CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年10月30日

オーライ!ニッポン大賞受賞者「未来の教室」に取り組んでいます。

スライド1.JPG

この7月に発表された経済産業省「未来の教室」実証事業の採択事業者として、第14回(平成28年度)オーライ!ニッポン大賞審査委員会長賞(東京都)受賞したリディラバは、第7回オーライ!ニッポン大賞グランプリを受賞した大地の芸術祭(新潟県十日町市)と連携して、「大地の芸術祭@越後妻有を題材にした人材育成プログラム」開発を行います。
https://www.bcg.com/ja-jp/d/press/17july2018-Future-Academy-197281

リディラバ
https://ridilover.jp/
大地の芸術祭
http://www.echigo-tsumari.jp/
スライド2.JPG

「未来の教室」は、2030年代のAIの社会浸透を含めた第4次産業革命時における教育のあり方の研究を行い、第一次提言をまとめ、その結果として実証事業をスタートしています。
 提言作成に当たり、 教育関係者と中高生・大学生のワークショップを行い得られた声(思いや、アイデア)には、農業高校の施設・圃場は地域にとって、食やバイオの開かれた学びの場所になりうる。教科や教養に結び付けるつまりSTEAM化できる。学びの要素として、土壌も種も遺伝子も地理も気候も経営もサプライチェーンもあり、今後は道具としてのAIもデータもドローンもロボットも衛星も出てくる。農業高校の施設や圃場を開放すると、普通科高校や、小中学校、さらにリカレントでも使えるSTEAM教育プログラムになるのかもしれない。と提言に盛り込まれていました。
スライド3.JPG

経済産業省  「未来の教室」とEdTech研究会について
http://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/mirai_kyoshitsu/pdf/001_01_00.pdf

「未来の教室」とEdTech(エドテック)研究会の「第1次提言」
http://www.meti.go.jp/press/2018/06/20180625003/20180625003.html

スライド4.JPG

posted by オーライ!ニッポン会議 at 11:55| オーライ!ニッポン