CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年12月23日

低密度な農山漁村の持続性確保を実現する次世代型コミュニティビジネスの展開

DSC_4153.JPG



低密度な農山漁村の持続性確保を実現する次世代型コミュニティビジネスの展開


令和3年度の政府予算について、概算予算が決定しました。
農林水産省は12月21日(月)にWEBサイトから公表しています。

令和3年度農林水産予算概算決定の概要
https://www.maff.go.jp/j/budget/r3kettei.html


低密度な農山漁村の持続性確保を実現する次世代型コミュニティビジネスの展開  index-7312-23-202001.jpg


そのうち、64.農山漁村振興交付金のなかに、
【低密度な農山漁村の持続性確保を実現する次世代型コミュニティビジネスの展開】
というのがありました。
低密度な農山漁村の持続性確保を実現する次世代型コミュニティビジネスの展開
64.農山漁村振興交付金(PDF:2.69MB)
 https://www.maff.go.jp/j/budget/pdf/r3kettei_pr64.pdf

(一財)都市農山漁村交流活性化機構が推進している
農山漁村コミュニティビジネスとそれを展開するための
農山漁村地域のコミュニティ(集落)が計画づくりを
行うためのワークショップ
(当方では、地域再生寄り合いワークショップと呼んでいます)
などが一体となって実施できる事業となっています。
 
令和3年度予算案は、国会審議を経て成立後事業化されるとでしょう。
当方としても今後、公募情報なども注意深くチェックしていきます。


〇 低密度な農山漁村の持続性確保を実現する
  次世代型コミュニティビジネスの展開とは、

  低密度な農山漁村における生業・暮らしを収益性のある事業により
  持続的に支えていくため、農林漁業の振興とともに、
  それを支える買い物・子育て・文化・集い等による地域のコミュニティ
  の維持に資するサービスの提供や地域内外の若者等の
  呼び込みを行う事業体(農山漁村地域づくり事業体)の
  形成等を支援します。

〇 事業目標は、

  地域課題の抽出や、課題解決のための
  活動計画の策定・実証を行う地域の創出
  令和6年度までの事業で全国100地域

〇 (一財)都市農山漁村交流活性化機構が実施している
  地域再生寄り合いワークショップとは、
  住民自らが主役となり、課題の共有から解決策の提案、
  そして実行計画の作成まで行うのを支援しています。
  https://blog.canpan.info/ohrai/archive/10

360
posted by オーライ!ニッポン会議 at 15:10| コミュニティビジネス