• もっと見る

2018年11月29日

第15回オーライ!ニッポン大賞グランプリ(内閣総理大臣賞)を受賞した「信州せいしゅん村」


DSC_0520.JPG20180905112237632_0001.jpg
第15回オーライ!ニッポン大賞グランプリ(内閣総理大臣賞)を受賞した「信州せいしゅん村」(長野県上田市)の小林一郎さんが信州せいしゅんむらを立ち上げた経緯から取り組みの内容を「外から来てもらえることで成り立つサービス提供型のわが農村へ」と題して「AFCフォーラム」2018年9月号「連載 地域再生への助走」のコーナーに執筆(P31)しています。内容は下記のサイトからご覧になれます。
https://www.jfc.go.jp/n/findings/afc-month/201809.html

小林さんは、2018年7月3日(火)開催の平成30年度第2回農山漁村コミュニティ・ビジネスセミナー【農業で食えなかった村が生き残る手立てとしてとったのは『ほっとステイ事業』】で登壇いただきました。ブレない地域づくりが印象的でした。
「AFCフォーラム」は、日本政策投資銀行が農林水産行政や農林水産政策金融の解説や議論の場を提供する機関紙として毎月発行しています。

第15回【オーライ!ニッポン大賞グランプリ】内閣総理大臣賞

株式会社 信州(しんしゅう)せいしゅん村 (長野県 上田市(うえだし))
 農山漁村イキイキ実践部門

1998年地域住民7人が農村活性化を目的に集まり、2002年に農村のありのままの暮らしを体験する(農作業・自然散策・家庭生活を一緒に行う)『ほっとステイ事業』を民間事業として開始し継続しています。2006年からは海外からの農村体験ホームステイ受入を開始。特に台湾からの訪日学生の半数近くの2,000人弱をHSで受入。その他、世界20か国から大人や子供・家族を受け入れています。また立科町・茅野市を始め県下7地区で展開している長野県ほっとステイ協会を設立し広域地域振興として取り組み、全域の年間受入者数は約2万人。拠点施設「農家レストラン里の食」や「Gファーム」を営業しつつ、信州大学、県立病院と農村の癒し効果についての実証にも取り組むなど、農村地域を守るために都市生活者や企業とも事業を展開しています。
https://www.kouryu.or.jp/wp-content/uploads/2018/11/dai15kai.pdf


29

posted by オーライ!ニッポン会議 at 15:56 | TrackBack(0) | オーライ!ニッポン
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック