• もっと見る

2022年09月27日

11/17-18 第19回 全国農林水産物直売サミット 開催案内

第19回直売サミット広島 開催案内 09-26-202201.jpg
尾道サミットの参加募集(詳細)が発表されました。
第19回 全国農林水産物直売サミット 開催案内
https://satomono.jp/tour-seminar/30245/
テーマ 直売所の持続的な運営に向けて〜経済活動と地域貢献の両輪で進むために〜「顧客ニーズに応える品揃えとサービス」「お客様の若返りと新たな顧客の確保」「若手出荷者の育成と確保をどう進めるか」「直売所運営組織の世代交代をどう進めるか」4つのテーマで検討します。

日程 2022年11月17日(木)〜18日(金)
費用 参加費(全行程) 19,500円
(内訳:参加費5,000円、交流会費6,000円、現地視察費8,500円)
開催場所
1日目:尾道国際ホテル2階「慶雲の間」
    広島県尾道市新浜1-13-6
2日目:直売所現地視察

対象 農林水産物直売所の実践者・支援者をはじめ
農業・食に関してご興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

2022年11月17日(木) プログラム
13:00 開会 主催者挨拶 (一財)都市農山漁村交流活性化機構
         全国農産物直売ネットワーク
      開催地挨拶 広島県尾道市 農林水産省中国四国農政局
13:30 地域で愛される尾道の直売所(30分×2事例)
      @「ええじゃん尾道」〜農産物も魚も地場産にこだわる人気店〜
       JA尾道市 産直センター長 吉原徹
      A「道の駅クロスロードみつぎ野菜市」〜持続的な直売所運営に向けて〜
       野菜市生産者組織 会長 綾目文雄
       尾道市御調地区・地域おこし協力隊(農業生産・出荷を支援) 大橋和也
14:40 リレートーク「人気直売所リーダーに聞く。4つの課題への対応」(80分)
      ※4つの課題とは、今サミットの分科会@〜Cのテーマです
      @「道の駅みはら神明の里」(三原市) 駅長・時々・シェフ 中田耕治
       〜料理人のセンスが光る店づくり。今春から移動販売にも挑戦〜
      A「道の駅たかの」(庄原市) 道の駅事業部マネージャー 岡村淳
       〜大根・りんご・雪、山間の地域資源を活かした商品づくり〜
      B「やすらぎ市」(高知県香南市)店長 三野由賀
       〜ここにしかない商品づくりで、開業21年で過去最高を売り上げる〜
      C「道の駅ましこ」(栃木県益子町) ましこのマルシェ店長 保園優子
       〜出荷者を励まし、お客様をおもてなす、直売所店長の役割〜
16:15 分科会(80分) 〜直売所を取り巻く4つの課題をテーマとした参加型の分科会〜
      第@分科会「顧客ニーズに応える品揃えとサービス」
        ゲスト: 道の駅ましこ ましこのマルシェ店長 保園優子
        進行役: おおむら夢ファームシュシュ(長崎県大村市)代表 山口成美
      第A分科会「お客様の若返りと新たな顧客の確保」
       ゲスト:「フレッシュ251」(長崎県諫早市) 店長 杉内エリカ
       進行役: (一財)都市農山漁村交流活性化機構 審議役 吉岡靖二
      第B分科会「若手出荷者の育成と確保をどう進めるか」                 
       ゲスト:「道の駅かなん」 (大阪府河南町) 駅長 石原佑也
       進行役: (一財)都市農山漁村交流活性化機構 地域活性化チーム長 上野美帆
      第C分科会「直売所運営組織の世代交代をどう進めるか」                    
       ゲスト: 野菜市生産者組織(尾道市)  会長 綾目文雄
       進行役: 特定非営利活動法人素材広場(福島県会津若松市) 理事長 横田純子

======休 憩・宿泊者チェックイン・移動===============

18:30 夕食交流会(80分)2階「慶安の間」※着席型の夕食交流会

※※当日のプログラム内容に変更が生じた場合は何卒ご了承下さい。
  当日はオンラインでの配信は行いませんが、主な内容(事例紹介など)を収録した動画を
  編集の上、後日配信を予定しています※※

