020」でパンドパン演奏を楽しめます。

「冬×ふじ山プロジェクト2020」は、雪の棚田に7,000本の竹灯籠を灯し、身体が冷えたら温泉でお休みし、茅葺屋根が残る民家でふじやまのお母さんの手料理を楽しむ4か所をめぐるスタンプラリーのイベントです。
不思議と心休まるパンドパンの音色は、参考まで、この情報の最後のほうで、視聴できるYoutubeを紹介していますので、休憩時間に視聴ください。

詳しくは、冨士山活性化協議会のFacebookをご覧ください。
https://www.facebook.com/hujiyamasyuuraku/

開催日時:2020年2月8日(土)火入れ開始16:30 荒天中止
開催場所:群馬県川場村冨士山集落
主催:冨士山集落活性化協議会
後援:川場村
協力:世田谷区、叶「田谷区川場ふるさと公社

問い合わせは、冨士山活性化協議会
電話0278−52−2285
hujiyama.kawaba.3780101@gmail.com

たまねぎハウス.jpg
このイベントで【たまねぎハウスでハンドパンライブ!】が行われます。
当日のたまねぎハウスでの楽しみ方のひとつをご紹介します。
今回、地域おこし協力隊の繋がりで、新潟三条市よりハンドパン奏者の久保田リョウヘイさんが演奏しに来てくれます!

ハンドパンとはUFOのほうな不思議な形をした楽器で、指で弾くように叩いたりして音を出すのですが、なんともいえない素敵な音色でこの竹灯籠の雰囲気とバッチリ合うこと間違いなしですきらきら

@17:30〜17:50
A18:20〜18:40
B19:10〜19:30

こちら20分間ずつ計3回、たまねぎハウス内でライブをしていただきます。
見たい、聞いてみたい!という方はお時間を調整しながらお越しください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ハンドパンとはどんな音色なのか、是非Youtubeでお聞きください↓
https://youtu.be/-tp3koiBnzs
https://youtu.be/Mgo-Gt_oh54
https://youtu.be/IhrM3m6QT6A

ハンドパン”奏者“久保田リョウヘイ”
ハンドパンは2001年にスイスで発明された新しい楽器。ガムランを想わせる心地よい音色と打楽器としての魅力を併せ持つ。スティールパンの派生型として誕生し指で弾いて演奏するのが特徴。自身高校生の時に見たハンドパンに衝撃を受け独学で演奏法を習得。渋谷・原宿でのストリート演奏が話題となり、三条を拠点に活動中。
現在21歳。ソロ演奏だけでなく、様々な楽器やDJとのコラボまで演奏のスタイルは幅広い。一度演奏を聴いたら耳から離れない癒しの音色を是非体験して欲しい。
FUJI ROCK FESTIVAL.19出演
スライド1.JPG
posted by オーライ!ニッポン会議 at 15:37| 日本のふるさと

2020年01月28日

【しぞ〜か 満ぷくBOOK ㏌ 東京】東京で静岡を味わう!

14.jpg
「しぞ〜か」とは静岡のことである。

 静岡の由来は、明治2年に、中心地の府中という地名を明治政府から変えるように指示があり、駿府藩は「静」「静城(しずき)」「静岡」の3つの候補のうち静岡を選び、藩名を静岡藩に改称したから駿府、駿府府中のことを静岡と呼ぶようになった。
 静岡は、静岡市にある、170mほどの 賤機山(しずはたやま)から採用したが「賤」の字が賤しいに通じるため、静岡に改めたという。
 
 静岡県は、東京事務所を「ふじのくに大使館」と呼んでおり、
首都圏において「静岡県産の 食材を使用しているお店」や「店主が静岡県出身のお店」の情報を職員が集め、「しぞ〜か満ぷくBOOK in 東京」の初版 を発行している。
 その第2版では、合計84店舗の情報を掲載し、静岡県の食材を広く都市生活者に知ってもらうべく案内している。
 首都圏で頑張っておられる静岡県ゆかりのお店を応援し、お店で、静岡の食材や観光等の話題で盛り上がって欲しい、また静岡ゆかりのお店はまだまだあると思いますので、皆様が知っているお店がありましたら、当事務所まで情報をお寄せくださいといしている。

20200128102128038_0001.jpg
【しぞ〜か 満ぷくBOOK in 東京 〜 Vol.2 〜】の内容は以下のWEBサイトのPDFでご覧になれます。
http://www.pref.shizuoka.jp/kikaku/documents/mannpuku3.pdf

【平成31年3月発行(第2版)】
ふじのくに大使館(静岡県東京事務所)
TEL 03-5212-9035 FAX 03-5212-9038
メール tokyo@pref.shizuoka.lg.jp

