CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年03月11日

10.【オーライ!ニッポン大賞 審査委員会長賞】和歌山県田辺市   「株式会社 日向屋」 学生・若者カツヤク部門

F (株)日向屋代表取締役 岡本和宜.JPG

【オーライ!ニッポン大賞 審査委員会長賞】

10.和歌山県田辺市
   「株式会社 日向屋」
   学生・若者カツヤク部門

全国で苦労している鳥獣被害対策と特産品化の取り組みをUターンした若者が中心となって取り組んでいる。
ジビエ肉を活用する飲食店が増加し、都市農村交流活動や日向屋ブランドの販売を通じ、日向地区を広くPRすることで地区のファンも増えている。
耕作放棄地の増加に歯止めがかかるとともに地域の雇用創出、次世代への農業の魅力の継承、障がい者雇用に対する理解に繋がっている。
設立当初は地元住民のみの活動であったが、地域外の方も加わり、「地元の土を動かすのは地元の人間、風を吹かすのは地域外の人間」という、良い構図ができている。
次の世代が憧れる農産業の形として、カッコよく、価値を生み出し、革新的な農業を目指す【農業における新3K】を@農家による獣害対策 A農家による新しいビジネスへの挑戦 B農家による地域活動)目標としている。

株式会社 日向屋  https://team-hinata.com/
posted by オーライ!ニッポン会議 at 07:47| オーライ!ニッポン