• もっと見る

2024年04月15日

令和6年度の「質的統合法(KJ法)基礎講座」は秋に金沢市で開催の予定。

kjhou_board (1).png

令和6年度の「質的統合法(KJ法)基礎講座」は秋に金沢市で開催の予定。

本ブログで紹介してきた「思考法・発想法を鍛えるオンラインワークショップ」及び「質的統合法(KJ法)基礎講座」については、今後も引き続き、人材育成を幅広く推進していく観点から当該研修を展開していく方向にあり、令和6年度においても対面により「質的統合法(KJ法)基礎講座」を開催する計画である。

●令和6年度質的統合法(KJ法)基礎講座(予定)
 開催時期:10月5日(土)、6日(日)
 開催場所:金沢大学角間キャンパス
 主  催:教育関係質的統合法(KJ法)研究会
 講  師:山浦晴男先生(情報工房代表、千葉大学大学院看護学研究科特命教授)他
 その他 :参加対象、参加条件等詳細が定まり次第告知予定

●これまでの研修講座開催状況

 1.「思考法・発想法を鍛えるオンラインワークショップ」実施状況
   ロジカル・ブレスト法による「思考の三角形」と「誘引詞」の使い方を学習する。
   その上で、2日目において、自分自身が設定したテーマに基づき、前日に学んだ
   「思考の三角形」と「誘引詞」を使って、コスモス法による図解を行う内容
  
  第1回 2021年 2月27日(土)〜28日(日)
  第2回 2021年 9月18日(土)〜19日(日)
  第3回 2022年10月15日(土)〜16日(日)
  第4回 2023年 7月29日(土)〜30日(日)

 2.「質的統合法(KJ法)基礎講座」実施状況

  討論テーマを設定しパルス討論法と多段ピックアップ法を交えながら、ラベル作成を行い
  @ 5〜6人のグループ2つに分かれ、テーマを巡って意見交換し、意見をラベルに書く。
  A 意見ラベルを見える化し、その中から重要な意見を30枚精選する。
  B 30枚の意見ラベルをもとに、質的統合法(KJ法)を用いて問題の本質を把握する。
  C 把握した問題の本質を相互発表し、意見交換をする。
  D それを踏まえて、把握した問題の構造の何が最も重要か「重要度評価」を行う。
  E 今後に向けて結果をどう活かすかを意見交換する。
 
  第1回 2022年 2月 5日(土)〜 6日(日)
  第2回 2022年 7月30日(土)〜31日(日)
  第3回 2023年10月 8日(日)〜 9日(月祝)

「思考法・発想法を鍛えるオンラインワークショップ」は「呼吸を吐く」ワーク。対して、「質的統合法(KJ法)基礎講座」は「呼吸を吸う」ワークである。
「質的統合法(KJ法)基礎講座」では、各ラベルに記された内容から浮かび上がってくる事柄や各ラベル間の関係性を通して全体を俯瞰する力やテーマの本質を追求する力を養うことができる。川喜田二郎氏が提唱した「W型問題解決モデル」のプロセスを体感できる研修機会となる。

昨年度の開催結果のブログページに、 
1.【思考法・発想法を鍛えるオンラインワークショップ】と
2.【質的統合法(KJ法)の講座】及び
3.【地域再生寄合ワークショップの手法】の各特徴をまとめてあります。

2023年10月13日
質的統合法(KJ法)の講座が10月8日、9日の両日、金沢大学サテライト・プラザで開催され参加しました。https://blog.canpan.info/ohrai/archive/655

(一財)都市農山漁村交流活性化機構 地域再生寄合ワークショップ事務局
704
posted by オーライ!ニッポン会議 at 13:49| 住民主体のワークショップ