・お店に行かれる際は、事前にそれぞれのお店に営業状況等を確認願います。
・ 第2版では、初版で掲載されたお店も掲載してあります。
・ お店を順次追加していく予定です。新の情報は静岡県東京事務所HPで確認願います。
(改訂版)
 http://www.pref.shizuoka.jp/kikaku/ki-700/documents/r1manpuku.pdf

しぞーか 満ぷく 検索
posted by オーライ!ニッポン会議 at 10:16| 日本のふるさと

2020年01月17日

参加者募集【第16回全国ほんもの体験フォーラムin南信州】

2020honmonotaiken01-16-202001.jpg


2020年3月3日付で第16回全国ほんもの体験フォーラムin南信州は、延期の連絡がありました。今後、新型コロナウイルスの感染が終息し開催可能と判断できる状況になった時に改めて時季を設定し同地で開催する予定ということです。


第16回全国ほんもの体験フォーラムin南信州
◆第16回全国ほんもの体験フォーラムin南信州を3月20日(祝・金)〜22日(日)にかけて開催いたします!

「第16回全国ほんもの体験フォーラムin南信州」開催挨拶

このたび、2004年の第1回大会以来、16年振りに南信州の地で「第16回全国ほんもの体験フォーラムin南信州」を開催することになりました。
当地では、地域住民、行政の理解と協力の下、長野県南部16市町村に及ぶ広大且つ標高差2,000m以上の空間の中、人、自然、産業、文化、歴史、伝統芸能、アウトドアスポーツなど、様々な分野に亘って体験型観光が繰り広げられています。
従来の教育旅行団体、一般団体に加え、ここ数年は、インバウンド団体、募集型企画旅行、個人企画等の充実化にも積極的に取り組んでいます。
今回は、原点に立ち返り、「ほんもの体験」が持つ可能性を、南信州の人々と全国の同志の皆様とで共有する機会としたいと考えております。
多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

