CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年11月25日

米から作った米粉に大きな市場価値が

スライド1.JPG

米から作った米粉に大きな市場価値が

米の粉から作られた米粉が欧州で人気になっているという。
小麦粉等に含まれているグルテン(タンパク質)が健康に良くないとされることから、グルテンを採らないような食事、つまりグルテンフリーの食べ物として、米粉から作ったパンやパスタが求められているというのです。

駐日欧州連合代表部の公式WEBマガジンには、『スペインで人気を集め、欧州での普及も視野に入れた日本発の“Komeko”の画期的な事例を紹介』されています。
2019年2月には、日・EU経済連携協定(EPA)には、うどんやラーメン用の米粉麺などの加工品に課される関税が撤廃されていますので、輸出にも大きな期待が持たれています。

なによりも日本産の米粉から作った食品は美味しいと評判です。
これまで、欧州のグルテンフリーのパンは、コーンやジャガイモの粉などをブレンドして作られていましたが、日本産の米粉の美味しさ、品質の高さに注目があつまっています。
国内でも健康に気を遣う消費者がどんどん増加しています。

アメリカでは、グルテンアレルギー(セリアック病)、グルテン過敏症を持つ人や健康維持に敏感な消費者層に向けてのグルテンフリー食品の市場規模が、2024年には約100億USドルに達する見込みもあります。日本国内ではまだこれからですが、米粉食品の市場は有望であると言えそうです。

農林水産省の調査では、
・『米国・欧州ともに半数以上の事業者が日本ブランドを高く評価。
  特に、日本食レストランの普及の進んだ米国において、日本ブランドの評価が高い』
・『消費者ニーズ、事業者ニーズともに高い米粉加工品はライスクラッカー、ラーメン、
  ケーキ、 ビスケット。ライスクラッカー、ラーメンは特に日本産品へのニーズが高い』
・『米国ではAmazon、イギリスではOcadoが有望なEC事業者。
  事業者の日本産米粉 の取扱意向及び消費者の購入意向がともに高い』
・『約7割もの以上の事業者が日本ブランドを高く評価。
  高級・高品質な製品として広く認識されている』
・『欧米の「病院・学校におけるGF製品の取扱い」』状況などの分析解説がされています。


駐日欧州連合代表部の公式WEBマガジン
https://eumag.jp/spotlight/e1219/


米粉の輸出拡大に向けた 欧米グルテンフリー市場調査
平成30年度海外需要創出等支援対策委託事業(品目別等輸出促進対策事業)
農林水産省(委託先:アクセンチュア株式会社)
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/export/attach/pdf/30hokoku-23.pdf
353


posted by オーライ!ニッポン会議 at 15:32| 犬も歩けば棒に当たる