2022年11月18日(金)直売所現地視察
・下記3つのコースより希望コースを選択して下さい(第2希望まで)。
・各コース定員30名(最少催行人員15名)。現地視察には各直売所での昼食も含まれます。
・いずれも出発地は「尾道国際ホテル」発、「尾道駅前バスターミナル」経由となります。
・出発時刻および解散地と解散時刻はコースごとに異なりますのでご注意下さい。
・視察に参加される方は必ず視察バスにご乗車下さい。安全確保のため、車での併走はご遠慮下さい。
・当日の天候や交通渋滞等により、解散時刻の変更が予想されます。お帰り時間は余裕を持ってご予定下さい。

Aコース
8:50 尾道国際ホテル発
9:00 JR尾道駅前バスターミナル発
9:20 @ええじゃん尾道(JA尾道市)
11:10 Aとれたて元気市となりの農家店(JA全農ひろしま)
12:50 B道の駅みはら神明の里(株式会社道の駅みはら)
    ※昼食(漁師と農家の台所 キッチンルマーダ・和定食)
14:20  JR尾道駅解散(在来線)
14:40 JR新尾道駅解散(新幹線)

Bコース
8:00 尾道国際ホテル発
8:10 JR尾道駅バスターミナル発
8:40 @道の駅クロスロードみつぎ野菜市(野菜市生産者組織)
9:50 A道の駅世羅(一般社団法人世羅町観光協会)
11:40 B道の駅たかの(株式会社緑の村)
    ※昼食(カフェレストランそらら・ランチバイキング)
13:30 Cトレッタみよし(株式会社広島三次ワイナリー)
15:10 JR新尾道駅解散(新幹線)
15:30 JR尾道駅解散(在来線)

Cコース
8:20 尾道国際ホテル発
8:30 JR尾道駅前バスターミナル発
8:50 @ええじゃん尾道(JA尾道市)
10:20 A道の駅クロスロードみつぎ野菜市(野菜市生産者組織)
11:30 B道の駅びんご府中(株式会社天満屋ストア)
    ※昼食(カフェレストラン一歩・ランチ定食)
13:30 CFUKUYAMAふくふく市(JA福山市)
14:40 JR福山駅解散(新幹線・在来線)

お問い合わせ先
(株)農協観光 山陽支店
電話 082−243-6289(平日 9:00〜16:00)FAX 082-241-0306 Mail ntour.hiroshima@ntour.co.jp

(一財)都市農山漁村交流活性化機構(まちむら交流きこう)
担当:森岡・吉岡・上野
電話 03-4335-1984(平日 9:30〜17:30)FAX 03-5256-5211 Mail chokubai@kouryu.or.jp


●参考「過去の開催地」

2019年度 第18回 山形県「地域の食・農・文化を未来につなぐ直売所
    https://www.kouryu.or.jp/service/pdf/18thchokubai_summit_report.pdf
2018年度 第17回 和歌山県「地域を支え、地域経済も動かす直売所」
    https://www.kouryu.or.jp/service/pdf/23chokubaidayori.pdf
2017年度 第16回 愛媛県「産直王国・愛媛で考える、直売所の持続的な経営」
    https://www.kouryu.or.jp/service/pdf/16thchokubai_summit.pdf
2016年度 第15回 滋賀県「近江商人の「三方よし」に学ぶ、地域とともに歩む直売所」
    https://www.kouryu.or.jp/service/pdf/15thchokubai_summit.pdf
2015年度 第14回 秋田県「新たなニーズに応え、地域の未来をつくる直売所」
    https://www.kouryu.or.jp/service/pdf/a1465976513023.pdf
2014年度 第13回 長崎県「直売所だからできる地域資源を活かしたオンリーワン価値創出」
   https://www.kouryu.or.jp/service/pdf/13thchokubai_summit.pdf
2013年度 第12回 新潟県「日本の多彩な農林水産業と食文化は、直売所が守り育てる」
    https://www.kouryu.or.jp/service/pdf/chokubai18th.pdf

2012年度 第11回全国農産物直売サミット 山口県萩市
2011年度 第10回全国農産物直売サミット 福島県郡山市
2010年度 第9回全国農産物直売サミット  長野県安曇野市
2009年度 第8回全国農産物直売サミット  福井市
2008年度 第7回全国農産物直売サミット  福岡市
2007年度 第6回全国農産物直売サミット  大阪府泉佐野市
2007年度 第5回全国農産物直売サミット  青森市
2006年度 第4回全国農産物直売サミット  高知市
2006年度 第3回全国農産物直売サミット  群馬県前橋市
2005年度 第2回全国農産物直売サミット  熊本市
2005年度 第1回全国農産物直売サミット  千葉県八千代市



544


posted by オーライ!ニッポン会議 at 00:11| 犬も歩けば棒に当たる