CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年02月12日

東京駅地下すぐ近くにマルシェが。

aozoraichiba.jpg
青空市場のマルシェは、都会の真ん中で、だれもが気軽に各地の郷土の食材を、買って食べられる“市場”があったらどんなにたのしいだろう…。という想いから、2004年の東京・銀座からはじまりました。
そして東京・丸の内ビル 紙パルプ会館 靖国神社、千葉・中山競馬場、大阪・大阪天満宮内などで開催を続け10万人を超える来場者がありました。
2007年からは“ごはんミュージアム”の協力をいただき、東京有楽町・東京国際フォーラムにて定期開催。2011年から三菱地所と協力して「丸の内 行幸マルシェ×青空市場」を毎週金曜日に東京駅前・行幸地下通路(行幸地下ギャラリー前)で定期開催しています。
私が訪れたときは、白いコック姿のシェフが念入りに野菜等を手にしてみていました。
聞くところによると丸ビルにあるレストランのオーナーシェフとか。
何か珍しい食材は無いか、生産地から持参された行きの良い野菜を選んでお店に出すのでしょうか。1時間以上見ていました。
次回の開催は、2月15日の金曜日です。

○主催:丸の内行幸マルシェ実行委員会
 実行委員長/永島敏行
○WEBサイト:http://aozora-ichiba.co.jp/marche/marche_top
○開催日時:毎週金曜日に開催
 11:30〜19:30
○場所:東京駅前・行幸地下通路(行幸地下ギャラリー前)
○アクセス:東京駅前、丸ビルと新丸ビルのあいだ行幸地下通路

posted by オーライ!ニッポン会議 at 13:25| 犬も歩けば棒に当たる