CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年02月09日

新潟県村上市の地域おこし協力隊の募集(2021年2月19日まで)


新潟県村上市の地域おこし協力隊の募集(2021年2月19日まで)

全国の農山漁村地域等の新たな担い手のとして注目されている「地域おこし協力隊」
新潟県村上市が3つの地区で活動する隊員を募集中です。

村上市は、新潟県の北端に位置し、北から東にかけては山形県に接しています。
70キロメートル圏内には新発田市、新潟市および山形県鶴岡市があります。
面積は約1,174.26平方キロメートルで、新潟県の総面積のおよそ
9.3%を占めており、海岸線は、約50キロメートルにも及び、
北限の茶どころとして、また三面川の鮭や牛肉(村上牛)が名物です。
瀬波温泉や粟島航路など観光都市でもあります。


1.<村上市高根集落>高根生産森林組合の後継者求む!
https://www.city.murakami.lg.jp/site/kyodo/kyouryokutai-bosyu-takanef.html

20210208154259907_0005.jpg
20210208154259907_0006.jpg

2.笹川流れエリアで「食」を活かしたビジネスモデルの構築を目指せ!
https://www.city.murakami.lg.jp/site/kyodo/kyouryokutai-bosyu-sasagawanagare.html

20210208154259907_0001.jpg
20210208154259907_0002.jpg

3.<村上市越沢集落>イノシシ被害から農地を守れ!イノシシ対策の助っ人、わな狩猟職人募集!!
https://www.city.murakami.lg.jp/site/kyodo/kyouryokutai-bosyu-koesawainoshishi.html

20210208154259907_0003.jpg
20210208154259907_0004.jpg


地域おこし協力隊とは、総務省は推進している事業
都市地域から過疎地域等の条件不利地域に移住して、
地域ブランドや地盤産品の開発・販売・PR等の地域おこし支援や、
農林水産業への従事、住民支援などの「地域協力活動」を行いながら、
その地域への定住・定着を図る取組です。

隊員は各自治体の委嘱を受け、任期は概ね1年以上、3年未満です。
令和元年度で約5500名の隊員が全国で活動していますが、
この隊員数を令和6年度に8,000人に増やすという目標を掲げており、
この目標に向け、地域おこし協力隊等の強化を行うこととしています。

具体的な活動内容や条件、待遇は、募集自治体により様々ですが、
総務省では、地域おこし協力隊員の活動に要する経費として、
隊員1人あたり440万円を上限として、財政措置を行っています。

任期中は、自治体・サポートデスク等による日々の相談、
隊員向けの各種研修等様々なサポートを受けることができます。
任期後は、起業希望者向けの補助制度もあります。

詳しくは、下記をご覧ください。
総務省のページ
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/02gyosei08_03000066.html

■地域おこし協力隊概要(総務省)
https://www.soumu.go.jp/main_content/000717586.pdf


【平成31年3月31日までに任期終了した地域おこし協力隊員の定住状況について調査(総務省)】
873団体における平成31年3月31日までに任期を終了した隊員の累計は4,848人(※)
(※)本調査対象は、概ね1年以上活動し、特別交付税の算定対象となった隊員

・都道府県は139人(12道府県)
・市町村は4,709人(861市町村)
・約4割の隊員が女性
・約7割の隊員が20代・30代
・任期終了後、約6割の隊員が同じ地域に定住
・同じ地域に定住3,045人(62.8%)
・同一市町村内に定住した者(2,464人)の3人に1人以上は起業。
・起業の内訳
 ○飲食サービス業(古民家カフェ、農家レストラン 等)151名
 ○美術家(工芸含む)、デザイナー、写真家、映像撮影者 110名
 ○宿泊業(ゲストハウス、農家民宿 等)104名
 ○6次産業(猪や鹿の食肉加工・販売 等)79名
 ○小売業(パン屋、ピザの移動販売、農作物の通信販売 等)73名
 ○観光業(ツアー案内、日本文化体験 等)51名
 ○まちづくり支援業(集落支援、地域ブランドづくりの支援 等)42名ほか
・事業継承
11名(酒造の承継、民宿の承継 等)
・就業
 ○行政関係(自治体職員、議員、集落支援員等)302名
 ○観光業(旅行業・宿泊業等)120名
 ○農林漁業(農業法人、森林組合等)86名
 ○地域づくり・まちづくり支援業74名
 ○医療・福祉業 53名
 ○小売業 46名
・就農就林
 ○農業262名
 ○林業31名
 ○畜産業12名
 ○漁業・水産業4名


371
posted by オーライ!ニッポン会議 at 05:05| 日本のふるさと