株式会社 南信州観光公社 代表取締役社長
高橋 充 https://www.mstb.jp/news/info/4794/

2020honmonotaiken01-16-202002.jpg
■日程
◆3月20日(金) 13:00〜17:00
〇体験ツアー(市町村体験プログラム実体験)
◆3月21日(土) 飯田文化会館ホール  開場・受付11:30〜
実践発表 12:30〜13:30
@農泊受入れ農家: 千代地区受入れ農家 柏木ちづ子      (敬称略)
Aアウトドアアクティビティインストラクター ツリークライミング:原孝昭
B伝統工芸・伝統芸能伝承者(インストラクター)木工クラフト:菜や:水上雅彦
C観光ガイド(町並み、自然、桜守、ジオパーク等) 桜守:森田和市
〇基調講演 13:30〜15:00
演題『体験型観光に取組む地域の未来をイタリアの地方都市のスローツーリズムに学ぶ』(仮題)
講師 宗田好史(むねた よしふみ)氏
京都府立大学副学長(都市計画・和食文化・京町屋保全活用)
〇基調提案 15:10〜15:40
メインテーマ『ほんもの体験は地域を変え、日本を変える』
体験教育企画代表 藤澤安良(ふじさわやすよし)氏
〇パネルディスカッション 15:40〜17:30
コーディネーター:体験教育企画代表 藤澤安良
パネリスト:鞄信州観光公社代表取締役:高橋 充
パネリスト:久慈市ふるさと体験学習協会会長:下館満吉
      https://www.kuji-taiken.jp/
パネリスト:雪だるま財団(越後田舎体験推進協議会):小林美佐子
      http://www.echigo-inakataiken.jp/
パネリスト:広島湾ベイエリア海生都市圏研究協議会広島商工会議所:田村直也
      http://www.hiroshima-bayarea.net/
パネリスト:漁師・松浦党の里ほんなもん体験 青島体験振興会会長:山下興範
      https://www.honmono-taiken.jp/
パネリスト:滋賀県日野町商工観光課長近江日野交流ネットワーク:福本修一
      https://www.omi-hino.jp/propose/
パネリスト:沖縄体験観光協会 沖縄体験ニライカナイ 代表:加蘭明宏
      https://www.niraikanai.co.jp/
〇情報交換会 18:30〜20:00シルクプラザ
南信州ならではの地産地消の料理、地酒、シードルをお楽しみください。
◆3月22日(日)
課題別分科会9:30〜12:00
・第1分科会  会場 飯田文化会館ホール1階
テーマ「ほんもの体験」は移住定住を含む地域の持続可能性戦略」
コーディネーター:体験教育企画代表 藤澤安良
パネリスト:JTBパブリッシング取締役 鎌田孝昭 (高森町出身)
パネリスト: 漁師・松浦党の里ほんなもん体験 青島体験振興会会長 山下興範
パネリスト:幡多広域観光協議会(高知四万十)総務部長  東 泰照
      https://hata-kochi.jp/
パネリスト: 八幡浜市役所商工観光課 (一社)八幡浜市ふるさと観光公社 竹下明伸
      https://yawatahama-kankou.com/
パネリスト:感動体験南信州 豊丘村役場産業建設課 杉山 豊(豊丘村地域おこし協力隊)
      https://www.vill.nagano-toyooka.lg.jp/
・第2分科会 会場 下條村コスモホール
テーマ「ガイド・インストラクターの質的な向上と基準」
コーディネーター:環境省東北地方環境事務所宮古自然保護官事務所 国立公園利用企画官 渡辺謙克
パネリスト:沖縄体験観光協会 沖縄体験ニライカナイ代表 加蘭明宏
パネリスト: 標津町エコツーリズム交流推進協議会 観光ガイド協会 井南 進
      https://www.visitshibetsu.com/education_tourism_fishery.html
パネリスト: 南紀州交流公社 事務局長 佐本真志
       http://www.minamikishu.com/
パネリスト:広島湾ベイエリア海生都市圏研究協議会 広島商工会議所 田村直也
パネリスト:感動体験南信州 唐木孝治(写真家・フォトガイド)
・第3分科会 会場 阿智村中央公民館
テーマ「感動し、教育効果を高める学びの旅」とは
コーディネーター:NHK解説委員 西川龍一
パネリスト:日本旅行横浜支店神奈川教育旅行支店 支店長 田口 浩
パネリスト: 久慈市ふるさと体験学習協会会長 下館満吉
パネリスト:雪だるま財団 小林美佐子
      http://www.yukidaruma.or.jp/
パネリスト:牟岐町役場産業課参事南阿波よくばり体験推進協議会事務局長 西沢 猛
      http://www.minamiawa.info/top/top.html
パネリスト:NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター代表理事 辻 英之
      https://www.greenwood.or.jp/
パネリスト:感動体験南信州ふれあい農園おおた 太田いく子
      https://satomono.jp/farm-stay-inn/20205/21196/
・第4分科会 阿南町民会館ホール
テーマ「農林漁家泊の後継者づくり、食育と地産地消の役割」
コーディネーター:秩父地域おもてなし観光公社事務局長 井上正幸
         https://www.chichibu-omotenashi.com/
パネリスト:KNT-CTホールディングスクラブツーリズム且謦役 霜田正明
パネリスト: みなみやま観光株式会社(南会津)営業部長 湯田弘信
      http://www.minamiaizu.co.jp/
パネリスト:近江日野交流ネットワーク 西河佳子
パネリスト:北きりしま田舎物語推進協議会会長 鬼川直也
      https://kitakirishima.com/
パネリスト:感動体験南信州 松川町フルーツガーデン北沢 北沢公彦
      https://fgkita.com/
パネリスト:感動体験南信州 JAみなみ信州リニア綜合対策室所長 遠山邦一
・第5分科会 松川町中央公民館ホール
テーマ「体験の企業研修プログラム化とインバウンド」
コーディネーター:五島市体験交流協議会事務局長
(JHS地方創生事業部次長) 矢野翔太郎 http://www.goto-shimatabi.com/
パネリスト:株式会社ビジネス・サクセスストーリー 代表取締役 川九健一郎
パネリスト: 大和飛鳥ニューツーリズム業務執行理事 下田正寿
      https://yamatoasuka.or.jp/
パネリスト:(一社)そらの郷(徳島)支配人 松浦英人
      https://nishi-awa.jp/soranosato/
パネリスト:(一社)南信州まつかわ観光まちづくりセンター専務理事 片桐雅彦
      https://matsukan.net/about-2/
パネリスト:感動体験南信州 鞄信州観光公社代表取締役 高橋 充
〇体験ツアー13:30〜16:30(市町村体験プログラム実体験)
※パネリストは変更になる可能性もございます。敬称を略させていただいております。
■パンフレットのダウンロード

第16回全国ほんもの体験フォーラムパンフレット
2020honmonotaiken.pdf
第16回全国ほんもの体験フォーラム申込み用紙
https://www.mstb.jp/wp-content/uploads/2020/01/2020honmonotaiken-moushikomi.pdf
※団体及び南信州地域にお住いの方は別途申込フォームがございますのでお問い合わせください。
■お申し込み・お問い合わせ:南信州観光公社 長野県飯田市育良町1-2-1
■TEL:0265-28-1747
■FAX:0265-28-1748
フォームからのお問い合わせはこちらへ
https://www.mstb.jp/contact/
2020honmonotaiken01-16-202003.jpg
2020honmonotaiken01-16-202004.jpg
posted by オーライ!ニッポン会議 at 01:21| 日本のふるさと